ごちゃくじょう

御着城

兵庫県姫路市

別名 : 茶臼山城、天川城
旧国名 : 播磨

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

じゅんじん

今もお役所 (2016/04/23 訪問)

裏に橋があります。官兵衛公のゆかりのお城ですね。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

柳@ういろ

御着城は一着でゴールイン (2016/07/09 訪問)

タイトルは気にしないでください(笑)

黒田官兵衛の出身地だったというわけでも無いのに、主君の小寺氏を差し置いて黒田官兵衛顕彰碑を設置する違和感。
いかにも大河ドラマ目当てすぎる。
小寺氏とて一時期は播磨の実力者だったのだし小寺の顕彰碑を建てるほうが納得できる。

もっとも、小寺氏の家臣だったから、縁はあるわけだけども、目薬の木は別にいいとしてこれはやりすぎじゃないかな?

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ふくちん

御着城 (2012/03/03 訪問)

御着城は平城で、城跡は城址公園になっていますが、遺構はあまりありません。
城址公園のグラウンドの北側の低い土地が空堀の痕跡のようです。城址公園の案内板にはグラウンドの東側に土塁と空堀があると記されていましたが、こちらは明確には判別できません。ただグラウンドの地面は周囲より1.5mほど高いので、ここが曲輪の跡と思われます。城址公園の一角にある石橋は、西国街道の天川の橋を移築保存したもので、橋の下の凹地が御着城の空堀とのことです。

+ 続きを読む

  • 城址公園グラウンドの北側。土塁と空堀跡か
  • 西国街道の石橋を移築保存。橋の下が空堀。
  • 城址石碑

城郭情報

分類・構造 平城
築城主 小寺政隆
築城年 永正16年(1519)
主な城主 小寺氏
廃城年 天正7年(1579)
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)
再建造物 石碑、説明板
住所 兵庫県姫路市御国野町御着