続日本100名城

さいきじょう

佐伯城

大分県佐伯市

別名 : 鶴屋城(つるやじょう)、鶴ヶ城、塩屋城(しおやじょう)

投稿する
佐伯城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

じゅんじん

城門と景観 (2019/10/07 訪問)

城門が現存しています。武家屋敷も景観が保存されています。山上の城は時間の関係であきらめました。くやしい!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

小城小次郎

佐伯城

三の丸に建つモダンでアンティークな近代建築、これはこれで味が出てきてしまったが、ぼちぼち御殿の移築復元に切り替えてもよいのかもしれない。

+ 続きを読む

春の鳥 (2019/02/28 訪問)

 国木田独歩の「春の鳥」の舞台になった城で「独歩碑の道」と称する登城路もあります。佐伯駅からは徒歩で約20分。山麓に三の丸、山頂に本丸を中心に二ノ丸、西の丸、北の丸を配しています。石垣がよく残り、その一部は曲線を描いています。城域は広くありませんが、見ごたえのある石垣です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

にのまる

鶴翼の縄張りで鶴屋城 (2018/12/29 訪問)

福岡から下関の実家に帰ると見せかけて、日豊本線を南下して行ってきました。
休日のスタンプ設置場所の「城下町観光交流館」で地図をいただき、教えていただいた登城路は3本。
①独歩の道(緩やかだが20分かかる)
②登城の道(急坂だが早く着く)
③翠明の道(階段が多い)
の三択です。
観光交流館の方からは①を薦められたのですが、todo94さんの「鞴峠から先の備中松山城程度」のレポを読んでいたので、行ける気がして②を選択しました。寒波襲来の日でしたが、背中のカイロをひっぺがしたくなるくらい温まりました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
西日本は石垣の名城、多いですね!地元の方がたくさんいらっしゃいました。朝の散歩でここに登れるなんて羨ましいかぎりです。
北出丸に「若宮の道」という第4の登城路があり、吸い込まれそうになりましたが、どこに通じているのかわからなかったのでやめて、③の翠明の道から下山しました。丸子城(静岡)の本曲輪からの下山道みたいでした。
麓にあった石碑に「文祿ノ役藩祖高政公朝鮮ヨリ御持歸リノ紀念樹」とあり、急に朝鮮出兵がリアルなものに感じられたのですが、400年モノの木、どれだったのだろう…。

カルビンさん、同じ日だったのですね!
続100名城は初の年末年始でスタンプ情報を入手するのが大変ですが、冬の九州は穴場ですねー。

来年もみなさまにステキなお城との出会いがありますように!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 慶長7年(1602)~慶長11年(1606)
築城者 毛利高政
主要城主 毛利氏
文化財史跡区分 大分県指定有形文化財1件(三の丸櫓門)
主な関連施設 佐伯市歴史資料館
主な遺構 天守曲輪、本丸、二の丸、西出丸、北出丸、石垣、水の手(雄池、雌池)、登城道、門
住所 大分県佐伯市鶴谷城山
問い合わせ先 佐伯市役所
問い合わせ先電話番号 0972-22-3111