つついじょう

筒井城

奈良県大和郡山市

別名 : 筒井順慶城
旧国名 : 大和

投稿する
筒井城跡概要図
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

おっちゃん

筒井城跡概要図、つつい歩いてマップ (2016/12/28 訪問)

現地案内板より抜粋

+ 続きを読む

ぴーかる

筒井城 (2022/05/08 訪問)

【筒井城】
<駐車場他>駐車場はなし。筒井駅前にコインPあり。
<交通手段>近鉄筒井駅から徒歩

<感想>日帰り列車で奈良盆地1周ちょこ城巡りの旅3城目。城跡碑、中心部と推定される蓮根畑→菅田比賣神社→筒井順慶公碑→順慶堤の順に巡った。堀跡と見られる水濠はあるものの周辺は宅地化されて城跡表示がなければ遺構はちょっとわからない。

<満足度>◆◇◇

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

あつち十億兵衛

城攻め (2015/10/22 訪問)

ほとんど遺構の無い筒井順慶の城跡

+ 続きを読む

イオ

興亡常無し (2019/09/15 訪問)

「大和四家」のひとつ筒井氏の居城で、室町中期の築城と考えられますが、応仁の乱前から戦国期の戦乱の中、越智氏や古市氏、畠山義就や松永久秀を相手に落城 → 復帰が繰り返されました。筒井順慶が辰市城の合戦で松永軍を破った後は、破城となった多聞山城の石材で筒井城を改修しようとするも、織田信長の大和一国破城令により居城を大和郡山城に移すことになり、筒井城は廃城となりました。

主郭部は柵に囲まれた空地で、東側に説明板、南西部に城趾碑があります。城趾碑の近くの蓮畑が内堀跡で、菅田比賣神社の東側にかけて内堀が残っています。また、主郭北部にある光専寺の北側には外堀跡も見られます。

その他、筒井城の北東には順慶堤と呼ばれる堤防が、東部(外郭内)の八幡神社には筒井順慶公之碑が、南にひと駅行ったあたりには筒井順慶墓所の五輪塔覆堂があります。洞ヶ峠の日和見などと(史実に反して)揶揄されがちな筒井順慶ですが、地元では慕われているようですね。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 平城
築城主 筒井順覚
築城年 永享元年(1429)
主な改修者 筒井順慶
主な城主 筒井氏、越智氏、古市氏、松永氏
廃城年 天正8年(1580)
遺構 土塁、横堀(水堀)
再建造物 石碑、説明板
住所 奈良県大和郡山市筒井町1612
問い合わせ先 大和郡山市役所
問い合わせ先電話番号 0743-53-1151