ちゃうすやまじんじろ

茶臼山陣城

大阪府大阪市

別名 : 茶臼山砦、大塚城
旧国名 : 摂津

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

にのまる

新年初登山 (2022/01/02 訪問)

午前中奈良のお城をまわって法隆寺にも行ってなどしていたら、天王寺に着いたのが14時過ぎ。セット訪問を予定していた大阪城は諦め、帰りの新幹線の時間まで大坂の陣めぐりをしました。と言ってもいつもの如くほぼ歩きなので、少ししか行けませんでしたが。
茶臼山陣城は、カルビンさんのご投稿で「登頂証明書」の存在を知ってから、ずっと行きたかったところです。
……あれから3年の月日が流れ~ついに標高26メートル登頂、そして証明書ゲットしましたヽ(^o^)丿
その後、案内所でビデオを見たり散策マップをいただいたりして真田信繁終焉の地と伝わる安居天神に行きました。(“安居”でしりとりを思い出します…行きたい(^^♪)

猿さん、ご丁寧な解説をありがとうございましたm(__)m

朝田さん、雪虎の地は雪がすごそうですが…お大事に。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

🏯城好きのメガネ

「茶臼山陣城」 (2020/03/29 訪問)

<オススメ>★★☆☆☆
茶臼山陣城は、大塚城とも呼ばれ1546年に細川晴元の家臣・山中又三郎が茶臼山古墳の後円部に城を築いたとされる。細川氏綱・畠山政国らに攻められ落城し、廃城となった。1614年、大坂冬の陣では徳川家康が本陣を構えた。1615年、大坂夏の陣では、豊臣方の真田信繁が本陣を構えた。大坂の陣後に、廃城となる。現在、土塁等が遺されている。

<アクセス>
JR天王寺駅 徒歩10分

+ 続きを読む

pascal

大坂の陣の真実が見えてしまう 茶臼山陣城 (2017/03/04 訪問)

大坂冬の陣では徳川家康が本陣にし、夏の陣では真田信繁が陣を敷いたと言われる茶臼山陣城です。


【アクセス】
最寄り駅は天王寺で、駅の北西に広がる天王寺公園の北東の角にある『茶臼山古墳』が茶臼山陣城跡です。


【城の歴史】
 茶臼山古墳は5世紀頃に地元の豪族が造った前方後円墳だと言われていますが、戦国時代の天文15年(1546)、細川晴元の臣の山中又三郎が古墳の後円部分に砦を築き、大塚城と名付けました。
しかし、大塚城は翌年の“舎利寺の戦い”で細川氏綱軍に攻め込まれて落城し、わずか1年の短命に終わってしまいました。

 その後の慶長19年(1614)の“大坂冬の陣”では、徳川家康が此処に本陣を置きました。
家康は大坂城下の家屋を壊して資材とし、堅固な陣城を築いたそうですから、土工事も大規模に行われた事でしょう。

 冬の陣の和睦から4ヶ月後には“大坂夏の陣”が起こります。
籠城戦が効かなくなった大坂方の諸将は城外に陣を敷き、野戦の布陣となります。
その中で茶臼山を選んで布陣したのは真田信繁の軍3,000で、信繁は此処から平野の家康本陣に向け出撃し、あと一歩の所まで家康を追い詰めますが、力尽きて討死にしてしまいます。


【見どころ】
 山上は200坪ほどの削平地になっていて、少し下にも帯曲輪状の地形が認められますが、空堀や土塁遺構は無く、“城”という感じは薄いものです。
 どうやら“古墳ではない説”もある様で、奈良時代に和気清麻呂が運河を掘削し始めた跡…とも言われています。
その後の大塚城と家康の陣城、どの遺構がどの時代のものなのか、日本史の幅広い知識が無いと判別の難しい城址でした。

 茶臼山の北300mにある安居神社は真田信繁の終焉の地だそうで、境内には信繫の銅像などが有って、観光客もチラホラ居ます。
真田ファンの方は併せて訪ねて見るのも一興かと思います。


【感想】
 現地に行って気付く不都合な真実…(^^;
信繁は幾重もの徳川方の布陣を突破して、茶臼山の南東3㎞の平野にあった家康の本陣を襲いました。
家康は堪らず、3里も退いた(奈良県香芝市あたりまで?)と言います。
追撃する信繁はその途中で力尽き、安居神社の地まで戻って休息中のところを松平忠直の家臣に討たれたそうです。
つまり、敵軍がウジャウジャ居る中を、5㎞以上も戻って来た訳ですね…。

真田信繁、というか真田幸村については、あまり深くは調べない方が良さそうです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

朝田 辰兵衛

大阪市立美術館のバーターで。 (2020/08/09 訪問)

大阪市立美術館のバーターです。この美術館に来てしまったらスルーできないほどの近さ。気温はたぶん,39℃ぐらいまで上がっていたと思います。美術館で涼を求めた後は,地下通路で涼を求めてしまい,這い上がれませんでした…<苦笑>。
天王寺城跡にすら行く気にもならず…。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 平山城(古墳利用)
天守構造 なし
築城主 山中又三郎
築城年 天文15年(1546)
主な改修者 徳川家康
主な城主 徳川氏、真田信繁
廃城年 元和元年(1615)
遺構 曲輪、堀
指定文化財 府史跡(茶臼山古墳および河底池)
再建造物 説明板
住所 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町
問い合わせ先 大阪府教育委員会文化財保護課
問い合わせ先電話番号 06-6210-9900