すのまたじょう

墨俣城

岐阜県大垣市

別名 : 一夜城、墨俣一夜城
旧国名 : 美濃

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

エグ1394

墨俣一夜城 (2020/07/19 訪問)

去年の9月依頼の訪問です。
7月から御城印が販売開始になったので
御千代保稲荷に行く途中で寄ってみました。
天気がよくてとても綺麗でした。
墨俣城は織田信長が美濃攻略のために、その前線基地として木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)に築かせた城と伝えられています。いわゆる「墨俣一夜城」として秀吉の立身出世の象徴として紹介されることが多い城ですが、不明な点が多く、その存在を否定する意見も多いです。現在、墨俣城があったとされる場所は公園として整備されており、模擬天守(墨俣一夜城歴史資料館)が建てられています。犀川越しに見る天守の姿は大変美しく、春には満開の桜に囲まれた天守を見ることができます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カモン掃部

模擬天守はインパクトのため (2020/07/07 訪問)

秀吉の出世話で有名なこの場所ですが遺構はなく代わりに模擬天守形ミュージアムがあります。
周りは川に囲まれており展望フロアからは北に稲葉山、西に大垣といかに墨俣が重要地点だったことがわかります。
模擬天守に否定的な意見はありますが、私は観光客向けのインパクトのためと思うことにします。

+ 続きを読む

dougen

2018.12.31登城 (2018/12/31 訪問)

只越城から長良川堤防沿いの道を南下すると立派な模擬天守が見えてきます。
その模擬天守がある場所は秀吉の一夜城で有名な墨俣城址となります。
墨俣城の場所は特定されていないものの、模擬天守のある場所は、犀川と長良川の合流地点で、地形的にはそれらしい場所となっています。
遺構はありませんが、秀吉が築城した当時には無かった立派な模擬天守建っています。
模擬天守は資料館となっていますが、年末年始は休業中でした。
意外の多くの方が訪れていて、秀吉はやはり人気はあるんだと感心しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くっしー

天守は完全なまがい物ですが… (2020/02/22 訪問)

模擬天守が資料館になっています。
入館料は200円で、5階まであります。

2階が面白かったな。
文献史料をもとに当時の様子がジオラマで再現されています。
その文献史料が古文書や現代語訳・イラストなどで説明をされていて、とても分かりやすかったです。

惜しむらくは、なんで遺構を壊しちゃったかなぁ~ということですね。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 平城
天守構造 複合式層塔型[3重4階/1991年築/RC造模擬]
築城主 羽柴秀吉
築城年 永禄4年(1561)?、永禄9年(1566)?
主な改修者 伊木忠次
主な城主 羽柴(豊臣)氏
廃城年 不明
遺構 消滅
指定文化財 市史跡(一夜城址)
再建造物 模擬天守(墨俣一夜城歴史資料館)、石碑
住所 岐阜県大垣市墨俣町墨俣1742-1
問い合わせ先 大垣市教育委員会事務局文化振興課
問い合わせ先電話番号 0584-47-8067