すのまたじょう

墨俣城

岐阜県大垣市

別名 : 墨俣一夜城、一夜城
旧国名 : 美濃

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

姫街道

立地が魅力的 (2024/01/07 訪問)

当時と今とでは、周囲の河川状況も異なっているだろうが、似たような環境に城を築いていたのだろう。周囲を木柵で囲ってある点が面白い。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴーかる

立地を楽しむ (2023/07/15 訪問)

【墨俣城】
<駐車場他>墨俣城前駐車場<35.366311, 136.687069>に駐車6台程度しかないので満車ぎみ。
<交通手段>車

<感想>日帰り濃尾平野ちょこ城巡りの旅、第1弾12城目。墨俣城の築城は秀吉が築城したのならば稲葉山城攻略の少し前の1561年または1566年とされています。墨俣城の場所も比定地で1586年に木曽川の大氾濫がありその時流れが変わってしまったので川の状況も現在とは一致しないようです。資料館に出土した戦国期の兜が展示してあるのでこの近辺に軍事施設はあったのかもしれません。
 模擬天守のある資料館(入館料200円)は犀川と長良川の合流地点にあり立地はまさに洲股にあります。模擬天守最上階からの眺望は現在の岐阜城と名古屋方面の両方が見えて軍事上の重要なポイントだったことがよくわかります。模擬天守がなかなかいい感じなのでお城入門としてお子さんを連れていくには良い場所かと。もちろん限定御城印を購入してちょこ満足。

<満足度>◆◇◇

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

墨俣城 (2022/10/02 訪問)

大垣市指定史跡

+ 続きを読む

まあちゃん

墨俣一夜城 (2022/04/10 訪問)

ママの生まれた町のお城

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 平城
天守構造 複合式層塔型[3重4階/1991年築/RC造模擬]
築城主 羽柴秀吉
築城年 永禄4年(1561)?、永禄9年(1566)?
主な改修者 伊木忠次
主な城主 羽柴(豊臣)氏
廃城年 不明
遺構 消滅
指定文化財 市史跡(一夜城址)
再建造物 模擬天守(墨俣一夜城歴史資料館)、石碑、説明板
住所 岐阜県大垣市墨俣町墨俣1742-1
問い合わせ先 大垣市教育委員会事務局文化振興課
問い合わせ先電話番号 0584-47-8067