ふたまたじょう

二俣城

静岡県浜松市

別名 : 蜷原城
旧国名 : 遠江

投稿する
堀切
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

POYO58

南の丸探訪 (2023/01/02 訪問)

遺構★★★☆☆ 堀切、土塁、石垣、虎口?
二の丸を終えて南の丸へ急ぎました。すると何やらまた石垣の虎口が、形の成り立っていない野面積みになっていました。そこから南の丸に行くと結構大きな堀切がありました。どうやら二の丸と南の丸に仕切りをつけるためのもののようです。南の丸にも虎口らしきものがあり、一部石垣になっていました。南の丸に入ると奥の方に石垣が。石垣の上には土塁が立っていたので鉢巻石垣かな?あと、積み方が他の場所の石垣とは異なっていて石材も違うようですが、これは家康の石垣なのかな?よく分かりません。またなんでこんなところに石垣があるのだろう?

100名城には指定されていないものの、遺構がよく残っているお城だと思いました。。天守台も堀も石垣も残っていますが、国指定史跡だけはちょっと厳しくないでしょうか?

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

POYO58

北の丸、本丸、二の丸探訪 (2023/01/02 訪問)

遺構★★★☆☆ 石垣、土塁、虎口、堀切
二俣城に行きました。本当は諏訪原城に行く予定でしたが、御城印がある場所を選択することに。しかし、結局二俣城の御城印も店が営業しておらず買えませんでした。年中無休って書いてあるのに。

まあそんなことは置いといて。二俣城は徳川家康と武田勝頼が取り合った城です。なんなら激戦地…。また家康の息子信康の自刃した悲劇でも有名です。織田信長に信康と築山殿は武田氏と内通しているのではないかと疑われ家康に殺すよう命じます。家康は困惑した末、築山殿をやむをえず浜松城で殺し、信康もこの二俣城で自刃することとなります。その後、家康が関東に移ると秀吉の重臣、堀尾吉晴が大改修して現在に至りました。

駐車場は山中にあります。

まず北の丸を探訪、北の丸には大きな堀切が残っています。北の丸を過ぎると、本丸へと続く石垣の虎口が見られます。喰い違い虎口かな?虎口を通ると本丸に入り、天守台が見えてきます。今の二俣城の石垣は天守台を含めてほとんどが堀尾吉晴によるものです。天守台には石段も残っており、登ることができます。本丸は土塁で囲まれています。

本丸を終えて二の丸へ。二の丸には土塁と石垣が残っています。石垣は野面積みで崩れているところもありますが、綺麗に残っています。二の丸と本丸の境にある虎口と土塁は重要な役割を果たしています。二の丸の虎口も石垣によるものです。また二の丸も土塁で囲まれているのですが、本丸のものより高いものです。

では蔵屋敷跡へと向かいます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

姫街道

遠江に残る豊臣系の城 (2023/01/01 訪問)

遠江に残る豊臣系の城遠江に残る豊臣系の城二俣城というと、武田対徳川!!付け城や周辺のお城は武田系か?徳川系か?で議論されるが、、、、この二俣城と鳥羽山城は、家康の関東移封後の堀尾氏による大改修後(途中の可能性有)、徳川が天下を取ったら廃城になったのではないかと思われ、最終形態としてはこのあたりでは珍しい「豊臣系の城」と言えるのではないか。ただし、最近整備されてきた蔵屋敷や南曲輪・天竜川に突き出た西曲輪などは、いかにも二俣城を巡る武田対徳川期の遺構で荒々しい!是非、足元に気をつけながら見学して欲しい。勿論、天守台の石垣や本曲輪の桝形・食い違い虎口周辺など、見どころ満載なのは言うまでもない。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

井戸櫓と信康廟 (2022/12/10 訪問)

 二俣城「南の丸Ⅰ(伝蔵屋敷)綺麗に整備」の続きです。

 二俣城本丸二の丸南の丸Ⅰ北の丸を終えて、尾根続き北に約700~800mの所に浄土宗清瀧寺が在ります、そこには復元された井戸櫓と家康長男信康廟が在ります。
 車で国道152号線より西の山裾の道を清瀧寺へ、駐車は裾に在る「本田宗一郎ものづくり伝承館」前の駐車場を利用。

 復元井戸櫓は清瀧寺北の崖に復元されて居ます、井戸櫓は天竜川に沿って造られ、武田軍の水の手殲滅作戦のいかだ流しで井戸櫓は潰されて開城したとの逸話も伝わっている。
 井戸櫓の北隣に清瀧の滝と池、諏訪神社が在ります。清瀧寺の登り坂下に信康堂が在り現代の彫刻家による木彫りの信康像が二体祀られて居ます。
 坂道を登り切って清瀧寺山門、秋には銀杏の葉が落ちて山門屋根、参道が真っ黄色に成り絵になるシーンを期待したのですが訪問時期が遅すぎて、山門横に清掃され銀杏の黄色い葉っぱはゴミ袋の山積み。
 本堂横の銀杏は黄色い葉っぱは健在で彩って居ました、山門と本堂の間の参道両脇にミカンの木が黄色いミカンの実を付けている、このミカンは駿府城公園にある家康お手植えのミカンの木より苗を作り枯れた時の為にと静岡市から贈られた苗木を植えて育てている。
 
 本堂では法要の最中でお経が聞こえて来る、信康廟は本堂の裏の山手、周囲は墓所、石段を登り直角に曲がり石段を登り信康廟へ透かし門で閉まってる、廟に入った右脇に小さな五輪墓四基、殉死の吉良於初(初之丞)、当時の城主大久保七朗右衛門忠世、三方ヶ原で家康の身代討死した中根平左衛門正照、青木又四朗吉継と墓標に記載。山手に石垣、崖筋に白土塀参道が伸びて赤い門には三つ葉葵の紋が左右の門扉に付いている、その奥の墓石は見えません。
 私は、古い話ですが信康と言えば中村錦之助主演の東映映画を思い出します、その時反逆児の意味など分からず亡き両親と観て居たのですが。
 信康の切腹、母築山御前の殺害と悲しい事件でしたが時代の流れだったのでしょう、来年の「どうする家康」大河ドラマの描き方が楽しみな所です。
 来年は二俣城、清瀧寺信康廟、鳥羽山城も少しは賑わって呉れるでしょうか?
  

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 連郭式山城
天守構造 不明(天守台あり)
築城主 松井氏?
築城年 16世紀前期
主な改修者 大久保忠世
主な城主 松井氏、中根氏、依田氏、大久保氏、堀尾氏
廃城年 慶長5年(1600)
遺構 曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)
指定文化財 国史跡(二俣城跡及び鳥羽山城跡)
再建造物 石碑、説明板
住所 静岡県浜松市天竜区二俣町二俣
問い合わせ先 浜松市役所生活文化部文化財課
問い合わせ先電話番号 053-457-2466