日本100名城

まつまえじょう

松前城

北海道松前郡

別名 : 福山城

投稿する
松前城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

あきおこ

夏の松前城 (2004/08/10 訪問)

かなり前の夏にバイクツーリングに行った時の写真です。最近天守が木造復元されると発表があったので楽しみです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くろもり

無高の城 (2013/11/09 訪問)

江戸時代の松前藩は米がとれなかった為、石高が無く、無高(むたか)の藩でした。※一応、格として1万石でちゃんとした大名だったそうです。
木古内駅からバスで向かったのですが、本州では1時間30分も車で走っていれば田園を見る機会も多いですが、確かに道中で田園を見た記憶がありません。でも、今ではこの辺りでもお米は取れるそうです。

お城に野生のキツネがいたり、二ノ丸から津軽半島が見えたりと、蝦夷の地に感動しましたが、一番印象に残ったのはシャクシャインの耳塚でした。

城下町の和菓子屋さんの中村屋で、桜色のカステラをお土産に買って会社に持って行ったところ、次の日に女の子のお子さんがいる上司から「娘が気に入ったからもう一つくれ!」と催促されましたw
女子へのお土産にはいいかもしれません。すいません、カステラの写真は撮ってませんでした・・・
確か「花の松前」ていう名前のお菓子だったと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

にのまる

冬期閉城10日前 (2018/11/30 訪問)

函館からスーパー北斗とはやぶさで木古内へ行き、木古内からバスで松城(まつしろ)まで行きました。
木古内での1時間強の待ち時間は、隣接する道の駅で。快適でした♪お土産もここで購入し、ゆうパックで発送しました。
バス停は道の駅の入り口の真ん前なので、ギリギリまで暖かい中にいられます。
乗車時間は1時間半。山間部は積雪もあって車内も寒く、海沿いは鈍色の厚い雲に覆われ波しぶきも荒く冬の厳しさを感じましたが、車内は通学の高校生で賑やかで、どこも一緒だなぁとホッとしました♪

戊辰戦争も廃城令も昭和24年の火災も耐え抜いた本丸御門や本丸表御殿玄関の前には寒桜が可憐な花を咲かせていました。
西側にまわると城跡を貫通して造られた国鉄松前線のトンネル跡が見えました。コンクリートで塞がれています。

突然襲ってくる吹雪に怯みながらも松前藩主松前家墓所のある石畳の寺町を抜け、松前藩屋敷に行ってみました。建物の中には入れませんでしたが、再現された町並みを歩くだけでもタイムスリップした気分を味わえました。

そして最後に城下町を少し散策。
現地滞在時間は1時間半くらいでした。
暖かい時期ならもう少し時間をとってお寺をゆっくりまわったり道の駅「北前船 松前」に寄ったりするのもいいかもしれません。
復興天守(松前城資料館)は12/11〜4/9まで冬期閉館です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ロカンドロス

天守ある (2018/09/03 訪問)

江戸時代からある

+ 続きを読む

概要

江戸幕府が松前氏に築城を命じ、日本式城郭として安政元年(1854)に完成。海防のため城の内外に37基の大砲が備えられていた。日本式に造られた最後のものだった国宝の三重天守は昭和24年(1949)に焼失し、その後外観復元された。本丸脇の櫓門「本丸御門」は築城時から現存し、国の重要文化財に指定されている。

イベント情報

  • 2019年04月27日(土)~2019年05月15日(水)

    松前城

    松前桜まつり

    今年のさくらまつりは5月1日が「松前町さくらの日」と「改元の日」が重なるメモリアルフェス!  猛々しい武者行列に始まり、各種ステージイベントのほか、本場の松前漬けや海の幸など松前グルメが勢揃いする物産フェアなど楽しい催しが目白押し。また完走すると先着順で新元号が入った桜カレンダーがもらえる「桜スタンプラリー」も開催。約250種類1万本の桜が早咲きから遅咲きまで約1カ月もの間咲き誇り、イベントを盛り上げます。松前公園は入園無料。開催時間:9:00〜21:00(イベントにより異なる)

    • 会場名松前公園周辺、松前藩屋敷
    • 住所北海道松前郡松前町字松城
    • お問い合わせ松前観光協会 TEL:0139-42-2726
    • URLhttps://event.hakobura.jp/1819

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 慶長5年(1600)、嘉永3年(1850)
築城者 松前慶広、松前崇広
主要城主 松前氏
文化財史跡区分 国指定史跡、重要文化財1件、道指定有形文化財1件
近年の主な復元・整備 内堀・外堀(一部)・搦手二ノ門・馬坂門脇角柵・天神坂門ほかの復元整備を実施中
天守の現況・形態 層塔型 三重三階 鉄筋コンクリート造(復興)
主な関連施設 松前藩主松前家墓所(法幢寺)
主な遺構 本丸御門、本丸表御門、堀
住所 北海道松前郡松前町字松城144
問い合わせ先 松前町役場
問い合わせ先電話番号 0139-42-2275