続日本100名城

ふくちやまじょう

福知山城

京都府福知山市

別名 : 横山城、掻上城

投稿する
福知山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

SIN

福知山城 (2020/02/14 訪問)

福知山城に行って来ました!

まずは、城入口にある福知山市佐藤太清記念美術館へ!この建物の2階が今年の1月から1年限定で福知山光秀ミュージアムになっています。規模はめちゃくちゃ広くは無いですが、パネル展示や貴重な資料なんかがあり個人的には良かったかと。

城は坂を登ってたら一部がキレイに舗装され、城内も前回来たときは靴を脱いで入ってましたが土足のまま入れて、撮影も禁止のマーク以外の所は撮影可となって変わりようにびっくりでした。御城印も桔梗紋が入ってありがたいです。

ミュージアムと城の入館券がセットになって700円販売されていますので(別々で買うと高くなるのが当たり前なので)、セットのチケットをぶらぶら見て回るのが良いと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

勝野武士

本年初登城は光秀の城から! (2020/01/26 訪問)

今回、突然思い立って行ってみたのは、本年初登城となります福知山城です。
個人的には三度目ぐらいの訪問となります。

今年の大河ドラマの主人公であり、福知山の町の基礎を築いた明智光秀のお城ですからね、幟がいっぱい!流石になかなかの盛況振りです。観光バスも何台か見かけました。何度となく福知山城に来ておりますが、やはり一番賑やかな気がします。
『福知山光秀ミュージアム』が開催されているとのことで、迷わず天守(歴史資料館)とのセット券を購入。
光秀や秀満の書状などが展示されており、また光秀の肖像画の原本も期間限定で公開されるとのことです(普段は複製)。とても見応えがありました。

そしていよいよ天守へ。
現在の経路は当時のものではなく明治になってから。往時の経路は二ノ丸からなのですが、二ノ丸のあった丘陵地は廃城後にそのものが削り取られ、本来の導線が永遠に失われてしまったことは誠に惜しまれます。
本丸の一部も削られたり改変されたりしているようで、当時を偲ぶことができるのは天守台と天守曲輪、そして本丸の一部と伯耆丸のみとなっております。
しかしそんな中でも建造物が現存しています。二ノ丸に通じる正門であった銅門の番所が本丸に移築され現存しています。旧城内で唯一現存する建造物ですので、必見ですね。
その他には、市内に城門も移築されているようです。
また、転用石の多さも見どころの一つで、本丸以内だけで500以上もあったそうです。石材も非常に多彩なように見受けられます。如何に光秀が石材集めに苦労したかがわかりますね。

と、世間は光秀一色で皆様ご存知の通りなので、あえてその流れに逆らって、歴代城主の中でも稲葉淡路守紀通を取り上げてみます。
素行不良で評判もよろしくなかったという彼の治世は24年。元々水害が多く収穫高が上がらなかった福知山において重い年貢を課し、農民に対して「農民のせいで狩りの獲物が穫れない」と理不尽な理由で村民を虐殺したりと、まさに暴君による苛政。福知山における暗黒の時代だったように思います。
そんな彼が「家臣と寒鰤で酒が呑みたいから、寒鰤100本ほど融通してほしい」と隣国の丹後宮津藩の京極高広(この人もアレな殿様でしたが…)に書状を送りました。高広は「幕府への賄賂に利用されてはたまらぬ」と、寒鰤の頭を全て切り落として送りました。
その寒鰤を見た紀通は激怒!寒鰤を踏み潰して捨てた後、「丹後から入ってきた者は皆殺せ!」と命じて実行してしまいます。
驚いた高広は直ちに幕府に報告。さらに他藩からの飛脚を殺してしまったことで事が露見し、幕府は追討令を出して福知山城を包囲する事態に発展しました。
紀通は何を思ったか先祖代々からの甲冑を身につけ天守に立てこもり火縄銃を城下に向けて乱射!最期はそのまま拳銃自殺を遂げたそうです。
いやはや、福知山にとっては本当の黒歴史ですね。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

むうさん

福知山城 (2020/01/26 訪問)

大河ドラマが始まったので行ってみました。
優雅な雰囲気の天守です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

まーやん

大河ドラマ館② (2020/01/19 訪問)

場所は城内にある佐藤太清記念美術館の2階です。
さほど亀岡の大河ドラマ館と被らず、ドラマに関するものや資料の展示、映像があります。亀岡とはまた違うソースで仕上がり、こちらもなかなかです。
お城の展示と併せ光秀の丹波平定にかかる中丹での最終局面がよく分かるような気がします。
余談ですが、本丸跡には光秀が喋る自販機があり人気を博しています。不正を働こうものなら謀叛のしっぺ返しを食らいます(笑)
近くには光秀を祀る御霊神社があるほか、高級栗洋菓子や鳥料理、牡蠣専門店などもあります。
ここを起点に鬼ヶ城はじめ黒井城など丹波の城跡を訪れるのもおすすめです。

+ 続きを読む

イベント情報

  • 2020年05月17日(日)~2020年05月17日(日)

    福知山城

    【秋ごろまで延期】第19回親子名城見学会 福知山城(京都府)

    *秋ごろまで延期* NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で話題の明智光秀が築城した名城。絵図に基づく外観復元天守と、五輪塔や宝篋印塔などの転用石が多い石垣などが見どころです。募集人員:先着順で30組 応募方法:往復はがき 参加費:小中学生と保護者1名は無料 ※往復交通費は各自ご負担 詳しくはサイトでご確認ください

    • 会場名福知山城
    • 住所京都府福知山市字内記1
    • お問い合わせ公益財団法人日本城郭協会 TEL:03-6417-9703 電話受付:11:00~15:00〔土日祝日を除く〕 メール:info-jokaku@kna.biglobe.ne.jp
    • URLhttp://jokaku.jp/2020/02/17/0019/

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 天正7年(1579)頃
築城者 明智光秀
主要城主 明智氏、有馬氏、岡部氏、稲葉氏、松平(深溝)氏、朽木氏
文化財史跡区分 市指定史跡
近年の主な復元・整備 昭和61年(1986)に天守を再建、内部は福知山市郷土資料館
主な関連施設 福知山市郷土資料館
主な遺構 本丸、石垣
住所 京都府福知山市字内記
問い合わせ先 福知山市教育委員会生涯学習課
問い合わせ先電話番号 0773-24-7065