続日本100名城

ふくちやまじょう

福知山城

京都府福知山市

別名 : 横山城、掻上城

投稿する
福知山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

まーやん

大河ドラマ館② (2020/01/19 訪問)

場所は城内にある佐藤太清記念美術館の2階です。
さほど亀岡の大河ドラマ館と被らず、ドラマに関するものや資料の展示、映像があります。亀岡とはまた違うソースで仕上がり、こちらもなかなかです。
お城の展示と併せ光秀の丹波平定にかかる中丹での最終局面がよく分かるような気がします。
余談ですが、本丸跡には光秀が喋る自販機があり人気を博しています。不正を働こうものなら謀叛のしっぺ返しを食らいます(笑)
近くには光秀を祀る御霊神社があるほか、高級栗洋菓子や鳥料理、牡蠣専門店などもあります。
ここを起点に鬼ヶ城はじめ黒井城など丹波の城跡を訪れるのもおすすめです。

+ 続きを読む

まーやん

テレビ出まくってます (2020/01/19 訪問)

最近、大河ドラマ「麒麟がくる」の影響で光秀の城としてテレビ出まくってます。
それ以前に、「続日本100名城に行こう公式スタンプ帳つき」の表紙カバーに採用され目に触れるようになりました。
石垣に転用石が多用されていることでも有名となり、増殖中の石垣フェチの方々も惹き付けています。
何かと話題の城跡ですが、光秀が関わったのはたった三年、しかも城代は婿の秀満です。
しかし、亀岡(旧名:亀山)同様、福知山でも光秀は民に愛されまくっています。

光秀没後、城主は目まぐるしく代わりますが、朽木氏となり幕末まで安定します。本丸内には朽木氏時代に作られた本丸内では日本一の深度と言われる井戸が残っています。
朽木氏により、福知(智)山と名付け、善政を敷いた光秀を祀ることが許され、御霊神社の祭神として合祀されました。そんな所縁で家中軍法など数点の文書が残っています。家中軍法は信長の恩を説きまくっていますが、本能寺の変の丁度一年前の6月2日に発布されたとして注目されています。
近くを流れる由良川の氾濫を和らげるため流れを変え堤防を築き竹を植え(明智藪)、合流する土師川をうまく利用し城内に船付場を整備したあたりは坂本城の経験が生きているかも知れません。
こじんまりとした丘陵地を中心に総構えが形成されており、見所満載のお城です。
転用石と併せ、増築時の境目や異なる積み方がされている点など石垣だけでも楽しめる城跡です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

2度目の続日本100名城スタンプラリー・7城目 (2020/01/11 訪問)

開城時刻に合わせて、京都駅から山陰本線にてアプローチしました。JAF割で福知山光秀ミュージアムとの共通券560円を購入したのですが、間違ってミュージアムの方の半券を切り取られしょんぼり。しかも、ミュージアム開館初日ということで開館時刻は14時。またの機会のお楽しみとなってしまいました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

橋吉

明智光秀の城 (2020/01/11 訪問)

大河ドラマの影響で訪問者急増が予想される福知山城
人混みを避けたいならば、できるだけ早く訪れるのが吉
というわけで、急いで訪問することにしました。

5:30に自宅を出発、東名阪-新名神-名神-京都縦貫-舞鶴若狭道と走って、福知山城公園駐車場に到着したのが8:30でした。
10年前に訪れたときは有料だったこの駐車場ですが、何と無料になっていました。
さらに、駐車場周辺には、以前なかった、土産物店や飲食店ができていました。

20分ほど車内でYouTubeを見てすごし、9:50ごろ登城しようと車外へ出たところ、紳士に声をかけられました。
なんと、1月4日(土)NHK総合テレビ放映された「あなたも絶対行きたくなる!日本最強の城 明智光秀スペシャル」に出演された方で、四季折々の福知山城を撮り続けているアマチュアカメラマンでした。
しばらく、話をしてから、いざ登城!

この日から1年間、2階で「福知山光秀ミュージアム」が開催されます。
14:00に開館式が行われるので、関係者が準備に走り回っておられました。

福知山城は丹波国を平定した明智光秀によって築かれた城です。
天守は1985(昭和60)年に復元されたもので、福知山市郷土資料館の施設となっています。

大天守と小天守が連立し、続櫓でつながっています。
福知山城の石垣には、転用石と言って、墓石や灯篭などの石造物を利用しているものがあちらこちらで見られます。

+ 続きを読む

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 天正7年(1579)頃
築城者 明智光秀
主要城主 明智氏、有馬氏、岡部氏、稲葉氏、松平(深溝)氏、朽木氏
文化財史跡区分 市指定史跡
近年の主な復元・整備 昭和61年(1986)に天守を再建、内部は福知山市郷土資料館
主な関連施設 福知山市郷土資料館
主な遺構 本丸、石垣
住所 京都府福知山市字内記
問い合わせ先 福知山市教育委員会生涯学習課
問い合わせ先電話番号 0773-24-7065