続日本100名城

すもとじょう

洲本城

兵庫県洲本市

別名 : 三熊城
旧国名 : 淡路

投稿する
洲本城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

昌官忠

2022夏の青春18キップ遠征2日目:洲本城 (2022/07/21 訪問)

炬口城からの転戦です。洲本市立淡路文化史料館(34.340542、134.9018)で続100名城スタンプ押印後、月見台駐車場(34.336771、134.904688)に向かいました。

築城年代は諸説あり定かではないようですが、室町時代後期に安宅氏によって築かれたと云われています。
1581年(天正9年)織田信長の命により、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)が淡路国の攻略に乗り出すと、時の城主安宅清康は羽柴秀吉に破れ降伏します。
1582年(天正10年)四国の長曾我部氏が淡路土着の菅平右衛門に命じて洲本本丸跡の石垣城を占領しますが、明智光秀との山崎の合戦に向かう秀吉は武将の仙石秀久を淡路に差し向け、洲本城を奪還します。
1585年(天正13年)秀吉は洲本城から出陣して四国攻めを開始。戦後、仙石秀久が高松城主になると、脇坂安治が洲本城主となり、城の本格的大修築を行い、今日に洲本城跡の石碑残る規模の城となったそうです。
1609年(慶長14年)脇坂安治は伊予大洲に移封。替わって洲本城は徳川家康の腹心である藤堂高虎、次いで姫路城主池田輝政の支配下に置かれました。
1615年(元和元年)徳島藩主蜂須賀至鎮が大坂の陣の軍功により淡路一国8万石を加増されます。
蜂須賀氏は平和な時代になったため、三熊山の麓に御殿を設け、蜂須賀氏の重臣である稲田氏を城代とし、以後、洲本城は蜂須賀氏の支城として、城代の稲田氏が代々居城して明治維新を迎えます。

小規模でかわいらしい天守はかつて展望台として登る事ができたそうですが、耐震性の問題で現在は登る事ができません。
海や町並が見える絶景です。石垣は思いのほか残っていて、迫力がありましたが補修中の石垣がありました。
攻城時間は45分くらいでした。次の攻城先=養宜館に向かいます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

おっちゃん

国史跡洲本城跡案内図 (2019/07/13 訪問)

現地案内板より抜粋。

+ 続きを読む

朝田 辰兵衛

【城と看板】城ふぉとコンテスト📷 (2020/11/15 訪問)

読み出したら止まらない…。

+ 続きを読む

カズサン

総石垣で山頂と麓を一体とした城郭 (2010/03/20 訪問)

 12年前の平成22年3月下旬洲本城を探訪したくて明石海峡大橋横風が吹く中、手に汗をかきながら走行した思い出の有る洲本城登城です。
 洲本城は天正13年(1585年)に賤ヶ岳七本槍の脇坂安治が城主と成り現在みられる城郭に完成、文禄・慶長の役参戦経験が山頂の城郭、麓の城郭、その間を結ぶ西と東の登り石垣の一体構造の城郭を造り上げたのでしょう。信長、秀吉の時代を経験した武将の実力なのでしょうか、それにしても素晴らしい織豊系の城郭を残してくれました。 脇坂氏の前、後の時代の変遷は省略します。

 車は三熊山に在る、洲本城馬屋の南下に無料専用駐車場が有りそこを利用。

 登城ルート:駐車場、馬屋・見晴らしが素晴らしい、大手門跡、東の丸日月井戸側の南側石垣城塁を西へ、南の丸下・境目が分かる拡張石垣、南の丸下虎口、本丸大石段、本丸内部へ、天守台、小天守台、渡櫓台、昭和3年に出来た模擬天守に登る・風に吹かれると不安を感じる登閣でした、本丸搦手虎口、西側の搦手口、南の丸内部、籾蔵跡、西の丸、矢穴の入った残念石、戻って、東の丸上部、東二の門跡、武者溜、東一の門跡、東西の登り石垣は樹木に覆われいて確認出来ず、降って麓の居館部を探訪、浜に面した側に櫓台付き石垣城塁が北面を守って居り前面は水堀に成っている。居館部の西側に洲本八幡神社が在り蜂須賀氏時代金天閣御殿式台が移築され残っている。

 山頂の郭麓の居館供車で廻れて便利なうえ、素晴らしい石垣、曲輪が残って居り今回は登り石垣を確認してませんが、伊予松山城、彦根城と登り石垣の実態が確認できる上下城郭部一体の見本のような城郭です。
 是非大事にして後世に残して行きたい城郭ですが、風化の痛みが感じられますので今後の整備保全を見守って行きたい城です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 山城、平城
築城年代 室町時代後期
築城者 安宅治興
主要城主 安宅氏、仙石氏、脇坂氏、藤堂氏、池田氏、蜂須賀氏
文化財史跡区分 国史跡(洲本城跡)
近年の主な復元・整備 脇坂氏(山城)、蜂須賀氏(平城)
天守の現況・形態 連結式[階層不明/1587年頃築/破却?]、独立式層塔型[4重4階/1928年築/RC造模擬]
主な関連施設 模擬天守
主な遺構 曲輪、石垣、天守台、堀
住所 兵庫県洲本市小路谷1272-1
問い合わせ先 淡路島観光協会
問い合わせ先電話番号 0799-25-5820