続日本100名城

よなごじょう

米子城

鳥取県米子市

別名 : 湊山金城、久米城

投稿する
米子城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

kumeak

米子城二の丸高石垣と本丸天守台 (2018/11/10 訪問)

現在、二の丸高石垣は湊山球場のスタンドからしか見えません。
本丸天守台は夏まで、鬱蒼とした樹木で同時には見えませんでした。
米子市教育委員会文化財課の皆様の努力で、樹木の伐採が進み人力で多くのライトを持ち上げこの様な素晴
らしい光景を実現して頂けました。
年に数回しか見られない現状ですが、湊山球場の史跡公園化、樹木の伐採と石垣の保全へと文化財課の皆様
の今後のご努力をお願い致します。

+ 続きを読む

前ちゃん

米子城址 (2018/11/19 訪問)

眺め最高

+ 続きを読む

ぽんたっく土佐守

えげつない数の櫓台跡に感動! (2018/09/22 訪問)

JR米子駅から徒歩15分ほどで二の丸入口に着きます。
現在、二の丸入口からは
工事中のため登城できません。
少し奥へと進んだ登山口から登城しました。
ミニ八十八か所を横目に見ながら登ること10分ほどで
本丸の石垣が見えてきます。
そこから番所跡方向に進むと三段状の天守台が見られます。
見事です!
天守台の二段目から下を見下ろすと、
虎口と番所跡がきれいに見えます(写真5)。
本丸は広く、天守台の礎石も
見事に残っていました。
また、本丸からの景観はよく、
日本海や大山を臨むことができます。
この見晴らしも見事ですが、
なにより「すごい!!」と思ったのが
天守台から見下ろした多数の櫓台跡です(写真8)。
城兵側から見ると
寄せ手の動きが丸わかりで、
複数方向からの攻撃が可能になっています。
ちなみに、攻城兵側から見ると
写真9のような感じ・・・
攻め落とせる気がしません。
これだけの数の連続虎口は
めったに見られないかと思います。

以下は私事ですが・・・。
登城した日・時間帯からすると
まっつんさんと同じ空間にいたはずです。
ちなみに私はメガネをかけていて、
その時の服装は
黒色ポロシャツにブルージーンズでした。
「城びと」をやっていると
こんなこともあるんですね。
今度から、登城先で出会った人には
あいさつをしようと思いました。
また、「城びと」をやっていることがわかるように
山城サミットでいただいた「城びとトートバック」を持って
登城しようかと思います。






+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

kumeak

11月10日・11日イベント (2018/09/24 訪問)

11月10日・11日イベントが有るとのことで、宿の予約をしようとしたところ、米子市街・皆生温泉ともほぼ満杯でした。
当日、日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会が米子で開催されるとのことでした。
松江あたりで探すしかないかと思います。

+ 続きを読む

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 応仁・文明の乱(1467~1477)の頃
築城者 山名宗之
主要城主 吉川氏、中村氏、加藤氏、池田氏
文化財史跡区分 国指定史跡
主な関連施設 米子市立山陰歴史館
主な遺構 本丸、二の丸、石垣、天守台
住所 鳥取県米子市久米町
問い合わせ先 米子市観光協会
問い合わせ先電話番号 0859-37-2311