すさいちゃうすやまじょう

周匝茶臼山城

岡山県赤磐市

別名 : 茶臼山城、周匝城、(大仙山城)
旧国名 : 備前

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

織田晃司

一粒で二度おいしい (2021/11/23 訪問)

模擬天守が目立つ茶臼山城ですがしっかり遺構も残ってます。

しかも茶臼山城と同じ山の尾根にある大仙山城にも歩いて行けるので、両方見る事をおすすめします。

+ 続きを読む

小城小次郎

難読地名はさすがに由緒正しき地名のようだ (2021/05/02 訪問)

周匝を「すさい」とすらすら読める人は地元の方か難読地名に強い方だろう。スサノオ伝説≒砂鉄(スサ)生産地に由来する由緒正しき地名なのだそうだ。模擬建築に惑わされることなかれ。いい遺構が残っている。

+ 続きを読む

昌官忠

西日本遠征 (2019/11/07 訪問)

城山公園駐車場(34.923680、134.092090)に駐車して攻城。
朝早かったので開いていませんでした。(開館時間は10:00~17:00のようです) 何枚か門外から写真をとりましたが、もやがかかって幻想的な写真になりました。模擬天守もいいですが、空堀もなかなかいいです。攻城時間は25分位でした。

+ 続きを読む

同じ山塊にある大仙山城も良い (2019/10/16 訪問)

模擬天守がある周匝茶臼山城と緩斜面の鞍部を介して大仙山城がある。周匝茶臼山城の模擬天守下まで細い車道があり、その途中に大仙山城に入って行く道(車は行けない)の表示がある。道及び大仙山城内は、白杭とロープで丁寧に案内されている。大仙山に行く尾根は緩斜面であるため、たくさんの堀切が設けられている。
周匝茶臼山城の郭跡や竪堀の残りは良好だが、大仙山城の方が規模が大きく残りも良い。要所に立てられた手書きの説明板の内容が微妙で楽しい。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
天守構造 独立式層塔型[2層3階/1988年築/RC造模擬]
築城主 笹部勘次郎
築城年 天文年間(1532〜1555)
主な城主 笹部氏、毛利氏
廃城年 天正7年(1579)
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)、竪堀、井戸
指定文化財 市史跡(周匝茶臼山城跡)
再建造物 模擬天守、石碑、説明板
住所 岡山県赤磐市周匝15-6(吉井城山公園)
問い合わせ先 赤磐市教育委員会社会教育課
問い合わせ先電話番号 086-955-0710