続日本100名城

つじょう

津城

三重県津市

別名 : 安濃津城
旧国名 : 伊勢

投稿する
津城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

昌官忠

伊勢湾沿岸遠征日帰り② (2018/08/07 訪問)

「伊勢湾沿岸遠征日帰り」の2城目は津城です。続100名城スタンプは「高山神社」で押しました。

松坂城から、松阪駅➡津駅➡津駅前から三重交通のバス➡三重会館前で下車➡津城に到着

津市役所にパンフレットがあるとの情報で、津城に行く前に市役所に寄りましたが「模型のパンフレット」しかなく確認したところ、三重県教育文化会館(だったと思います?)にいろんなパンフレットがあると言われました。自分は時間の都合上、行っていませんが、津駅の近くのようなので、時間のある方は寄ってみてはいかがでしょうか。

津城は織田信長の弟である信包の居城として知られています。お市の方とその娘たちが信包とともに伊勢上野城からこの城に移り、お市の方が柴田勝家と再婚するまでの2年間を過ごしたそうです。
江戸時代には藤堂高虎によって近代城郭として大改修され、その後は明治時代まで藤堂氏の居城となりました。

現在は「お城公園、お城西公園」として整備されています。
最大の特徴は最大100mにも及ぶ幅広い内堀と本丸北側に代表される直線的な稜線を持った高石垣だと思います。
城址東側にある丑寅櫓は再建ですが、いい味出しています。攻城時間は60分くらいでした。

帰りは三重会館前から三重交通のバス➡津駅前/津駅➡亀山駅に行き、亀山城に向かいました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

じゅんじん

高虎公 (2020/08/30 訪問)

このお方も築城の名手。ここは究極のお城と紹介されていました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

リャンス

秋晴れの津城😃 (2020/10/26 訪問)

藤堂高虎公を祀る高山神社が
直ぐそばでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

中川藤兵衛尉

津城 (2020/08/17 訪問)

築城名人・藤堂泉州の作品の一つ。本丸は公園に、二之丸は市街地になっています。本丸の石垣は見事の一言です。三重櫓が一基ありますが、史実では存在しない場所に建っているのが残念です

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 輪郭式平城
築城年代 永禄年間(1558〜1570)
築城者 細野藤敦
主要城主 細野氏、織田氏、富田氏、藤堂氏
文化財史跡区分 県史跡(津城跡)
近年の主な復元・整備 織田信包、藤堂高虎
天守の現況・形態 型式不明[5重/1577年築/焼失(火災)]
主な関連施設 模擬隅櫓、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、横堀(水堀)
住所 三重県津市丸之内
問い合わせ先 (社)津市観光協会
問い合わせ先電話番号 059-246-9020