たいこうがなるじん

太閤ヶ平陣

鳥取県鳥取市


旧国名 : 因幡

投稿する
主郭 北側
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

キンヤ

鳥取城攻めのテクニカルな秀吉本陣 (2019/05/02 訪問)

山麓の鳥取市歴史博物館から3.5㎞位の長い道のりで、熊出没注意の所でありますので熊ベルを鳴らしながら登りましたが、何人ものハイキングの方達とすれ違い安心して行けました。

太閤ヶ平は、とても広い主郭に、全ての方角に横矢の掛かる土塁・櫓台・堀がよく残っており、テクニカルな縄張りでした。
また、鳥取城の久松山を丸々望め、攻めるのに適した場所であったことがよく分かりました。

さすが信長が入ることを前提に造られたとも言われるくらいだけあって凄い陣城でした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴーかる

太閤ヶ平陣 (2019/11/02 訪問)

【太閤ヶ平】
<駐車場他>鳥取市歴史博物館横の無料駐車場あり。
<交通手段>車

<見所>郭・空堀・土塁
<感想>日帰り鳥取御城印取得の旅3城目。仁風閣で鳥取御城印を購入時に知らなかった太閤ヶ平の御城印も販売していて、即購入し、時間があれば4城目にしていたのを変更して登城した。事前調査の上記駐車場に停めていざ!鳥取東照宮から帝釈山上まで3.7㌖ありますが山上までアスファルト舗装してあるのでスニーカーOKです。沢山の方が往復7.4㌖のジョギング・ウォーキングしていますが熊が出没したので一応熊鈴は用意したほうがいいです。舗装路とは別のルートは各武将の陣跡がありますが、こちらのルートはかなり登山っぽかったので、時間の関係で諦めました。登ること約1時間で到着しました。

 本陣跡は土塁・堀で囲み、久松山(鳥取城)の見える西方向に2つ櫓跡がある。南側に大手虎口、東側に搦め手虎口の2箇所ある。南側に馬場・大手虎口脇に大きい曲輪がある。西側斜面にもかつてはいくつもの曲輪があった感じのなだらか削平地となっている。久松山は西日でうまく撮れなかった。
 下山したら16:30、うす暗くなっていたのでこの日は実質2城攻めで終了。充実した山城2城攻めで足にきました。1日走行距離462㎞無事走破。

<満足度>◆◆◆

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

小城小次郎

太閤ヶ平

標高は鳥取城(久松山)より低いのに、鳥取城から見ると太閤ヶ平に見下ろされているように見えて、太閤ヶ平から見ると鳥取城を見下ろしているように見えるのは何故なのだろう。

+ 続きを読む

前ちゃん

鳥取城~太閤ケ平 縦走 (2018/11/20 訪問)

縦走中は雨がやんでて、よかった

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 豊臣(羽柴)秀吉
築城年 天正9年(1581)
主な城主 豊臣(羽柴)氏
遺構 曲輪、土塁、竪堀、横堀(空堀)
指定文化財 国史跡(鳥取城跡附太閤ヶ平)
住所 鳥取県鳥取市帝釈山
問い合わせ先 鳥取県教育委員会事務局文化財課
問い合わせ先電話番号 0857-26-7525