続日本100名城

たまるじょう

田丸城

三重県度会郡

別名 : 玉丸城
旧国名 : 伊勢

投稿する
田丸城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

カズサン

主要部石垣が綺麗に残ってます (2005/01/11 訪問)

 北畠氏が築城し織田信長伊勢に侵攻し次男信雄を北畠家の養子とし家督を継がせ伊勢を支配、石垣造りに大改修し天守台には三重天守が築かれたとか、天正8年(1580年)火災で焼失し松ヶ島城へ新城を築く、天正12年(1584年)蒲生氏郷が伊勢に入り与力大名の田丸直昌を再度田丸城主とした、蒲生氏会津移封後に稲葉氏が入り関ヶ原の戦功で加増を受け城の大改修をしたようです、元和5年(1619年)紀伊徳川家領となり、田丸城は付家老元遠江久野城主久野氏の治める所となった、以後明治まで続く。

 城跡は田丸山西丘陵部に南から二の丸、本丸、本丸上北側に天守台、北の丸を構えた連郭式、東下に三の丸御殿屋敷、内濠で囲み更に外郭を外濠で囲って居る。
 現在三の丸跡に玉城中学校、外郭部に玉城町役場、保育園、体育館、広場、村山龍平記念館、旧三の丸御殿奥書院が在ります。

 17年前の平成17年1月中旬三重県伊勢出張の帰り、車を玉城町役場駐車場に駐めて探訪見学しました。
 探訪は玉城中学校を北に回り込むように車道が有り歩いて行くと富士見門、本丸下辺りに着き、重層の石垣群を眺める、本丸に入り天守台、同穴蔵、東下は本丸への虎口枡形か?石垣が囲ってる、西方面は数段の腰曲輪が在り土塁土仕上げ、田園が見渡せる、南に堀を切られ二の丸、北に堀を挟んで北の丸、下りて内堀と三の丸への枡形虎口、外郭大手門跡、枡形虎口と土橋の左右には外濠が良く残っている。その後元三の丸御殿奥書院も見学しましたが写真は有りません。
 主要部の天守台、本丸、二の丸、北の丸と三の丸虎口枡形内濠沿い、大手門跡桝形外濠沿いには石垣がよく残って居ます、三の丸、本丸下からの重層石垣群の眺めは素晴らしい。
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

田丸城 (2022/08/28 訪問)

続日本百名城

+ 続きを読む

山口駿河守幻夢斎

田丸城跡 (2022/04/01 訪問)

続日本100名城。最寄駅からは徒歩数分ですが、名古屋から行くのは、めっちゃ遠い。電車の本数も少ない。

北畠氏の城をのちに、北畠を乗っ取った織田信雄によって改修を受け、近世城郭と中世城郭の両方の遺構が楽しめる贅沢な城跡。

近年、豪雨被害があったようで、以前、訪れた時は無残な状態だったが、いくらかは立ち直っていた模様。

江戸時代には、紀州藩領として、紀州藩の家老が城代として派遣されていました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

おっちゃん

田丸の町並み (2017/01/28 訪問)

現地案内板より抜粋。

+ 続きを読む

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 延元元年〔南朝〕/建武3年〔北朝〕(1336)
築城者 北畠親房、北畠顕信
主要城主 北畠氏、織田氏、田丸直昌、久野氏
文化財史跡区分 県史跡(田丸城跡)
天守の現況・形態 型式不明[3重/1575年築/焼失(火災)]
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、天守台、石垣、横堀(空堀)、門、奥書院
住所 三重県度会郡玉城町田丸字城郭114-1他
問い合わせ先 玉城町教育事務局
問い合わせ先電話番号 0596-58-8212