まつほだいば

松帆台場

兵庫県淡路市

別名 : 徳島藩松帆台場
旧国名 : 淡路

投稿する
松帆台場跡
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

昌官忠

2022夏の青春18キップ遠征2日目:松帆台場 (2022/07/21 訪問)

岩屋城からの転戦です。拝原水産先空スペース(34.608154、135.003801)に駐車し、松帆台場(34.608794、135.002644)に向かいました。

1858年(安政5年)徳川幕府将軍家茂の幕命を受けた徳島藩により着工、1861年(文久元年)竣工。
建設の目的は、明石海峡対岸の明石藩舞子台場跡と対になって両岸から黒船を挟撃することでしたが、一度も使用されることはなく現在に至っているそうです。

台場部分の多くは神戸製鋼の保養所「ゆうなぎ荘」敷地になっており、見学は東の松帆恵比寿神社部分に限られているとのことで、付近をウロウロしただけです。
攻城時間は15分くらいでした。次の攻城先=白巣城に向かいます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

小城小次郎

宿泊施設が土塁の上に (2021/09/19 訪問)

宿泊施設の敷地となっていて、よくよく見ると建物が台場特有の「ぎざぎざ土塁」の上に建っている。大切なお城仲間を船着き場に送り届けるため、この後の道の駅で「秒」でお土産を選んだものも思い出深い(笑)。

+ 続きを読む

じゅんじん

退却 (2020/09/26 訪問)

神戸製鋼所健康保険組合増進センターとなっており退却しました😢

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 台場
天守構造 なし
築城主 徳島藩
築城年 文久3年(1863)
主な城主 徳島藩
遺構 土塁
指定文化財 国史跡(徳島藩松帆台場跡)
住所 兵庫県淡路市岩屋松帆