やかみじょう

八上城

兵庫県丹波篠山市

別名 : 八上高城
旧国名 : 丹波

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

しらさぎ

丹波三大山城の一角 (2022/04/09 訪問)

丹波富士(高城山)に築かれた波多野秀治の居城
1.岡田丸跡
2.二の丸跡
3.三の丸跡
4.本丸跡
5.本丸東面石垣
6.中の壇北側の竪堀
7.芥丸北面堀切
8.池西番所南面堀切
9.朝路池跡
10.城山

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

スティクラ

波多野氏 (2022/06/05 訪問)

竹田城の帰りに八上城へ。昨年は赤井氏の居城の黒井城に登ったので今回は波多野氏の居城へ。
車で行ったが、八上城の案内は見つけられず。近くのグルグルしてようやく春日神社前の駐車場へ到着。
八上城があるのは、高城山ということがわかってたらすぐに見つけられたかも。
山頂までの登山コースは3コースあり、春日神社口から登山。時間は45分前後で道は整備されていて歩きやすかったが、階段がほとんどで頂上まで平坦なところが少なく、時間の割に体力が消耗した印象。

頂上は、波多野氏の供養塔らしきものがあり、景色も篠山城ははじめ市内を一望できる。
ただ、個人的には黒井城の方が360°のパノラマがすごく、もし黒井城と八上城どちらしか行けないとなったら黒井城をおススメするかな。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ヒロケン

中世の典型的な山城 (2022/05/28 訪問)

八上城は丹波の国のほぼ中央南部の丹波富士と呼ばれる高城山(標高462m)および、西方の法光寺山(標高340m)にあり、本城と支城が八上を挟み配置された典型的な中世山城です。
応仁の乱にて戦功をあげた波多野清秀が多紀郡郡代に就任し、高城山南西部に奥谷城を築き城下町を奥谷に置く。16世紀前半には、高城山山頂に八上城を築いたとされています。
三好長慶による10年近い攻防にも耐えた八上城ですが、16世紀後半になると織田信長の命を受けた明智光秀が丹波攻略が始まり、毛利氏や赤井氏の支援を受けた波多野秀治公は、4年も持ち堪えたが、最後は兵糧攻めにより八上城が落城、波多野氏は捕縛され安土城下にて処刑された。この時に明智光秀公の母が八上城内で磔にされた逸話が残りますが、事実ではないようです。

現在の八上城は国指定史跡に認定され、郭・石垣・土塁・堀切・井戸等が良好な状態で残り、中世山城の形態を色濃く残す典型的な山城です。
10~15台ほど駐車できる駐車場も完備されており、後の居館跡に建つ春日神社にトイレもあります。

今回、八上城を初めて訪れましたが、以前から八上城のことは知っており、前に丹波篠山城に訪問した際、篠山城から眺め行ってみたいと思っていました。今回八上城を巡り満喫できましたが(*^▽^*)、やはり、山城には冬季に行った方が良いと改めて感じています。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

やなぎぶそん

城ふぉとコンテスト【城と看板】恐怖を掻き立てる看板 (2020/03/20 訪問)

晴れた昼間に訪れましたが、池の周辺は薄暗く不気味な雰囲気が漂っていました。
そこにこの看板が現れ、鳥肌が立ちました。
こういう不気味な体験もお城めぐりならではですね。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 連郭式山城
築城主 波多野元清
築城年 永正5年(1508)
主な改修者 前田茂勝
主な城主 波多野氏、前田氏
廃城年 慶長14年(1609)
遺構 曲輪、石垣、土塁、堀切、移築門
指定文化財 国史跡(八上城跡)
再建造物 碑、説明板
住所 兵庫県丹波篠山市八上上字高城山他
問い合わせ先 篠山市教育委員会地域文化課
問い合わせ先電話番号 079-552-5792