きたそねじょう

北曽根城

岡山県和気郡

別名 : 曽根城、和気北曽根城、古城、名黒山城
旧国名 : 備前

投稿する
本丸の石垣
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

吉井川と金剛川の侵食による急斜面 (2019/05/19 訪問)

備前の海岸寄りは流紋岩地帯。北曽根城は、流紋岩の山体を南側の金剛川と西側の吉井川が侵食。山頂に磐座が露頭。本丸石垣も岩の露頭を利用して石垣とを一体化(写真1)。
備前と播磨西端は、赤松氏→浦上氏→宇喜多氏と下克上があった。挟まれた浦上氏は、影が薄い。浦上氏所縁の北曽根城、天神山城、三石城、富田松山城などを巡った。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 不明
築城年 不明
主な城主 明石氏
遺構 曲輪、石垣、横堀(空堀)
指定文化財 町史跡(和気北曽根城跡)
住所 岡山県和気郡和気町曽根