続日本100名城

あかぎじょう

赤木城

三重県熊野市

投稿する
赤木城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

城いぬ

資料館の方が親切でした (2019/02/10 訪問)

スタンプの場所の資料館の方が親切でした。

+ 続きを読む

イオ

丸山千枚田 (2019/01/27 訪問)

赤木城から紀和鉱山資料館にスタンプをもらいに行く途中、ちょっと寄り道して丸山千枚田へ。

冬期は時季外れでしょうから、とりあえず行ってみる程度でさほど期待してなかったのですが…いや、これは凄いです。野面積みの石積みにより設けられた棚田が高低差160mに渡って段々状に連なっており、中央部には巨岩まで。棚田としての見応えだけでなく、城好きの心に訴えかけるものがきっとあると思います。

わざわざ来るのはなかなか大変ですが、赤木城に来られたのならついでにぜひ。私も、今度はもっといい季節(棚田に水を張ってから収穫までの間)に来たいと思っています。

+ 続きを読む

イオ

雪中行軍 (2019/01/27 訪問)

この日は元々は八幡山城や安土城に行くつもりでしたが、滋賀県は前日から生憎の雪の予報…。雪だと遺構がわかりづらくなりますし、冬期の山城めぐりのためにこの冬からスタッドレスタイヤを導入したとはいえ、正直、雪道を走るのは不安なので予定変更、雪の影響の無さそうな熊野方面に行くことにしました。

夜明け前に家を出て、五條市から十津川村を抜けて赤木城へ。十津川村も熊野市も新宮市も雪の予報はなく大丈夫! と思いきや、五條市の旧西吉野村あたりから道路脇に雪が残り、旧大塔村では路面にも雪が積もっていて、雪道を避けたつもりだったのに…と泣きそうになりながらも、スタッドレスタイヤのおかげで何とか無事にたどり着くことができました(十津川村以降は積雪なし)。

赤木城でも小雪が舞う中の登城となりましたが、さすがは藤堂高虎が築いたとされるだけあって、深い山奥に石垣に囲まれた郭が連なる情景といい、技巧的な縄張りといい、実に見応えがあり、寒さを忘れて1時間余り歩き回ってしまいました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

続日本100名城スタンプ63個目 (2018/11/10 訪問)

前回は、日の出前の早朝の攻城。今回は絶好の晴天の下での攻城。今年の年賀状には間違いなく、採用である。スタンプ置き場の熊野市紀和鉱山資料館も中々楽しかった。

+ 続きを読む

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 天正17年(1589)?
築城者 藤堂高虎、羽田正親
主要城主 藤堂氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 石垣の積み直しや遊歩道の設置などの維持整備
主な関連施設 紀和鉱山資料館
主な遺構 主郭、石垣、堀
住所 三重県熊野市紀和町赤木字城山
問い合わせ先 熊野市教育委員会
問い合わせ先電話番号 0597-89-4111