日本100名城

たかまつじょう

高松城

香川県高松市

別名 : 玉藻城

投稿する
高松城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ぴーかる

高松城 (2017/03/18 訪問)

【百名城18城目】
<駐車場他>高松駅前広場・玉藻町駐車場あり。 <交通手段>18切符

<見所>月見櫓・水手御門・艮櫓

<感想>18切符にて日帰り讃岐攻城の旅2城目。夕方4時過ぎに来城したのであまりゆっくり観察することができず。まず二の丸跡→鞘橋→地久櫓跡→天守台、天守台はきれいに積み直しされていて地下の発見と礎石がよく分かる状態になっている。→珍しい水門跡→城内から月見櫓水手御門を観察、夕刻だった為か常時そうなのかわからないが、中には入れなかったのが残念。→鹿櫓跡→お堀にチヌ(黒鯛)のえさ100円やり体験できるのは初めてで暫し楽しむ。→桜の馬場→移築現存の艮櫓、ここも中に入れず。→埋門→高麗門から旭橋、外に出て→レグザムホール東側に艮櫓の元あった石垣があるので観察→城の北側、国道30号線より月見櫓・水手御門を鑑賞して終了。

<満足度>★★★☆☆

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

曲輪姫

お濠が海 (2019/03/24 訪問)

いつ通ってもワクワクする瀬戸大橋を渡り、参城。
海城は初めてでしたが、本当にお濠が海水で満たされ、鯛が泳いでいました。夏は城主もお濠で泳いでいたとか?お濠を舟でめぐる舟城体験もあり、今度来たら乗ろうと思います。

月見櫓・水手御門・渡櫓は一番の見所ですね。昔はここまで海水があり、舟で入れたとのこと。月見櫓の内部も公開していて入ることができました。
窓から覗くと道路を挟んですぐ海!潮の香りがします。

天守台の修復工事が終わり、次は天守復元が目標のようです。天守台に上がると一段下がっていて、礎石がありました。ここの天守は地下1階があったんですね。天守復元応援します☆

そしてこの日は園内の広場にて鉄砲隊の演武がありました。城に興味のない人を連れていくときは、こういったイベントはとても助かります。笑
とはいえ、火縄銃はかっこよく、音はお腹にズドン!と響いて貴重な体験ができて私自身も幸せ♪信長がやったとかやらなかったとか言われている三段撃ちも見ることができました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

バリィ

平成30年 (2018/11/07 訪問)

このお城の前は何回も通っていますし、堀横にある駅から電車を乗り降りもしています。
近くのバスターミナルから異なる終点のバスにも何回か行き帰りしていますが正直、入るのは初めてのお城でした。
楽しかったです。
遺構にこだわる方は
現存、移築、復元を調べてから行かれることを努めます。

+ 続きを読む

Rin

讃岐国高松城 (2019/03/03 訪問)

海沿いに築かれた城として、三大水城のひとつにも挙げられている高松城。
月見櫓横の水門の外まで海だったらしく、海から船をつけて直接城内に入れる造りだったとのこと。
現在でもお堀は海と繋がっていて、海水が引き込まれています。

+ 続きを読む

概要

豊臣家臣の生駒親正が海城の基礎を固め、後に松平頼重・頼常父子が近世城郭へと改修。城の北側は海に面し、東西2カ所から海水を引き込んだ三重の堀が曲輪を囲んでいる。舟入を2カ所備え、舟の出入りを監視する月見櫓(着見櫓)や、海の大手門にあたる水手御門など、海城ならではの造りが見られる。

城郭情報

城地種類 平城(海城)
築城年代 天正16年(1588)
築城者 生駒親正
主要城主 生駒氏、松平(水戸)氏
文化財史跡区分 国指定史跡、重要文化財7件、名勝1件
近年の主な復元・整備 平成11年度から地久櫓台石垣修理を実施、平成17年度から天守台を整備、平成26年度桜御門石垣を修理
天守の現況・形態 天守台のみ残る
主な関連施設 史跡高松城玉藻公園陳列館、香川県立ミュージアム、高松市歴史資料館、栗林公園
主な遺構 月見櫓、水手御門、渡櫓、艮櫓、旭門、埋門、本丸、二の丸、三の丸、天守台、石垣、堀、披雲閣
住所 香川県高松市玉藻町2-1
問い合わせ先 高松市教育部文化財課
問い合わせ先電話番号 087-839-2660