おぐらやまじょう

小倉山城

広島県山県郡

別名 : 小倉城、小蔵山城、紅葉山城

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

小城小次郎

小倉山城

安芸吉川氏の本拠として凡そ150年の歴史を刻む北広島町新庄エリアは、小倉山城を軸とする中世的景観を色濃く残す貴重な場所。お城自体、この地域のモデルケースと呼んでもよいだろう。見学もしやすい貴重な城だ。

+ 続きを読む

まっつん

山城が初めての方にオススメ! (2019/01/13 訪問)

安芸吉川氏は、南北朝時代後期に同じ大朝荘の駿河丸城から小倉山城を築いて本拠地を移し、その後、吉川興経が1546(天文15)年に日野山城を築城するまで安芸吉川氏の本拠地でした(その後、毛利元就の次男・吉川元春が家督を継ぎ、日野山城を改修して本格的に小倉山城に代わる本拠地として整備したようです)。
城跡は国指定の史跡で、本当に綺麗に丁寧に整備されていて、広い駐車場はあるし、案内板は各所に設置されているし、本丸や二の丸、三の丸、御座所などの曲輪も堀切も土塁も掘立柱建物の跡もわかりやすくしてあって非常に見やすいです!
さらに、僕はじっくり見て回ったので1時間程度滞在していましたが、ササッと見て回るなら30分程度時間があればいけるんじゃないかというぐらいのお手軽な感じで、しかも比高80m程度の丘陵に築かれた城郭なのでほとんど疲れません。
山城に初めて行ってみようという人にオススメしたいと思いましたし、僕がおじいちゃんになって足腰が弱ってきても、ここなら山城を楽しめるなと思いました!笑

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

国史跡 (2009/11/22 訪問)

2008年1月の全国一斉お城の日に既に攻城済みで今回が2度目。今回は11月だというのに初氷が張って初霜が下りているという厳しい冷え込みで前回同様の厳しい寒さの中での攻城となった。土塁や曲輪が綺麗に整備されており、季節を問わず楽しめる城ではある。毛利元就の正室の城としてもPRしている。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 連郭式山城
築城主 吉川経見
築城年 南北朝時代後期
主な城主 吉川氏
廃城年 天文19年(1550)
遺構 曲輪、礎石、横堀(空堀)
指定文化財 国史跡(吉川氏城館跡)
再建造物 石碑、説明板
住所 広島県山県郡北広島町新庄字小倉山
問い合わせ先 北広島町教育委員会生涯学習課
問い合わせ先電話番号 050-5812-1864