しのわきじょう

篠脇城

岐阜県郡上市

別名 : 郡上城
旧国名 : 美濃

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

バスツアーでの訪問 (2021/11/11 訪問)

11/11にバスツアーにて篠脇城跡を訪問致しました。
ここの特質は、畝状竪堀群がくっきりと分かるということです。
篠脇城の戦国の庭園は、山麓にあり国指定になっております。
その戦国の庭園跡が、山腹の山城に屋敷跡と共に発掘されたことであります。
今までも、一乗谷城のように山麓では戦国の庭園は発見されておりますが、山城で発見されたのは初めてです。
そして、11/27に現地説明会があり翌日には地元の岐阜新聞に掲載されました。
そして、大桑城でも同じように山城で戦国の庭園が発掘されています。
篠脇城東氏、大桑城は土岐氏ですが岐阜県で2箇所も戦国の庭園が発見されたことになります。
来年、大桑城への見学会もあるので早速申し込みました。
また、来年はリニューアルオープンする福山城と岡山城が有ります。
一乗谷朝倉氏遺跡資料館の前に、新しく一乗谷朝倉氏遺跡博物館が来年の10月にオープン致します。
朝倉館の原寸再現や一乗谷の城下町ジオラマや遺構展示室に加えて探究ラボでの体験学習で出来、朝倉氏の歴史や遺構の見所などわかりやすく紹介されます。
また、山城サミットが恵那市で来年は開催されます。
来年も新しい発見がありそうですね。
にのまるさん、東京都の城びと登録城を制覇されたそうで、本当におめでとうございます。
江戸城36見附を歩かれた情報を拝見し、江戸城のスケールが大きさを実感しております。
人々の往来を監視し、江戸城を防衛する軍事施設が見附なのですが、
内郭は周囲約7.8Kmで、外郭は周囲約16Kmもあるのですね。
これを歩かれたにのまるさんには敬服致します。
そこで、外郭の門は殆どが枡形を形成していて、土橋、高麗門、櫓門がセットになっておりますね。
ただ、喰違門だけが外郭門の中で唯一枡形にならない虎口となっていますね。
木戸門だけで、石垣も櫓門もなかったようです。
何故、ここだけ枡形にならなかったのでしょうか?
疑問を持ちました。
喰違門が真田濠と弁慶濠の分水嶺に位置していたことが影響したのでしょうか?
牛込門と市ヶ谷門は、東西の堀の水面の高さが異なっていて、小さな滝で水量を調節していたのですね。
牛込橋には、現在も二段の滝があるそうです。
山下門は、最も小さな門だったので櫓門は置かれなかった。
枡形門ではあるが、直進して中に入れたようです。
もう一つ、面白い門が有りますね。
芝口門は、朝鮮使節来日の際に国威を示すために設けられた門なのですが、焼失してのちは再建されないで、また石垣も撤去され、芝口門そのものが廃止されたのですね。
だから、江戸切絵図には新橋としか載っていません。
このように、各門がユニークでありそれぞれ個性を持っていたことが分かりました。
にのまるさん、貴重な情報ありがとうございました。
また、来年も宜しくお願い致します。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くっしー

【現地説明会】山上の主郭から庭園の遺構見つかる!! (2021/11/27 訪問)

篠脇城は元々山麓から東氏の庭園が見つかって、名勝に指定されているのですが、今回の発掘調査では、山上(標高486m)の主郭から庭園の遺構が見つかりました。

昨年度の調査では礎石建物、石垣などの遺構が見つかっているのですが、性格不明の遺構も見つかっており、この不明遺構の性格を確定するために今年度の発掘が行われたそうです。その結果、大きな景石や青みのある川原石などが見つかり、庭園としての意匠を備えた遺構である可能性が出てきたということです。

遺物としては、天目茶碗、擂鉢、土師器皿(かわらけ)、青磁や白磁の中国産磁器などが見つかっているそうです。

これらの調査成果を踏まえると、詰城としての性格が強いと考えられていた篠脇城が、実は居館としての性格を多分に持っていた可能性が高いということです。山上のお城が戦いのときに立てこもるだけの場所ではなく、日ごろから人々が住み、時には宴会なんかもここでやっていたんだろうなということが想像されます。

地表面の観察だけではわからないことが発掘調査では明らかになってくるので面白いですよね!!

でも、今回の調査でよくわからなかったこともあるみたいです。
昨年の段階で、主郭の端に立石が二つ並んで見つかっていました。おそらく虎口であろうということで、その間を掘ったところ、石臼の破片が見つかっています。すなわち、虎口として使われていたけど、のちに埋められてしまったということです。とすると、この主郭では途中改修などが行われていた可能性もあるわけで、どの様な変遷がそこになったのかということを検討していく必要があると思います。また、庭園、虎口、礎石建物の存在は明らかになりましたが、その全体像(主郭の中の構成)ははっきりしていません。
今後の調査に期待です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くっしー

残念!!写真ではこの城の凄さは伝わりません。 (2021/05/04 訪問)

写真よりは縄張図の方が伝わるかなと思って一枚目に縄張図の写真を挙げたのですが、実際に登ってもらうのが一番いいと思います。

いわゆる畝状竪堀群が有名なお城で、その数が半端ないです!!

普通、こういうのは敵が攻めてくる可能性が高い一方だけに築かれることが多いのですが、

360度張り巡らされているということは、それだけ戦国の世に生き残るのがが厳しくなっていたということですかね。

それから、竪堀以上に感動したのは「切岸」です。

非常に急こう配で高さがあります。近世のお城で言えば高石垣に相当するといっても過言ではないと思いますよ。

車は「古今伝授の里フィールドミュージアム」に駐車できます。

麓には国名勝東氏館跡庭園があります。篠脇城はこの東氏の居城です。

東氏9代目の東常縁(とうのつねより)は歌人としても有名で日本史の教科書にも出てきますね。

東氏記念館や大和文化財収蔵展示館には貴重な史料が展示してありますので、そちらにも是非足を運んでみてください。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

じゅんじん

郡上の名城 (2010/04/25 訪問)

縦堀うじゃうじゃ♪

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 東氏村
築城年 鎌倉時代後期
主な城主 東氏
廃城年 天文10年(1541)
遺構 曲輪、櫓台、堀切、横堀(空堀)、礎石、畝状竪堀
指定文化財 県史跡(篠脇城跡)
再建造物 碑、説明板
住所 岐阜県郡上市大和町牧志の脇
問い合わせ先 郡上市役所大和振興事務所振興課
問い合わせ先電話番号 0575-88-2211