まりこじょう

丸子城

静岡県静岡市

別名 : 鞠子城、三角城、宇津谷城、赤目ヶ谷砦
旧国名 : 駿河

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

にのまる

【城と看板】

連携プレー

+ 続きを読む

おっちゃん

丸子城縄張り図 (2017/01/21 訪問)

現地案内板より抜粋。

+ 続きを読む

T-Shionoya

西の守りの丸子城 (2022/02/12 訪問)

先月は、土の遺構が素晴らしいという静岡市の丸子城へ。

丸子城は比高約110mの三角山[ミカドヤマ]を城郭とした城。
藁科川(安倍川)河口の西岸、東海道宇津ノ谷峠の出入口にあたる丸子の小さな平地の西奥に位置しています。

駿府防衛の西側関門として重視され、今川家臣の斎藤氏が統治。
元々の城郭は大手口から北曲輪のエリアだったとか。
今川の衰退により武田軍が駿河へ進出すると、武田四天王の山県昌景が在城。
武田の滅亡後は徳川方の城となりますが、家康の関東移封で廃城に。
本曲輪や西側の防御施設は武田・徳川の時代に改修されたと考えられています。

現在は駿府の工房匠宿(泉ヶ谷)から大手口、北曲輪、本曲輪、誓願寺(大鈩)のルートがハイキングコースとなっており、実際に歩くと想像以上に急峻な山。
大手の深く巨大な三日月堀と、斜面が比較的緩やかな西側に築かれた長~い横堀や堡塁などの施設群は必見で、それらはまるで芸術的な彫刻作品。

大鈩曲輪には近付くことができませんでしたが、滞在時間は約3時間。
人気の高さを納得させられた、私の城巡りの118城目でした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

駿府匠宿から (2022/01/23 訪問)

 丸子城へ久しぶりに行って来ました。
山城の遺構がよく残って見所が多く、しかも交通の利便性もよい城址です。堀切や三日月堀など魅力的な遺構が多いですが、何といっても本丸の北西にある馬出と竪堀がいいですね。ただ、前に来た時よりシダ類が多く生えているような気がしました。竹や倒木もあり遺構が確認しにくい所もあります。それを差し引いても多くの遺構を堪能できる城址です。
JR静岡駅よりバスに乗り約30分、吐月峰駿府匠宿入口バス停にて下車、徒歩5分で登城口に着きます。そこから約10分も登れば城域に到達することができます。道は概ね整備されています。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 斉藤氏?
築城年 不明
主な改修者 今川氏親
主な城主 斉藤氏、福島氏(今川氏家臣)、山県氏(武田氏家臣)、松平氏(徳川氏家臣)
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)、堀切、竪堀、枡形、馬出
再建造物 説明板
住所 静岡県静岡市駿河区丸子字泉ヶ谷