さわだじょう

沢田城

兵庫県篠山市


旧国名 : 丹波

投稿する
主郭
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ぴーかる

沢田城 (2020/06/20 訪問)

【沢田城】
<駐車場他>小林寺駐車場あり。
<交通手段>バイク

<見所>本丸横堀・堀切
<感想>沢田城は八上城主波多野秀治の武将小林長任が、永禄年間(1558~70)に築いたものという。1579年頃に時の城主小林修理進(平左衛門)重範は、明智光秀勢の攻撃をうけ討死して落城した。

 登城口は小林寺境内奥から階段を登って、三蔵法師聖骨塔の左奥の山道を少し登るとすぐ城跡碑のある主郭に着きます。主郭は広い楕円形で南側には横堀がはしっている。北東側に二の丸があるが藪化して入れない。東側は階段状の腰曲輪がいくつかある。曲輪には伐採した竹が積んであり、物置になってます。更に東に下ると堀切があり舌状の馬場があります。そこは果樹園になっているようです。馬場を抜けると毘沙門堂があります。主郭の南西側にある出羽丸という曲輪は墓地になっていました。

 比高がそれほどない丘城で、他の波多野氏に従属した城、荒木城や籾井城程の堅固さはあまり見られなかった。

<満足度>◆◆◇

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

シロマサ

小林寺の裏山が城跡 (2019/11/13 訪問)

この城は八上城主波多野秀治の武将小林長任が、永禄年間(1558〜70)に築いたものという。
天正7年時の城主小林重範は、明智光秀の攻撃を受け落城した。
篠山城の北東の沢田にある小林寺の裏山が本丸跡です。
小林寺は小林氏の菩提寺であり、本丸に行くにはお寺のお堂の横を潜ると、石段があり登って行くと三蔵法師のお墓があります。
その墓の横を登って直ぐに本丸に着きます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

織田安土城

篠山城の近くに (2018/03/04 訪問)

竹やぶの中の整備された道を登って行きます

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 連郭式山城
築城主 小林長任
築城年 天文年間(1532~1555)
主な城主 小林氏、澤田長治
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)
再建造物 石碑、説明板
住所 兵庫県篠山市沢田334