日本100名城

たかまつじょう

高松城

香川県高松市

別名 : 玉藻城

投稿する
高松城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

トーダイ

百名城再訪63城目 (2019/12/14 訪問)

東入口でスタンプをゲット、水堀と石垣が素晴らしい。
県立ミュージアムから県民ホールにかけても石垣が良く
保存されています。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カラマザ

三大水城の一つ (2019/12/08 訪問)

月見櫓の大きさから考えると きっと立派な天守だったのだろうと、、、

+ 続きを読む

まるチョコ

高松城 (2019/12/08 訪問)

松ぼっくりをカゴに集めてもらい、クリスマスツリーを作っていた。お堀に大きめの魚がいたけど、鯛だったのかな?コトデンが横を走っていて、のどかでホッとする雰囲気。

+ 続きを読む

橋吉

高松城 (2011/03/20 訪問)

堀には鯛が泳いでいます。えさを与えると寄ってきます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

豊臣家臣の生駒親正が海城の基礎を固め、後に松平頼重・頼常父子が近世城郭へと改修。城の北側は海に面し、東西2カ所から海水を引き込んだ三重の堀が曲輪を囲んでいる。舟入を2カ所備え、舟の出入りを監視する月見櫓(着見櫓)や、海の大手門にあたる水手御門など、海城ならではの造りが見られる。

城郭情報

城地種類 平城(海城)
築城年代 天正16年(1588)
築城者 生駒親正
主要城主 生駒氏、松平(水戸)氏
文化財史跡区分 国指定史跡、重要文化財7件、名勝1件
近年の主な復元・整備 平成11年度から地久櫓台石垣修理を実施、平成17年度から天守台を整備、平成26年度桜御門石垣を修理
天守の現況・形態 天守台のみ残る
主な関連施設 史跡高松城玉藻公園陳列館、香川県立ミュージアム、高松市歴史資料館、栗林公園
主な遺構 月見櫓、水手御門、渡櫓、艮櫓、旭門、埋門、本丸、二の丸、三の丸、天守台、石垣、堀、披雲閣
住所 香川県高松市玉藻町2-1
問い合わせ先 高松市教育部文化財課
問い合わせ先電話番号 087-839-2660