たなかじょう

田中城

静岡県藤枝市

別名 : 亀甲城、亀井城、徳之一色城
旧国名 : 駿河

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

じゅんじん

丸い (2020/01/11 訪問)

丸いお城です。本丸の小学校にはミニチュアがあります。下屋敷跡に櫓があります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

🏯城好きのメガネ

「円郭式縄張 田中城」 (2019/11/09 訪問)

<オススメ>★★★☆☆
1570年に武田信玄が「元来堅固の地に候」と称え、遠江侵攻の拠点となった。長篠の合戦後、徳川家康に対する駿河防衛拠点となり武田勝頼の命で山県昌景が改修を行う。度重なる徳川軍による攻撃を受けるが、武田氏滅亡とともに降伏開城する。徳川家康の関東移封後は、横田村詮(中村一氏家老)が入城した。1616年、徳川家康は田中城に立ち寄り、茶屋四郎次郎に供されて鯛の天ぷらを食した。これが家康の死因とする説がある。現在、本丸櫓が移築現存している。

<アクセス>
JR西焼津駅 徒歩20分

+ 続きを読む

イシテル

円郭式の田中城 (2019/09/08 訪問)

静岡県藤枝市の田中城に行きました。
唯一、円郭式の縄張である田中城。城郭がそのまま今の町割りとなっていて、本丸跡を中心に円形で道路、住宅が構成されているのが、良く解ります。丸い街を歩いていると位置が分からなくなりました。
本丸跡は小学校の中になり、校庭に丸い城のモニュメントが造られていました。これがまた良くできており、最高。
田中城下屋敷も良く整備され、本丸櫓や亀石など見どころがあります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

さわ5540

田中城 (2019/08/31 訪問)

丸い縄張りが特徴的です。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 輪郭式平城
天守構造 なし
築城主 一色氏
築城年 天文6年(1537)
主な改修者 山県昌景
主な城主 一色氏、山県氏(武田氏家臣)、依田信蕃(武田氏家臣)、本多氏
廃城年 明治元年(1868)
遺構 曲輪、石垣、横堀(水堀)、移築櫓
再建造物 石碑、説明板
住所 静岡県藤枝市田中1
問い合わせ先 藤枝市産業振興部商業観光課
問い合わせ先電話番号 054-643-3078