ぜぜじょう

膳所城

滋賀県大津市

別名 : 石鹿城、望湖城
旧国名 : 近江

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

にのまる

移築門と琵琶湖 (2018/08/11 訪問)

かつての城門が近隣各所に移築され、余生を過ごしているそうです。ただ、元々どこにあった門なのか不明なものもあるとのこと。膳所神社の表門には重要文化財指定の説明書きがありましたが、「国寶(宝)」「舊(旧)膳所城々門」の石碑も。格下げされたのか、別の門のことなのか。
膳所城公園は琵琶湖の波打ち際まで下りられ、トランペットでムーンリバー♪を奏でている人もいたりで、なかなかいい感じでした(^-^)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

オダリン

遺構がたくさんある。 (2009/05/18 訪問)

城跡には石垣が少しと模疑門があるが市内の神社にはたくさん移築門がある。膳所神社には3つあり、篠津神社、若宮八幡神社、御霊神社、新宮神社、近津屋神社等があり、その他草津市内にもあり城跡関連の遺構は随一ではないかと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

移築物件 (2013/10/26 訪問)

真っ先に向かったのは芭蕉会館。膳所城本丸東正門隅櫓は一見、模擬櫓のような佇まい。特別、案内表示があったわけではないので少々不安でもある。続いて、篠津神社の北大手門、更に移築門が3つ残る膳所神社へ。膳所神社表門は二の丸-本丸間の門であるが、北門と南門はどこの門であるか不明であるという。草津市内にも膳所城移築建築が残っている。まず南大手門が残る鞭崎八幡宮、そして本丸北手水門が残る新宮神社と回った。

+ 続きを読む

琵琶湖の畔に (2016/05/28 訪問)

 残っていれば琵琶湖に映えていい城址であっでしょうね。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 梯郭式平城
天守構造 型式不明[4重4階/1601年築/破却(廃城令)]
築城主 徳川家康
築城年 慶長6年(1601)
主な改修者 本多俊次
主な城主 戸田氏、本多氏
廃城年 明治3年(1870)
遺構 石垣、移築櫓、移築門
指定文化財 国重要文化財(膳所神社表門(移築本丸城門))、国重要文化財(篠津神社表門(移築北大手城門))、国重要文化財(鞭崎神社表門(移築城門))
再建造物 模擬門、石碑
住所 滋賀県大津市丸の内町
問い合わせ先 大津市歴史博物館
問い合わせ先電話番号 077-521-2100