ぜぜじょう

膳所城

滋賀県大津市

別名 : 石鹿城、望湖城
旧国名 : 近江

投稿する
案内板
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

BUGTI

【独自視点(城門)×城】移築門が多く残っています (2018/04/08 訪問)

城跡は公園となって何も残っていません。琵琶湖岸に石垣の石らしきものが残っているのみです。しかし、移築された城門の多いこと。言い伝えのものも含めると10ヶ所はあります。そのほか芭蕉会館となっている本丸東隅櫓、六体地蔵堂となっている御椀蔵、さらに藩校の門や家老屋敷門が残っています。城跡に何もないのに、遺構がこれだけ残っている城は他にないのでは。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ホトトギス

模擬城門 (2016/08/16 訪問)

本物の城門は移設されている

+ 続きを読む

カルビン

あの時俺は若かった。。。 (2015/03/20 訪問)

深夜0時に家を出て2泊3日の近畿地区ツアー敢行した初日、7ヶ所目に立ち寄ったのがここ膳所城(元気だったな、あの頃w)
今にして思えばもっと効率良い場所いっぱいあったんですが、何故ここ選んだんだろう。。。
(ちなみにこの1つ前には観音寺城攻略してた)

目の前が交通量の多い湖岸道路でしかも駐車場が解らず、申し訳御座いませんが正面の市民センターに駐車させて頂きマッハでの見学となりました。
後で知りましたが、駐車場隣接していたんですね・・・何回も通って気付かんかったorz

琵琶湖の湖面上昇した為か、現在遺構は坂本城や長浜城同様多くが湖下に沈んでしまったようで、城址公園内と湖岸沿いにその名残を残すのみとなっておりました。

またリサーチ不足で移築門が近郊に複数あるのを知ったのはつい最近で、そこも完全に見落としております。。。膳所城の半分も解って無いなorz


この後観音寺城→膳所城→日野城→蒲生氏郷像⇒水口城で日没時間切れとなってしまいましたが、膳所城止めて水口岡山城(見学予定していた)先に行けば水口城の資料館も時間間に合ったんだろうな。。。と、事前のルートをちゃんと確認してればと後悔しております。

膳所城、公共交通機関(京阪石山線・膳所本町駅から500mのところ)でも全然行けるので、後の祭りで御座います(涙)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

つちなり

消えた天才 (2019/10/26 訪問)

プロ野球のスター選手に高校時代「絶対に勝てない」と思わせた天才がいた。
しかしその天才はプロに進まず表舞台から姿を消した…
そしてその天才は現在…!

といった感じの某ドキュメンタリー番組に見覚えのある人も多いのでは。
膳所城はまさにこの「消えた天才」と言える。
関ヶ原の戦の翌年に築城されたこの城は、名古屋城や江戸城、安土城など、城好きならずとも誰もが知っているような超有名どころの城と肩を並べる名城であった。
・琵琶湖畔の城
・天下普請による築城
・藤堂高虎による縄張り
膳所城を連想するキーワードをざっとあげるとこの3点がある。
「琵琶湖畔」
戦国時代から琵琶湖畔には多くの城が築城された。安土城、彦根城、観音寺城、小谷城、長浜城、坂本城などなど。理由は琵琶湖が天然の堀の役目を担ったこと、東国と京を結ぶ交通の要所でもあったこと、関ヶ原の戦後は、大阪の豊臣家を監視する役目があったことなどが理由として挙げられる。
「天下普請」
関ヶ原の戦いに勝利し、事実上天下を取った徳川家康が全国の大名に号令を発し、築城させたのが天下普請で築かれた城である。名古屋城や大阪城、江戸城などもこれに含まれる。このような名だたるどの名城のなかで、最初に築かれた城が膳所城なのである。
「藤堂高虎」
築城名人と言われる武将の中で、築城数において群を抜くのが藤堂高虎である。三英傑に仕え築城の才能を開花させた。宇和島城、今治城、伊賀上野城などなど、押しも押されぬ名城が並ぶ。膳所城もこの中に含まれる。

このようなキーワードが揃うわりには今日の膳所城の知名度はあまりに低すぎるように感じる。あくまで推察だが、築城以来、特に大きな戦や歴史に残るような出来事がなかったことと、現在は遺構がほとんど残っていないことが考えられる。
膳所城は江戸時代を通じて存続する。この間何度も補修を繰り返した結果、膳所藩の財政を圧迫させた。これは琵琶湖畔だったため常に波風に晒されていたことが原因と考えられる。
そして明治維新を迎え、廃城令により城としての歴史に幕を閉じる。

現在は城ではなく、人々の憩いの場として親しまれている。姿形を変えて今も尚、人々から愛されているわけだ。これも城の魅力の一つだと思う。数少ない遺構である城門は周辺の寺院に移築されて現存している。現在の膳所城址公園からは400年前武将が見た景色と同じ景色を見ることができる。

「消えた天才」は、昔とは違った色の光を今も確かに放っている。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 梯郭式平城
天守構造 型式不明[4重4階/1601年築/破却(廃城令)]
築城主 徳川家康
築城年 慶長6年(1601)
主な改修者 本多俊次
主な城主 戸田氏、本多氏
廃城年 明治3年(1870)
遺構 石垣、移築櫓、移築門
指定文化財 国重要文化財(膳所神社表門(移築本丸城門))、国重要文化財(篠津神社表門(移築北大手城門))、国重要文化財(鞭崎神社表門(移築城門))
再建造物 模擬門、石碑
住所 滋賀県大津市丸の内町
問い合わせ先 大津市歴史博物館
問い合わせ先電話番号 077-521-2100