日本100名城

たかまつじょう

高松城

香川県高松市

別名 : 玉藻城

投稿する
高松城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

小城小次郎

高松城

徳川光圀の直系が代々藩主を務めたお城だけに、格調の高さでは群を抜く。海水を引き込んだ堀には鯉の代わりに鯛が泳ぐ。そんなところにも高級感が漂っている。

+ 続きを読む

再訪▪城廻りvol.6 高松城 (1982.7.30訪問、2019.1.5再訪) (1982/07/30 訪問)

四国最大の天守のあった、高松城へ行ってきました。
高松城は日本三大海城といわれ、当時、北側は瀬戸内海に面しており、城そのものが軍港としての機能も有していました。
現在では埋め立てられ海岸線は少し離れてしまいましたが、水門によって海とつながっており、堀には海水が引かれています。

城の周囲は中堀、外堀などは埋め立てられ、開発され市街地化していますが、中堀の一部や内堀とその内部の石垣は当時のまま残されており、玉藻公園として市民の憩いの場になっています。

37年前、訪れたときには、天守台には、明治35年に建てられた初代藩主松平頼重を祀った玉藻廟が鎮座していました。

ここ高松城は、天守の古写真が残っており、昭和の時代から我が町にも天守を!と過去2回復元運動もありましたがどれも失敗。

平成8年には高松城跡保存整備基本計画が策定され、平成23年には追加修正されて、往時の海城を再現する計画が少しずつ現在も進行中です。
この基本計画によると、古写真の残っている北西隅に海に面してあった鹿櫓と多聞櫓の復元、現在移築現存している艮櫓の元の位置への再移築。今艮櫓が建っている位置にあった太鼓櫓の復元。戦災焼失した桜御門の復元、大手前地区の中堀の復元などが計画されています。もちろん天守の復元はこの計画のメイン事業です。

平成21年に発足した「高松城の復元を進める市民の会」の積極的な活動により、10万人の署名を添えて文化庁に提出するなど、再度天守再建に向けて動き出しています。

余談ですが、天守などの歴史的建造物の復元には二種類あって、名古屋城天守や高松城天守が目指しているのが復元といわれるものです。これは外観などが古写真などで正確にわかり、内部に関しても図面や写真によって構造が解るものでないと文化庁からの建設許可は出ません。
もうひとつは復元的整備といわれているものがあります。これは外観などが古写真や、絵図である程度わかっているのですが、内部構造などが詳細にわかっていない建造物が対象になっています。しかし、この復元的整備は基準となるものがなく、あやふやなものとなっています。
全国で古写真や絵図の残っている天守や、櫓、門などのほとんどがこれにあたります。
天守でいうと名古屋城▪岡山城▪広島城▪大垣城の4つの天守しか文化庁のいう復元の許可はおりないというのが現状です。

しかし、前述の市民の会の活動がきっかけになって、文化庁ではこの復元的整備の新たな基準を決めようと去年の秋から有識者と共に協議を開始しています。
ここ高松城天守のように天守や櫓、門など復元にあと一歩なんだけど、なかなか復元できないという全国に散らばるお城に、新たな復元的整備の基準が一つの光となることを祈るばかりです。


+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

たかりん

四国最大規模の天守がいつか見たい (2019/01/13 訪問)

秀吉の四国平定戦の功により讃岐一国17万石を与えられた生駒親正の居城として築城されました。以後、関ケ原も乗り切りましたが、寛永期に起きた御家騒動により実質的な改易、その後、水戸徳川家二代光圀(いわゆる水戸黄門)の兄、頼重が高松松平家として封じられ明治維新に至る…という外様改易からの親藩・譜代入封という、徳川氏の支配を徐々に西日本に拡大する、秀忠・家光期によく見られたパターンですね。何年か前の初登城の際は天守台が補修工事中で涙を飲んだため、満を持して再訪です。今回は車のため、東の旭門より宣材でよく使われる艮櫓を見ながら入場、二の丸へ進むと補修なった美しく立派な天守台が見えてきました。天気も良かったので、堀に綺麗に逆さに写る姿も映えていました。天守の復元構想もあるようでイメージ図見ると、ちょっと珍しい形、見てみたくなりました。長い目で応援しましょう(笑)。廊下橋である鞘橋(さやばし)を通って天守台へ向かうと確かに大きい、地下部も再現されていました。その後は月見櫓、水手御門の方面へ。その名の通り、当時、城の北部は海に面しており、ここから直で船により海へと出る門だったそうです。今治、中津と並び「三大水城」といわれる本城の特徴ですね。続100名城で山城、平山城続きだったので、たまには息抜きと足休めに平城巡りを入れるのもいいですね。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

まっつん

近世の高松! (2019/01/14 訪問)

このところ山の上の土の城を重点的に巡っていますが、水堀に石垣、その上に白壁の櫓という近世城郭の成分が欲しくなったので補給しに行きました!
高松城は、1587(天正15)年、豊臣秀吉から讃岐一国を与えられた生駒親正によって築城され、その後も生駒氏が城主を務めていましたが、お家騒動で改易され、1642(寛永19)年に松平頼重が東讃12万石で入城し、以後、松平氏が城主となって明治を迎えたそうです。
今では埋め立てによって海から少し離れていますが、築城当時は瀬戸内海に面して築かれ、その名残として堀の水は今でも海水が引き込まれているそうです。
建造物は、北の丸の月見櫓、水手御門、渡櫓、旧東の丸艮櫓が現存しています。駐車場は城の南側にあり、無料で駐車できます。城跡は玉藻公園として整備されていて、大人は200円で見学できます。
城の西側には琴電高松築港駅があり、石垣のすぐそばを電車が行き来していたり、反対側の城の東側には香川県立ミュージアムが建っていますが可能な限り石垣は残された状態で建設されているようで、城と街の共存を一生懸命模索された結果なんだろうなぁと思いました。
果たして、天守台の石垣の上に天守は再建されるのでしょうか。個人的にはあの石垣の上に天守がそびえ立っているのを見てみたいかな(^^)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

豊臣家臣の生駒親正が海城の基礎を固め、後に松平頼重・頼常父子が近世城郭へと改修。城の北側は海に面し、東西2カ所から海水を引き込んだ三重の堀が曲輪を囲んでいる。舟入を2カ所備え、舟の出入りを監視する月見櫓(着見櫓)や、海の大手門にあたる水手御門など、海城ならではの造りが見られる。

イベント情報

  • 2018年12月16日(日)~2019年03月24日(日)

    高松城

    高松城鉄砲隊演武

    日本三大水城である高松城で、迫力ある火縄銃の実演が行われます。江戸時代の鉄砲隊を再現しており、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような気分が味わえます。銃声がお腹の底へズドンと鳴り響く、迫力ある演武をお楽しみ下さい。また、甲冑姿の鉄砲隊と記念撮影をすることもできます。開催日時:12月16日、1月20日、3月24日の各日10:30から。入園料:16歳以上200円・6歳以上16歳未満100円、6歳未満無料。

    • 会場名史跡高松城跡 玉藻公園
    • 住所香川県高松市玉藻町2-1
    • お問い合わせ玉藻公園管理事務所 TEL:087-851-1521
    • URLhttp://www.takamatsujyo.com/

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平城(海城)
築城年代 天正16年(1588)
築城者 生駒親正
主要城主 生駒氏、松平(水戸)氏
文化財史跡区分 国指定史跡、重要文化財7件、名勝1件
近年の主な復元・整備 平成11年度から地久櫓台石垣修理を実施、平成17年度から天守台を整備、平成26年度桜御門石垣を修理
天守の現況・形態 天守台のみ残る
主な関連施設 史跡高松城玉藻公園陳列館、香川県立ミュージアム、高松市歴史資料館、栗林公園
主な遺構 月見櫓、水手御門、渡櫓、艮櫓、旭門、埋門、本丸、二の丸、三の丸、天守台、石垣、堀、披雲閣
住所 香川県高松市玉藻町2-1
問い合わせ先 高松市教育部文化財課
問い合わせ先電話番号 087-839-2660