かんばらじょう

蒲原城

静岡県静岡市


旧国名 : 駿河

投稿する
空堀
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

姫街道

駿河湾を見下ろす城 (2020/06/07 訪問)

駿河湾に張り出すような立地。抜群の立派条件であり築城は室町初期、当然今川氏。曲輪がしっかりと築かれている印象を受ける。残念ながら、二の曲輪、大手曲輪は薮に阻まれ行けなかったが、北曲輪やその腰曲輪はよく整備されていた。特に本曲輪と北曲輪の空堀は見事で、今川・武田・徳川とそれぞれ改築があったのだろう。北への守りはかなり堅固だ。大手曲輪から、蒲原宿と駿河湾を見下ろしてみたかった。帰りに麓の東海道蒲原宿へ。今でも建物が保存状態良く残っている。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

北に富士南に駿河湾景勝の城です (2016/03/23 訪問)

 大河ドラマ真田丸の年真田郷に脚を伸ばしましたがまだ静岡に未踏の城が残ってると蒲原宿北の山稜に在る蒲原城を初登城。
 
 当日朝国道1号線バイパスを東行、清水過ぎから1号線由比から蒲原宿、宿場町の風情が残ってます、国鉄蒲原駅手前善福寺入口交差点を北入る、ナビの蒲原城目的地が北上の坂道を走行すると南に成り、道を間違えたかと行ったり来たり近くの公園駐車場へ停め辺りを見渡し西山手が城の様子、来た道の西側に大きく立派な看板が目に入りました「駿河国蒲原城」と縦書き、その手前に専用駐車場有り。

 看板の所から登城路案内に従い登城、城内ガイドは余湖図コレクションさんの俯瞰図、城域東側の登城道を一気に1の曲輪、桜はまだ早く前面南は駿河湾が見下ろせ、北に振り返ると雪を被った富士山これだけで絵に成ります絶景景勝地です、1の曲輪には神社鎮座ぐるっと回り2の曲輪には行かず、降って1の曲輪北下の善福寺曲輪へ間に大堀切、腰巻石垣が見られる、周囲土塁、物見矢倉、コンクリ着色の逆茂木、曲輪を降りて堀切を通り西下に在る帯曲輪、これが西から北、東と延びてる、北側に腰巻石垣が見られる、北には小さな曲輪、土塁が散見される。
 富士山、駿河湾の写真を撮ったのですが霞が掛り掲載には不鮮明で今回無し。
 草刈りもされ保存整備管理が良くされて居り保存会、市文化財課?の頑張りが大変ありがたい。

 歴史は今川氏北条氏武田氏徳川氏の抗争に明け暮れ富士川の近くですから武田氏が富士川に沿って侵攻して来る様は必然かも、最終的には徳川氏へ。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

チェブ

親切な静岡市教育委員会。 (2020/01/02 訪問)

富士山と駿河湾が見えるらしい「蒲原城」に行きました。
時間的に夕日を期待したのですが、、、。

「蒲原城」も戦国時代の戦いの舞台になりました。
築城は室町時代。定かではないようです。
戦国の世、まずは今川家の家臣が城代です。
次に今川家と同盟関係の北条家、北条 新三郎 守城さん。
「蒲原城」少し北条デザインに改築しました。
信玄さんに攻められ武田方に。
そして家康さんにより落城です。
同じ日に善得寺の「三国同盟の庭」を見て、穏やか~な気持ちの後の「蒲原城」。
やっぱり、皆さんギラギラしてましたね。

で、期待していた夕日には間に合いませんでした。
でも せっかく来たから、まだ明るいので お邪魔します。
駐車場の案内図に、見学所要時間30分。駐車場向かいのトイレをご利用ください。と、親切なコメント。
みんなの30分は私の足なら60分ね、と確認してスタートしました。
すぐに説明板があり登りましたが、大空堀辺りでテンションアップより、高さに怖くなりました。もうちょっと行くとパイロンが立っていて崩落、危険の文字。
暗くなってきたので退陣です。
当たり前ですが、明るい時に見学しましょう。

北条 新三郎 守城さんは早雲さんのお孫さんです。
命日の12月6日、節目の年に慰霊祭を行っているそうです。
「蒲原城」の歴史は厳しいけど、静岡市のご配慮は、とても優しく感じました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カルビン

なんちゃって逆茂木 (2014/12/06 訪問)

今でこそグーグルマップを見るとすぐお城が見つかりますが、5年前になると有る程度有名な場所でないとグーグルには表示されておりませんでした。
なので有る程度の規模がないと各サイトでもなかなか見られず。。。

そんな中当時からあちこちでよく目にしていた蒲原城に、静岡県海沿いのお城散策した際、帰り際に訪問させて頂きました。

早朝から結構な規模のお城を見学してきてこの日6城目、流石に詰め込み過ぎだったなぁ・・・と。

ただ、蒲原城はある意味丁度良い規模だったおかげ+ちょっと珍しいものが見れたので、〆としてはうってつけの場所でした。


大きく2つの曲輪を軸(善福寺曲輪と南曲輪)として、道中に堀・竪堀等が見られます。

登城口脇にあった大空堀は藪っていて、帰りぎわにに案内版が見えて初めて存在を知ったというw

で、珍しい物っていうのが善福寺曲輪にあった造り物の逆茂木。
これでもかっ!ってくらい並んでおりました(ーωー;)
ま、リアルな逆茂木とは違って安全設定ですが(ーДー;)ゞ

駐車スペースがあるので車での訪問がベターですが、JR東海道本線・新蒲原駅からでも1.5kmくらいなので歩いても行けます。
が、登城口まで結構な登りなので、やはり車の方がオススメです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 今川氏
築城年 室町時代
主な城主 今川氏、後北条氏、武田氏、徳川氏
遺構 土塁、堀切、石垣、曲輪
指定文化財 市史跡(蒲原城址)
住所 静岡県静岡市清水区蒲原
問い合わせ先 静岡市生活文化局文化スポーツ部文化財課
問い合わせ先電話番号 054-221-1069