ふたまたじょう

二俣城

静岡県浜松市

別名 : 蜷原城
旧国名 : 遠江

投稿する
石垣
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

しんちゃん

北遠の山城 (2019/12/21 訪問)

知れば知るほど奥深い二俣城。若い頃は、花見の名所程度にしか思ってなかったこの場所が、凄い山城であったとは…。
重要な事は当時の二俣川が今と違い、城の西側を流れていた事だ。この日は子供達を連れて散歩がてらに来たが、近いうちにまた来よう^_^

+ 続きを読む

カルビン

霜降り早朝 (2014/12/06 訪問)

例の如く深夜の高速道路を大声で歌いながら、自宅から4時間かけて到着したのが二俣城。

攻略に手を焼くものの、川沿いに櫓を組んで鶴瓶式井戸を使っていた水の手を、上流から空船を流して櫓を破壊して切る事で落城させたという、信玄らしくインテリな攻城をした場所になります。
(山本勘助亡き後、ほとんど強硬策を取らずに勢力範囲を広げて行けたのは、勘助の遺言を信玄が守ったのか、それとも勘助の弟子ともされた高坂昌信や真田昌幸の力を上手く活用したのか・・・)

到着したのが丁度明け方の時間で、ものすごく寒かった為か・・・主郭にある芝生から天守台の石垣までびっしり霜が降りてまして・・・
危うく埼玉の中城、東京の小田野城・千葉の真里谷城に続く4度目の転倒をするところでしたε=(´Д`;)(危)

二俣城は石垣だけでなく、高低差を利用した土の遺構(土塁・堀等)も残っており、信玄でも攻略に苦労したのが良く解る気がします。


朝早すぎて、近くにある徳川家康の長男・松平信康の菩提寺・清瀧寺が開いて無かったのが痛恨でした・・・

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

天下布武

天然要害・武田徳川争奪戦の地 (2019/07/21 訪問)

清瀧寺(浜松市天竜区二俣町二俣1405)へ信康廟と井戸櫓の見学と併せて2年ぶりに訪城、
二俣城駐車場を利用しました(34.862906, 137.810320)。

二俣城は武田・徳川が激しく争奪戦を繰り広げ、
また徳川家康嫡男、信康切腹の地としても知られています。

改めての訪城でしたが、野面積みの天守台に虎口、堀切、土塁等見所多く楽しみました。
鳥羽山城も近く徒歩圏内なので、一緒に訪れてもいいでしょうね。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

とってぃ

天守台 (2019/08/12 訪問)

天守台と石垣。
鳥羽山城跡とセットでいける。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 連郭式山城
築城主 松井氏?
築城年 16世紀前期
主な改修者 大久保忠世
主な城主 松井氏、中根氏、依田氏、大久保氏、堀尾氏
廃城年 慶長5年(1600)
遺構 曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)
指定文化財 国史跡(二俣城跡及び鳥羽山城跡)
再建造物 石碑、説明板
住所 静岡県浜松市天竜区二俣町二俣
問い合わせ先 浜松市役所生活文化部文化財課
問い合わせ先電話番号 053-457-2466