すのまたじょう

墨俣城

岐阜県大垣市

別名 : 一夜城、墨俣一夜城
旧国名 : 美濃

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

くっしー

天守は完全なまがい物ですが… (2020/02/22 訪問)

模擬天守が資料館になっています。
入館料は200円で、5階まであります。

2階が面白かったな。
文献史料をもとに当時の様子がジオラマで再現されています。
その文献史料が古文書や現代語訳・イラストなどで説明をされていて、とても分かりやすかったです。

惜しむらくは、なんで遺構を壊しちゃったかなぁ~ということですね。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

うっちー

秀吉の城🏯🏯🏰🏰💒💒 (2019/09/17 訪問)

墨俣に行きました✨🎁✨中は、資料がいっぱい楽しいお城です空いていてのんびりみれました。
天守閣はなんだかコンパクト
駐車場🅿が少なく困りました😅😰

+ 続きを読む

橋吉

墨俣城 (2010/11/17 訪問)

墨俣(現在の岐阜県大垣市墨俣町墨俣)は、美濃と尾張の国境で、長良川沿いに位置しています。
ここに城を築けば、岐阜城(当時は稲葉山城)まで、船で簡単にアクセスできるので、美濃攻めを目論む織田信長にとって喉から手が出るほどほしい土地ででもありました。

それゆえ、美濃側はこの地に築城することをけっして許さず、信長家臣の佐久間信盛、柴田勝家が試みるもあいつい失敗しました。
しかし、木下藤吉郎が名乗りを上げ、一夜にして見事に築き上げ、後の出世の出発点となったという伝説が残っています。

しかし、この立派な天守閣、そして太閤出世橋。一夜では出来んでしょ?
屋根にはしっかり金のシャチまでのっているし・・・・・!

バブル景気の最中、竹下内閣は「ふるさと創生資金」と銘打って全国の各市町村に1億円ずつバラ撒かれたことがありました。
このときに、史実に基づかない城を立てた自治体もいくつかありました。
墨俣町(当時)も、墨俣城の整備にその資金があてがわれたのでした。
かくして歴史にそぐわないデザイン・規模の天守閣のような建設物は作られ、反対した議員名は瓦に記されたとか・・・・(ニュースで聞いた覚えがあります)

このようないきさつもあり、墨俣城はマニアの間では酷評なのです。

天守閣に見える建物は、大垣市墨俣歴史資料館となっています。
歴史資料館は「墨俣の歴史」「墨俣築城」「豊臣秀吉について」などがわかりやすく展示され、これ自身はなかなかよいものでした。
史実に基づかない天守閣ではなく、地元ゆかりの建築デザイナーなどに設計した建物にすればよかったとおもいます。

資料館によると墨俣城は一夜ではなく数日の昼夜突貫工事で作られたと考えられているそうです。
秀吉が成功した秘訣は、
① 木曽で木を切り出し、木曽川を下降しながら製材・加工・蓄材を
    それぞれ別の場所で行い、現地では組み立てるだけのプレハブ工法を用いた。
② 美濃側に「北勢攻めの準備をしている」とのウソの情報を流した。
③ 失敗に終わった前任者は土塁で敵襲を防ごうとしたが、
    秀吉はまず馬防柵を張り巡らせた。
ことがあげられるようです。

けっきょく、現地で一番史実に基づいているのがこの馬防柵ということでしょうか。


最上階から金華山を臨みました。山頂に岐阜城が確認できます(山麓の建物は岐阜県庁です)。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

街道おじさん

墨俣城登城 (2019/03/01 訪問)

墨俣一夜城で有名。織田信長の美濃攻略の原動力となった城。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 平城
天守構造 複合式層塔型[3重4階/1991年築/RC造模擬]
築城主 羽柴秀吉
築城年 永禄4年(1561)?、永禄9年(1566)?
主な改修者 伊木忠次
主な城主 羽柴(豊臣)氏
廃城年 不明
遺構 消滅
指定文化財 市史跡(一夜城址)
再建造物 模擬天守(墨俣一夜城歴史資料館)、石碑
住所 岐阜県大垣市墨俣町墨俣1742-1
問い合わせ先 大垣市教育委員会事務局文化振興課
問い合わせ先電話番号 0584-47-8067