たなべじょう

田辺城

京都府舞鶴市

別名 : 丹後田辺城、舞鶴城
旧国名 : 丹後

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

じゅんじん

警察署前 (2024/01/06 訪問)

ここの警察署は写真撮っても怒られませんでした。
よきお城。櫓は戦前復興。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

AIAI

田辺城に行ってきたのです (2023/11/03 訪問)

城門を修復してます。その2階が展示スペースになっています。
元が平城にて周辺は開発されてしまい、遺構は公園の中に見えるだけです。
天守台は発掘で発見されたとのこと。公園の中でたたずんでいます。
小さい規模ながら攻め口が絞られ、大軍の展開がし辛い地形で宮津を捨て田辺に籠城した細川幽斎は流石としか言えないな。

この日は舞鶴祭りの日だったらしく、城門から出陣する姿を見ることができたのは僥倖でした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

侍ホリタン

細川幽斎(藤孝)公隠居の名城を訪ねて (2022/06/18 訪問)

本能寺の変後、隠居した細川幽斎公の居城として築かれ、細川氏、京極氏、牧野氏と城主を変えながら明治に至るまで領内統治の中心でした。関ヶ原の前哨戦では西軍1万5000の兵に対してわずか500の兵での籠城戦に50日近くも耐えました。この戦いは細川幽斎公が「古今和歌集」唯一の伝承者であったため、廃絶を憂慮した後陽成天皇の勅命により西軍の包囲が解かれています。
城門の隣に6台程度停める事ができる臨時駐車場有ります(無料)。 城門の2階が田辺城資料館(有料)、櫓内は細川幽斎公を紹介する資料館(無料)になっています。御城印は田辺城資料館にて販売されています。

+ 続きを読む

カズサン

田辺城は復興櫓門がシンボル (2006/05/06 訪問)

 田辺城は現在舞鶴公園として整備され、昭和15年(1940年)には本丸北の残存石垣台に彰古館なる二層隅櫓が復興され、平成4年には二層隅櫓から南に折れた西向き外堀跡に復興櫓門が完成し舞鶴公園の大手門の様です、櫓門は田辺城資料館として活用されて居ます、本丸に低い石垣台ですが整備されてあり日の天守閣跡を示して居ります。
  
 16年前の平成18年5月の連休に故郷鳥取に帰郷し、母を見舞った後に天橋立を観たいと言う家内と天橋立散策、リフトで展望所に登り天橋立全体を俯瞰、股覗きも楽しみ、天橋立で一泊、家内の楽しみの後に城廻り、まだ登城して居なかった田辺城を初登城。
 駐車場はその当時本丸北の石垣が在る北側外に駐めた記憶は有るのですが、グーグルマップを見ると田辺城の北、約50mの所に舞鶴西支所駐車場が在り現在そこを利用されてる様です。
 
 探訪は、本丸内部、隅櫓、櫓門を外から内から見学し、天守台跡、庭園、東側のJR舞鶴線側、外の周り櫓門西に明倫小学校が有り学校の南側に板土塀の中間に移築校門として藩校明倫館の門が残って居ます。
 
 また田辺城は細川藤孝、忠興父子の城としてでも有名で、本能寺の後、光秀の誘いを断り籠城戦、この戦いで古今伝授を伝える唯一の細川藤孝であったので後陽成天皇の仲介に入り救われたと伝えられてる。
 関ヶ原後細川氏は息子忠興の東軍戦功により豊前小倉城に加増転封、寛永9年(1632年)肥後熊本の加藤忠広の改易で肥後熊本城に54万石の太守として転入し、以後明治を迎えるまで熊本を治政した。
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 輪郭式平城
天守構造 不明
築城主 細川藤孝
築城年 天正7年(1579)
主な城主 細川氏、京極氏、牧野氏
廃城年 明治7年(1874)
遺構 曲輪、石垣、横堀、庭園
指定文化財 市史跡(田辺(舞鶴)城趾)
再建造物 門、塀、模擬櫓、石碑、説明板
住所 京都府舞鶴市字南田辺15-22
問い合わせ先 舞鶴観光協会
問い合わせ先電話番号 0773-66-1024