しぎさんじょう

信貴山城

奈良県生駒郡

別名 : 信貴城、磯城
旧国名 : 大和

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

にのまる

【城と生き物】

弾正、ご無事で!

+ 続きを読む

イオ

寅年の信貴山詣 ~支尾根の曲輪群~ (2022/01/15 訪問)

(続き)

立入屋敷を抜けて西に進むと北側に堀切があり、その先に松永屋敷の西側を平行して北にのびる尾根(仮に北西尾根とします)の曲輪群が続いています。堀切は切通道になっていて、松永屋敷から直接来ることもできるようです(たぶん)。堀切を越えて北に少し行くと二条目の堀切があり、その先の曲輪の北下に三条目の堀切があります。堀切の東端は竪堀になって続いていますが、下の方は藪で見通せませんでした。堀切の北側は自然地形の緩斜面になっていて、その先に北西尾根で最大の曲輪が南北に広がり、西辺から北辺にかけてを低い土塁で囲んでいます。北辺の土塁の下は高さのある切岸になっていて、下りて行った先の北端の曲輪でビニールテープを目印に東下に向かうと斜面に石垣が遺っていました。

西尾根には多くの段曲輪が設けられていて、高安山からの登城道の虎口や土塁があるようですが、あまり整備されておらずよくわかりませんでした。

立入屋敷に戻って今度は北東尾根に向かいます。説明板の縄張図に「水の手」とある谷の向こうの尾根沿いに階段状に小曲輪が設けられており、何段か下りてみましたが、こちらは全くの未整備で特に目ぼしいものは見付けられませんでした。さらに帯曲輪を南に進んで東尾根へ。こちらも段曲輪が三段ほどあるだけだったので、戻ろうと切岸をよじ登っていると石積み(らしきもの)を発見。遺構かどうかはわかりませんが、灌木と藪をかき分け、切岸を登り降りまでして見つけたので遺構と思いたいところです。

…ということで、見落としはあるものの何とか全ての支尾根を探索できましたが、登城開始から3時間あまりが経過し、次第に日が傾いてきていたので少々焦りました。ただ、信貴山城を満喫した分、朝護孫子寺をじっくり見て回る時間がなくなったため、お参りはまた今度にしてそのまま帰途につく羽目に。…って、寅年だから朝護孫子寺にお参りに来たんとちゃうんかーい!(笑)
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

イオ

寅年の信貴山詣 ~松永屋敷~ (2022/01/15 訪問)

(続き)

林道を北に下って行くと高安山方面への分岐があり、西に入ると信貴在城衆の立入勘介の屋敷跡とされる立入屋敷があります。立入屋敷は雄嶽の北に扇状に広がる支尾根の要の位置にあり、主郭と支尾根の曲輪群を結ぶ重要な曲輪だったようです。立入屋敷の見どころは北下の松永屋敷との間の切岸で、とんでもない高さと角度で聳え立っています。

松永屋敷は南北に階段状に削平された広大な曲輪群で、西辺に断続的に土塁が続き、最下段の曲輪の東部に両側に土塁を備えた虎口が開口しています。また北に一段上の曲輪との間には坂虎口が設けられていて、厳重な防御ぶりから松永久秀の屋敷跡とされるのも納得です。上段の曲輪の北下には腰曲輪があり、腰曲輪から東斜面に回り込むと、段々に設けられた小曲輪群の下に堀代わり(水の手?)の池が水をたたえていました。
松永屋敷にはあちこちに説明板が建てられ、木製武者(時節柄マスク姿)もあり、高低差のある曲輪間の移動用に仮設階段が設置されるなどよく整備されていて、これまで屋敷跡を面白いと思ったことはあまりなかったんですが、尾根を切り拓いてこれほどの規模の曲輪群と急峻な切岸を造成するには、一体どれほどの土木量が必要だったんだろうと考えると圧倒される思いでした。往時の松永久秀の絶大な権勢を感じます。

松永屋敷の東側の曲輪群は木沢期からの屋敷跡と考えられますが、中央を通る林道により改変されていて、土塁らしきものはあるものの、よくわかりません。また、説明板の縄張図によれば曲輪群の北端には切り通しがあるようですが、見付けられませんでした。

さて、松永屋敷に続いては時間の許す限り支尾根の曲輪群をめぐります(続く)。
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

イオ

寅年の信貴山詣 ~雌岳と雄嶽~ (2022/01/15 訪問)

南北朝期に楠木正成が築いたとも言われますが、史料上は室町期に畠山氏の内紛や細川氏との抗争の中、畠山氏が籠城した記録があります。戦国中期には木沢長政が恒久的な城として築き権勢をふるいましたが、太平寺の戦いでの敗死に伴って落城。その後、松永久秀が現在見られる姿に改修して多聞山城と並ぶ拠点とし、筒井氏や三好三人衆との攻防戦が繰り広げられましたが、織田信長に反旗を翻したことにより織田信忠に攻められ、久秀は天主に火を放って自刃。そのまま廃城となりました。

生駒山地南端の信貴山に位置し、雄嶽山頂を中心に南の雌岳と北半分に扇状に広がる支尾根に多数の曲輪群を配した巨大山城で、南に大和川を望み、大和国と河内国を結ぶ交通の要衝です。なお、南麓には聖徳太子創建と伝わる朝護孫子寺がありますが、往時は朝護孫子寺も城内に含まれていたようです。

寅年にちなんで、張り子の大寅で知られる朝護孫子寺にお参りがてら信貴山城に登城しようと計画していましたが、新年早々は混雑しそうなので避けて、さすがに15日なら大丈夫だろうと思っていたんですが……甘すぎました。朝護孫子寺の手前から駐車場の空き待ちの車の列が続き、何とか30分ほどで駐めることができましたが、駐車場の人の話ではこれでも三連休だった前週末よりは随分ましなんだとか。寅年の朝護孫子寺恐るべし…。

気を取り直して開運橋から信貴山城を仰いで登城開始。予定より遅れてしまったので、朝護孫子寺は下山後にお参りすることにして、大寅を横目に境内を抜けて山頂を目指します。山頂までは空鉢護法堂への参道になっていて、急坂ではあるものの舗装されて歩きやすい道が続いています。10分ほど登ると雄嶽と雌岳の鞍部に信貴山城の説明板が建てられており、まずは雌岳へ。雌岳の頂部は細長い曲輪が南にのび、南端部には虎口が設けられています。雌岳の切岸は急峻で石積みも見られるようですが、見落としてしまいました…。

鞍部に戻って今度は雄嶽へ。雄嶽の山頂が信貴山城の主郭で、松永期には天主があったとされますが、現在は信貴山縁起絵巻(飛倉の巻)に由来する空鉢護法堂が建てられており、痕跡は見られません。主郭東下の曲輪には城址石碑と説明板があり、もう一段下の曲輪からは奈良盆地の視界が開けています。主郭の周囲は数段の腰曲輪や帯曲輪が取り巻いており、切り立った切岸が見られます。山頂から北に続く林道を下って行くと、信貴山城最大の見どころの松永屋敷です(続く)。
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
天守構造 天守櫓[4重/1559年頃築/焼失(落城)]
築城主 木沢長政
築城年 天文5年(1536)
主な改修者 松永久秀
主な城主 木沢氏、松永氏
廃城年 天正5年(1577)
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)、門跡
指定文化財 町史跡(信貴山城跡)
再建造物 石碑
住所 奈良県生駒郡平群町信貴山2280-1
問い合わせ先 平群町役場総合政策課
問い合わせ先電話番号 0745-45-1001