続日本100名城

つじょう

津城

三重県津市

別名 : 安濃津城

投稿する
津城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

宗春

津城 (2019/07/13 訪問)

雨のため、犬走りが水没していました

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城ネコ

お堀の亀 (2019/06/16 訪問)

良き城でした

+ 続きを読む

ミッピのパパ

どこでも桜と城も似合います。 (2019/04/07 訪問)

言わずとしれた藤堂高虎の城、津城。本丸を囲う堀と石垣が、かつての城の威厳を残している。

+ 続きを読む

ぴーかる

津城 (2018/08/25 訪問)

【続百名城16城目】
<駐車場他>未確認 <交通手段>18切符・近鉄

<見所>石垣・堀

<感想>日帰り18切符攻城の旅1城目。初めて現地ボランティアの方にガイドをしていただいた。城自体は内堀の一部と本丸・西の丸の石垣の一部が残ってる。西の丸内は現在は庭園になっており、移築した入徳門がある。天守台跡は本丸の南西部に位置し立入禁止になっている。本丸南側の内堀は現在は埋立てられていて、当時は城の最大の堀幅で80mあり犬走りがあったそう。北側の堀も半分以上は埋立てられて犬走りは模擬。写真5枚目は本丸南側の石垣で境目の右側が藤堂高虎が継足して拡張した石垣だそうで見所のひとつ。本丸東西に鉄門跡石垣が残り、東鉄門跡には何故か模擬櫓があり中には入れない。写真6枚目は西の丸と本丸の埋め立て部分で石垣の布積みと谷積みの違いが見られる。本丸北側の丑寅・戌亥櫓台石垣の算木積みは美しい。丑寅櫓から上に登れる。古写真より両櫓は三重の破風の無い層塔型で6億円で復元再建を進めているそうだ。気持ち程度の募金をさせてもらいました。埋立てた堀・東の丸・土橋が現存していればもっと良かったのにと惜しまれた城だった。ガイドの方はとても親切で津城の資料も沢山いただき参考になった。

<グルメ>津駅から城跡までにある、ラーメン「いたろう」でラーメンと津名物津餃子を食す。あと蜂蜜饅頭もお土産に。

<満足度>★★☆

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 元亀~天正年間(1570~1592)
築城者 織田信包
主要城主 藤堂高虎
文化財史跡区分 県指定史跡
近年の主な復元・整備 昭和33年(1958)に三層の模擬櫓を戦後復興のシンボルとして鉄筋コンクリートで本丸東側石垣上に建設
主な遺構 本丸、西之丸、石垣
住所 三重県津市丸之内
問い合わせ先 (社)津市観光協会
問い合わせ先電話番号 059-246-9020