あぎじょう

阿木城

岐阜県中津川市

別名 : 安木城
旧国名 : 美濃

投稿する
大手道の虎口
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

イオ

シンプルでも見応えあり (2022/10/22 訪問)

城ヶ峰と呼ばれる丘陵の頂部に位置する山城で、築城主や築城時期等、詳細は不明ですが、戦国末期の東美濃での武田氏と織田氏の勢力争いの中で活用されたものと考えられます。

大手道登城口の駐車場に車を駐めて登城開始。それなりに歩くことを覚悟していたら、3分弱で南端の虎口に着いてちょっと拍子抜け。虎口の両側には曲輪が設けられ、大手道を攻め上ってきた敵に横矢が掛かるようになっています。虎口を抜けた先には竪堀がありますが、藪に沈んでいてわかりづらい状態でした。

登城道を進んで南側の虎口から主郭へ。阿木城は円形の広大な主郭を帯曲輪や腰曲輪が取り巻き、北東尾根と西尾根を堀切で断ち切ったシンプルな縄張ですが、主郭の切岸は鋭く高さもあり、西から南西下にかけての帯曲輪には土塁が設けられていたり、シンプルながら堅固な造りになっています。また、西尾根の堀切は普通の規模(深さ2mほど)ながら、主郭より高い位置から続く北東尾根には幅10m、深さ6mの巨大な堀切が設けられていて、外側の切通道と併せて二重堀切になっている上に、堀切の西端は直角に北に折れて竪堀となり、東端は竪土塁が侵入を阻んでいます。

阿木城も山城サミット可児大会でリーフレットをもらい、いつか行こうと思っていました。ただ、縄張図を見る限りでは単郭の小さな山城という印象で、さほど期待はしていなかったんですが、切岸は鋭く高く、虎口や堀切にも技巧が凝らされた小さくても見応え充分の城でした。縄張図だけではわからない良さがありますね。また、案内表示や説明板もあちこちに設けられていて、とても大切にされている城だと感じました。
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

赤い城

程よい整備された良い城 (2022/10/09 訪問)

住宅地の間の細い道を登ると数台駐めれる駐車場があります。
獣避けの柵があり、これを開けて登ります。
脇にパンフレットと杖も置いてありました。
そんなには登りません。
まずは西側の堀切を目指しました。
まずまずの堀切がありました。
引き返し、主郭に向かいます。
途中、帯曲輪や土塁が残っています。
主郭は円形で南北に虎口がありました。
さらに東側の堀切は二重となり、縦土塁も残っています。
詳細は不明ですが戦国時代に武田氏か織田氏のどちらかによって築かれたとされています。
地元の方によって程よく(これが肝心)整備された城。是非訪れてほしい城です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

やなぎぶそん

本格的な登山かと思いきや (2019/10/26 訪問)

本格的な登山になるかと覚悟していきましたが、主郭へは登山口から10分程で着きました。 小さな山城って感じです。 曲輪や堀切などが見られます。 地元の方々がきれいに整備しており、私が行ったときにも草を刈っていました。

+ 続きを読む

明知鉄道に乗って (2020/03/21 訪問)

 主郭を中心に腰曲輪を周囲に段々に配置するというシンプルな縄張りですが、虎口、土塁、竪堀等を認め、特に切岸は迫力があります。西側の堀切と北の連続堀切は見所だと思います。
恵那駅から明知鉄道に乗り阿木駅で下車。阿木駅から徒歩10分弱くらいの所に登城口があります。獣除けの扉を開けて少し歩くとすぐに城域となります。道も山も手入れされていて歩きやすく、標識も充実して見学しやすい城址です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 不明
築城年 戦国時代
主な城主 遠山氏
遺構 曲輪、堀切
指定文化財 市史跡(阿木城跡)
住所 岐阜県中津川市阿木