続日本100名城

たげきたばたけしじょうかん

多気北畠氏城館

三重県津市

別名 : 北畠氏館(きたばたけしやかた)、霧山城(きりやまじょう)

投稿する
多気北畠氏城館
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

まーやん

続日本100名城東海制覇ー😁 (2020/01/12 訪問)

しかし凄い所にあってビックリした💦こんな場所電車バスの方々はどうされるのかというような山の中でしたが、ここも津市なのだとか。信じられません💦(一応最寄り駅からバスがあります)

多気北畠氏城館跡は北畠神社となっています。スタンプは社務所にあります。

北畠氏は南朝方に与し、田丸城陥落後、当地に拠点を移した。
発掘調査により、戦国期の最も古い石垣があったことが分かったらしく、庭園も立派なのですが、100名城には物足りなさを感じるのは私だけでしょうか?

出石は山城から平山城に移る過程が残っているのが貴重だと分かっています。分かっていますが言わせてください💦
出石城・有子山城と同様に城後詰めの城として後方に配された山城:霧山城と一体的な指定がよかったような気がするのです💦

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

イオ

名門・北畠氏の栄華の跡 (2019/12/01 訪問)

詳細は不明ながら、南北朝初期に南朝方の重臣・北畠顕能により築かれたとされ、以降、多気北畠氏代々の本拠として繁栄しました。
戦国末期、織田信長の侵攻を受け、信長の子・信雄を養子とすることで和睦するも、北畠一族は三瀬御所で信雄に謀殺されて滅亡、北畠氏城館(霧山城)も廃城となったようです。

北畠神社の境内付近が居館跡で、発掘調査により中世居館では最古とされる石垣や礎石建物跡が発見されましたが、埋め戻されているため説明版でその様子を覗うことができるのみです。居館南部には往時の庭園が現存しています。庭園は紅葉の名所として知られ、この時季に訪れた目的のひとつでもありましたが、見ごろには少し遅かったようで、ほとんど散ってしまっていました。残念…。

庭園の裏側に回って坂道を登って行くと、詰城の帯曲輪に至ります。帯曲輪からは城下が一望でき、北東部の土壇北側には竪堀が見られます。帯曲輪の西側には詰城の主郭があり、周囲は高い切岸になっています。詰城から霧山城に向かう尾根筋は堀切と竪堀によって分断されています。

居館跡から八手俣川を渡って東に徒歩5分の六田館(東御所)跡は堀跡が水田として残っています。また、この地には信雄を婿養子として迎えた雪姫の悲劇の伝説が語り継がれており、六田館跡の南側には雪姫桜と雪姫大明神が祀られています。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

イシテル

奥伊勢の名園(辿り着くのに...)。 (2019/11/04 訪問)

松坂で名松線に乗換え、北畠氏城館を目指し、奥伊勢に行きました。
北畠神社に入ると、石垣、建物礎石などの遺構が拝殿の横にあり、庭園は社務所で入場料を収め門の内側へ、城巡りよりも庭園鑑賞の感覚でした。
今回は、ここに辿り着くまでのエピソードを紹介します。
事前に路線を調べて、津市コミュニティバスが家城駅から北畠神社前バス停へ行っていることが判り、乗り換えようと家城駅で列車を降りました。バス停で時刻表を見ていると、道路工事の警備員の女性が「今、このバス停にバスは来ませんよ。」と声を掛けていただいて、上の道路のバス停にはバスが来るとのことなので、見に行ったら、2時間待ちでしかも乗換えだとか。一瞬茫然となりましたが、なすすべもなく家城駅へ戻ると単線の対向待ちで降りた列車が待機中。飛び乗りました。
アクセス計画が大幅に崩れ、情報も無く途方に暮れながら、終点の伊勢奥津駅に行くと駅に併設されている観光案内施設でレンタサイクルが有り、一件落着。また、このレンタサイクルは電動アシストでしかも無料!
公共交通をご利用しようと思われている方は、市民バスが現在運行されていませんので、伊勢奥津駅まで乗り、レンタサイクル(貸ヘルメット、ベストの着用が条件)をお借りするのがベストです。伊勢奥津駅から北畠神社まで途中にトンネルもある坂道ですが、自転車で約20分で到着します。以上、情報まで。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

橋吉

日本三大武将庭園のひとつ (2019/05/02 訪問)

宇陀松山城から、国道369号線を通って多気北畠氏城館に向かいました。
紀伊半島の3桁国道ということで、酷道も覚悟していましたが、あにはからんや、気持ちの良い快走路でした。

まずは予習を兼ねて、美杉ふるさと資料館へ
城跡に関する展示物の見学と城跡のパンフをもらいました。
隣には映画WOOD JOB!の撮影で使われた小学校が隣に有りました。
WOOD JOB!は地味ながら良い作品でした。
折良く、JAが日曜定休だったので、失礼してとめさせていただきました。

居館の跡は北畠神社となっています。
社務所で、続日本100名城のスタンプを押すことができます。
なんと当時の庭園が現存し、日本三大武将庭園のひとつとされているそうです。
さほど庭に興味はありませんが、せっかくですから、社務所に300円払って見学させていただきました。

居館跡を見学した後、詰めの城と霧山城に向かいました。
往復3.5km、全行程2時間20分かかりました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 館と山城
築城年代 14~15世紀
築城者 不明
主要城主 北畠氏
文化財史跡区分 国指定史跡・名勝
近年の主な復元・整備 平成13年(2001)に北畠氏館跡庭園を整備
主な関連施設 美杉ふるさと資料館
主な遺構 霧山城の北曲輪・南曲輪群、堀、土塁、庭園
住所 三重県津市美杉町上多気
問い合わせ先 津市教育委員会事務局生涯学習課
問い合わせ先電話番号 059-229-3248