あんじょうこじょう

安城古城

愛知県安城市

別名 : 安祥古城
旧国名 : 三河

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

にのまる

古城址 (2022/05/21 訪問)

小径に入り見えてきたのはお社の建つ小さな土壇ですが、説明板の「市指定史跡」の文字に居住まいを正し読んでみると、平安・鎌倉・室町時代にかけていくつもの説や歴史をもつお城とあり、大切に守られている場所だということを知りました。安城古城の名称にも得心です。
側面から見ると、城目線で見てしまうこともあり土塁跡だろうかと思ってしまうのですが、そうであってもなくても、大事なのは土地の歴史を後世に伝えることなのだと思いました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

じゅんじん

三河コンプリート♪ (2021/12/30 訪問)

駐車場がありません。近くのスーパーに停めさせてもらいました。土塁上にお社があり鳥居前に説明板がありました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

🏯城好きのメガネ

「安城古城」 (2020/03/28 訪問)

<オススメ>★☆☆☆☆
安城古城は、鎌倉時代に地頭であった安藤氏が居館を築いたとされる。室町時代には、足利幕府の奉公衆であった畠山宗元が代官を命じられ下向する。その後、和田氏を名乗り、和田氏五代の本拠となった。永享の乱の後、新たに安祥城を築城したため廃城となった。現在、遺構は消滅している。

<アクセス>
名古屋鉄道西尾線 南安城駅 徒歩15分

+ 続きを読む

姫街道

対織田における松平の前線 (2020/11/29 訪問)

城びとの地図でいくと住宅街の中、狭い交差点付近にたどり着く。北を向くと竹藪と、いかにも城道っぽい狭い道。少し竹藪に向かって歩けば、そこが古城跡であった。古城らしくギリギリの土盛。ただ、市指定にしてあるところは、さすが安城市。織田信長の父織田信秀対家康の祖父松平清康の勢力争いがこの地であった事に想いを馳せる。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 平城
築城主 不明
築城年 平安時代後期
主な城主 安藤氏、和田氏、多門重則、酒井左衛門
遺構 消滅
指定文化財 市史跡
再建造物 説明板
住所 愛知県安城市安城町社口堂