たなかじょう

田中城

静岡県藤枝市

別名 : 亀甲城、亀井城、徳之一色城
旧国名 : 駿河

投稿する
よきお姿です。
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

にのまる

下屋敷とお濠と小学校と…意外といろいろある。 (2018/11/23 訪問)

田中城下屋敷には本丸櫓が移築され、見る(入る)ことができます。
持ち主が「大事にしてくれそうな親戚」に譲ったので、当時の姿のまま大切に使われ、受け継がれてきたのではないかと思います。
一見華奢でシンプルな造りですが、石垣の上に建つ姿は凛として美しいです。飾りたてればいいってもんじゃないんだなと感じます。

四重の堀に囲まれた亀の形の縄張りで、亀石もあり、別名は「亀城」。
管理をされている方は亀マークの帽子がトレードマークで、かめはめ波は出さないけれど静岡のお城の話をたくさん聞かせてくださいました。庭園内をとてもきれいに管理されていて気持ちよく散策することが出来ました。

本丸跡地の西益津小学校まで行ってみました。途中、三日月堀や土塁、作事役所跡などを見ることができます。
復元図に現在の図面を合わせた地図を見ながら歩こうと思ったのですが、それは難易度高すぎでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

モト

城下屋敷の雰囲気と遺構を味わえます。 (2018/07/17 訪問)

訪問した日は 田中城下屋敷は休館でした。
月曜が休館日ですが、祭日の場合は翌日の火曜日がお休みになります。
城下町屋敷は入れませんでしたが、周りから見ても充分に雰囲気があります。
また、付近の街の至る所に堀の跡、土塁などが見ることもできますので散策してみると面白いと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

エグ1394

田中城 (2016/03/23 訪問)

夫婦で静岡へ日帰りで行ってきました。

+ 続きを読む

todo94

円い城 (2013/02/11 訪問)

田中城下屋敷に隣接する駐車場に車を止め、まずは下屋敷跡に移築されている本丸櫓の内部を見学。ここには城の模型もあったが、この田中城は同心円状の丸い縄張りで有名な城である。鷹狩りに出かけた徳川家康がこの城で鯛の天ぷらを食べ、その後死の床についたことでも有名である。住宅街に埋もれてしまっている田中城であるが、本丸跡の表示や西益津小学校内に作られている田中城の庭園の他にも三日月堀の跡や土塁などの遺構が所々に残っている。三の丸土塁は今回初めて見つけることができたのだが、土塁の上に住宅が建てられている箇所もあり、大きく円を描くラインをこんなに明瞭に視認できるとは思っていなかった。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 輪郭式平城
天守構造 なし
築城主 一色氏
築城年 天文6年(1537)
主な改修者 山県昌景
主な城主 一色氏、山県氏(武田氏家臣)、依田信蕃(武田氏家臣)、本多氏
廃城年 明治元年(1868)
遺構 曲輪、石垣、横堀(水堀)、移築櫓
再建造物 石碑、説明板
住所 静岡県藤枝市田中1
問い合わせ先 藤枝市産業振興部商業観光課
問い合わせ先電話番号 054-643-3078