とばやまじょう

鳥羽山城

静岡県浜松市

別名 : 鳥羽山砦
旧国名 : 遠江

投稿する
鉢巻石垣
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

姫街道

秋の鳥羽山城 (2023/11/26 訪問)

春は桜の名所。秋は紅葉の名所。織豊時代の迎賓館の雰囲気が今も残る名城だ。小字が「本城山」。展望台から社山城が本当によく見える。古くから重要拠点であったと考えている。
さて、久しぶりに「鉢巻石垣」と「腰巻石垣」を堪能した。
天竜川から眺めたら、それはそれは壮大な景色だったと思う。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

令和5年霜月紅葉の頃 (2023/11/23 訪問)

 二俣城を終えて、鳥羽山城の紅葉も確認と車で鳥羽山城南の丸Ⅰ駐車場へ、既に車は14、15台位の混みよう、11時過ぎでお昼のピクニックお弁当での家族ずれも多く見受けられました、旗日勤労感謝の日です。
 
 南の丸Ⅰから見上げる本丸方向には楓が赤く紅葉し少し東のイチョウは黄色く色付いて見頃です。
 大手道から入り幅広の大手道には楓が植わってトンネルの様に成っていますが、まだ紅葉前12月に入ってからでしょうか?、大手門跡は紅葉初めの様子、大手門跡、東側の虎口方向も一部紅葉の木も有り、本丸は西の土塁側に楓が真っ赤に紅葉、東門辺りはまだまだ紅葉前、陽当たりの違いでしょうか?、搦手跡、旧笹の丸西の丸Ⅰは紅葉無し、天竜川の見通しは樹木が茂り今一、西の丸Ⅱは紅葉の楓多し、長い滑り台で子供たちが遊んでいます。
 本丸西側外の鉢巻石垣辺りは紅葉の木が少なく、紅葉の木と鉢巻石垣を狙って撮影、また下り腰巻石垣も遠くの紅葉をれらって撮影、本格的な紅葉は12月に成ってからでしょうか?
 1時間弱散策し紅葉前を楽しみました、チョット早かった。
 
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

しんちゃん

暗渠のある珍しい城 (2023/09/24 訪問)

鳥羽山城は武田方に落ちた二俣城を攻略するために天正3年に徳川家康によって築かれた
とされています。同時期に築城された毘沙門堂砦、蛯原砦、和田ヶ島砦の中核を成したと
考えられ、攻城の為の陣城としては手の込んだ造りをしています。鳥羽山の山頂部を扁平して
本丸を築き周囲を土塁で周回し、大手門や東門、本丸の西側などを石垣で強化して
あるようです。大手門の左手と東門の右手側に暗渠が配され本丸内部を排水の為の溝が
走っています。本丸東手には二の曲輪が配され東側に堀切があり、先の郭との間を寸断
しています。北西には笹郭があり、本来なら天竜川が望めるはずですが、いささか木が
育ち過ぎているようです。本丸西側には枯山水庭園があり、二俣城奪還の後も何らかの
役割を以て機能していたのかもしれません。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

鳥羽山城と桜と萌黄もみじ (2023/03/30 訪問)

 今年の浜松城満開桜と大河ドラマ館松潤人気を確認探訪後、昼近くに成りましたが北へ16km程、車を飛ばして鳥羽山城へ、南の丸跡の駐車場はほぼ満車状態、麓の田代家のボランティアの方が鳥羽山城の案内と解説をされて居ました、しばし会話を楽しみました、徳川対武田の二次にわたる攻防戦の解説絵図付きで、昭和の初めごろの二俣城の一本松の話と樹木の無い頃の写真で説明を受け知識が増えました。

 今回の探訪ルートは西側の腰巻石垣、主目的の西の丸Ⅱ南側のミツバツツジの咲きを確認ほぼ満開、昔に比べてミツバツツジの本数が減ってるようです、ぐるっと北へ回って西の丸Ⅰ(旧笹曲輪)横を通って搦手門跡、桜が一本咲いている。
 本丸に入り、東門を潜り東側の枡形から門跡と本丸東側の石垣を確認、大手門前後の確認、桜と楓の新緑がまぶしい、大手道へ下りまた上がり大手道から本丸東側石垣の南東部に咲く桜を目視確認。
 大手道と本丸東石垣との喰い違いに咲く桜がこれまた絵になる、また大手門を入り本丸南側の展望台へ天竜川眼下に見て景色を楽しむ、本丸内部はあまり桜は有りませんが其れなりに、本丸内部は花見の人出賑わっていました。
 本丸南西角の小道を降りて本丸西側の鉢巻き石垣を確認、西の丸の降りてまた腰巻石垣を見学、駐車場に戻って田代家のボランティアの方と話をして、持って無かった、にのまるさんも購入された「田城家物語と二俣城」を購入しました。

 温かく穏やかで晴天、桜ともみじの新緑萌黄ごろを鑑賞しました、市民に慕われてる鳥羽山城です。

 近くの二俣城は桜が天守台の横に大島桜系?の木が一本?の認識でしたので今回はパスとしました。
 
 
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 徳川家康
築城年 天正3年(1575)
主な城主 大久保氏
遺構 曲輪、石垣、土塁、堀切
指定文化財 国史跡(二俣城跡及び鳥羽山城跡)
再建造物 碑、説明板
住所 静岡県浜松市天竜区二俣町二俣字鳥羽山