やぎじょう

八木城

京都府南丹市


旧国名 : 丹波

投稿する
ジョアン内藤ゆかりの地
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

しんしんちゃん

「ジョアン内藤飛騨守忠俊ゆかり之地」 (2019/10/27 訪問)

八木城は戦国時代の有名なキリシタン武将である内藤如安ゆかりの城で丹波国では八上城、黒井城に並ぶ規模の大きい山城です。本丸を中心に四方に張り出した尾根上に郭が設けられており、私は本丸を中心に付近の郭をいくつか散策したのみに留まっています。
付近には「ジョアン内藤飛騨守忠俊ゆかり之地」の石碑や園部城の太鼓櫓を移築した安楽寺も有ります。情報が不足していて石垣の部分を見ていませんが主郭からの眺望は素晴らしかったです。

私は元々ヒザが弱いうえに最近は仕事で体力オバケのオッサンに引っ張られてGW中は膝がガクガクの状態でした。開き直って神奈川・東京・埼玉のユルめの城(あたた系 ぴーかるさんいわくチョコ城(笑))を多く含むルートを周ったら4日で56城いっちゃいました。
もちろんキツい城もあったし箱根関所や新撰組ゆかりの地・斎藤別当ゆかりの地も訪問していますが、この数です。相模・武蔵恐るべし‥。さらにストックが増えてイッペイさん状態です(例えが悪い)。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

mae

大掘切と石垣 (2024/03/09 訪問)

西側の郭の先端にあります。

+ 続きを読む

織田晃司

京丹波の八木だメェ~ (2023/10/08 訪問)

キリシタン大名・内藤如安(ジョアン)の山城。
天候が気になりすべてを見ることはできませんでしたが、本丸の石垣、堀切、曲輪等確認できました。

+ 続きを読む

侍ホリタン

キリシタン武将、内藤ジョアンの居城を訪ねて (2022/05/28 訪問)

松永久秀公の弟内藤宗勝の子として生まれた内藤忠俊公は、乳母がキリスト教信者であったことからフロイス神父の洗礼を受けてジョアン(如安)と名乗るようになります。足利義昭公に仕えて備後国、鞆の浦下向中に八木城は明智軍によって落城、その後はキリシタン大名小西行長公に仕えます。関ヶ原の戦い後は、前田家の家臣となりましたが徳川幕府のキリシタン追放令によって高山右近公と共にマニラへ追放、マニラの地で一生を終えます。
本丸跡にベンチが複数設置されていて京都方面の山々を見ながら休憩することができます。 駐車場は東回りで登る場合は春日神社、西回りで登る場合は西山墓地下駐車場が近くて便利です。 西回りで登った場合、途中で分岐があります。左手に行くと岩場のある急なコース、右手に行くと緩やかなコースになります。妙見宮跡方面に行く場合は緩やかなコースを進む事になります。近くの料亭八光館にてプレミアム御城印が販売されています。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 山城
天守構造 不明(天守台あり)
築城主 内藤入道
築城年 室町時代
主な改修者 明智光秀
主な城主 内藤氏、松永氏
廃城年 不明
遺構 曲輪、櫓台、石垣、土塁、井戸
再建造物 説明板
住所 京都府南丹市八木町八木内山他、亀岡市宮前町神前大谷他
問い合わせ先 南丹市役所
問い合わせ先電話番号 0771-68-0001