続日本100名城

うだまつやまじょう

宇陀松山城

奈良県宇陀市

別名 : 秋山城、阿紀山城、神楽岡城
旧国名 : 大和

投稿する
宇陀松山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

イオ

周辺の中世山城遺構 (2023/01/07 訪問)

(続き)

天守郭から東下の大御殿に降りて振り返ると、周囲に横堀をめぐらせた天守郭が聳え立っています。大御殿の南部には南東虎口部(大門)が開口し、石垣積みの櫓台を両脇に設け、石段や門の礎石も見られました。

虎口を出て堀切を越えて二の丸へ。大御殿と二の丸間の堀切あたりまではきれいに刈られていますが、二の丸は全く手つかずのため少し躊躇するも、虎穴に入らずんば…と覚悟を決めて笹藪に突入。二の丸内もほぼ藪ながら奥に進むにつれ多少はましになり、南東隅の櫓台も何とか確認できました(ただし写真で見るとただの藪)。二の丸から南西に続く尾根筋は堀切(現状は切通道)で断ち切り、南東隅の櫓台下には横堀がめぐり、東尾根にも堀切が設けられています。また、大御殿との間の堀切にあわせて北東下には竪堀も見られました。

大御殿に戻り、北東の御加番曲輪を経由して北麓へ。御加番曲輪の麓をめぐる横堀の堀底を西に進んで少し行くと、二重の堀切を竪堀で繋いだ大きな土の遺構が見られました。

…ということで、巨大な横堀に枡形虎口、石垣を備えた近世城郭に改修された宇陀松山城ですが、天守郭東側の曲輪群の周辺には秋山城当時のものかは不明ながら堀切や竪堀など中世山城の遺構も見られ、二重に堪能させてもらいました。本丸周辺はよく整備されていますので、あとは二の丸の笹藪を何とかしてもらえれば…。ともあれ、十二分に満足のいく城始めとなりました。やっぱり続100名城に選ばれるだけのことはありますね。
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

イオ

破却された近世城郭 (2023/01/07 訪問)

宇陀郡の有力国人・秋山氏が南北朝期より本城とした秋山城を前身とし、豊臣秀長の大和国入りに伴って秋山氏が退去した後は豊臣家配下の諸将が城主となって近世城郭に改修。大和郡山城、高取城とともに大和国支配の拠点となりました。関ケ原の戦いの後は福島高晴(福島正則の弟)が入って城下町を整備し松山城に名を改めましたが、大坂夏の陣で豊臣方に内通した嫌疑を受けて改易され、松山城も小堀遠州らによって破却されました。

今年の城始めは、一年の計に則って近場の続100名城から。道の駅の第2駐車場に車を駐め、千軒舎の脇を抜けて登城開始。登城道は舗装された広い道で、奥には10数台は駐められそうな駐車場も整備されていますが、なぜか車は通行止めになっています。登城口から10分あまりで春日神社からの大手道と合流し、切通状の道を進んだ先に巨大な横堀が横たわっていました。横堀は折れを伴って御加番曲輪の西辺をめぐっていて幅も高さもあり、堀底に立ってみるとよじ登ることもできないまま四方八方から撃たれ放題を実感します。新年早々のド迫力に気分を高揚させて先に進むと、南西虎口部(雀門跡)には石垣と石段が見られ、そこから左に折れてさらに右に曲がる連続枡形が続いています。枡形内の石垣もしっかり遺っていて、ここで早くもテンションMAX! 幸先の良い一年のスタートになりました。

御加番曲輪にちょっと寄り道(横堀を見下ろす)してから本丸へ。本丸には発掘調査により本丸御殿をはじめとする礎石建物が確認されており、南東部と西部に虎口を設け、周囲を多聞櫓で囲んでいたようです。南東虎口にはトラロープが張られて通行できなくなっていましたが、石垣と石段が確認できました。本丸からは四方に眺望が開け、大峰山をはじめとする周囲の山並みを見渡すことができます。本丸の東側一段上の天守郭には発掘調査により天守の存在が明らかになっており、北側の虎口には石垣積みの付櫓跡が見られます。天守郭はかつては総石垣だったようですが、破却され土や草に埋もれながらもあちこちに石垣が覗いています。最高所の天守郭からは城内がよく見渡せ、東下にはいくつかの曲輪群が連なっていますが、降りて行く道が見当たらないので直降して向かいました(続く)。
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

宗春

紀伊半島中央突破シリーズその1 宇陀松山城 (2022/11/21 訪問)

紀伊半島中央突破シリーズその1
地元の友人と一緒に名古屋から紀伊半島の中央を車で突破してきました。

車を「道の駅宇陀路大宇陀」に停めて登りました。途中に駐車場があるのですが、何故か入口のところで「車両通行止め」でチェーンが。大した山登りではなかったので良いのですが。
城址では郭、石垣、堀などが見られ、まあまあといったところ。景色も良し。ただ、続百名城ならもう少し整備すればいいのにとは思いました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

宇陀松山城 (2022/09/01 訪問)

続日本百名城

+ 続きを読む

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 南北朝時代
築城者 秋山氏
主要城主 秋山氏、伊藤義之、加藤光泰、羽田正親、多賀秀種、福島高晴
文化財史跡区分 国史跡(宇陀松山城跡)
近年の主な復元・整備 福島高晴
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、門、石垣、堀切、横堀(空堀)、竪堀、虎口
住所 奈良県宇陀市大宇陀岩清水、春日、拾生
問い合わせ先 宇陀市商工観光課
問い合わせ先電話番号 0745-82-2457