続日本100名城

ふるみやじょう

古宮城

愛知県新城市

投稿する
古宮城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

しんちゃん

馬場信春公が築城した名城 (2020/02/01 訪問)

武田信玄が馬場信春に命じて1571年に作って、1573年に信玄が亡くなると、亀山城の奥平氏に落とされてしまったとあるが、、、「こんな凄い山城がそんな短期間で出来たのかな?」と素朴な疑問や驚きを感じる。馬場信春公が静岡県に築城・縄張りをした城だけでも1570年に江尻城、小山城が1571年で諏訪原城の築城が1573年だ。しかも1573年の三方原合戦にも参戦していると言う。その中でこの築城は凄い。これだけの城をこの保存状態で現代まで引き継いできた事は奇跡に近いと思う。
帰りに馬場信春(信房)公のお墓参りに寄った。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぜろきゅう

ぜひ亀山城とセットで (2020/01/19 訪問)

歴史民俗史料館で古宮城(武田方)と亀山城(徳川方)について教えていただきました。
ほとんど整備されてないので史料館で縄張り図をいただいてからいくらよいかと思います。
武田×徳川の最前線を感じました。

+ 続きを読む

小城小次郎

古宮城

武田氏が最前線に築いたとされるお城はどれもみな戦闘的な構えを見せているが、古宮城のそれは尋常ではない。もはや狂気。

+ 続きを読む

イシテル

武田流築城術で造られた土の要塞 (2019/11/02 訪問)

新城駅(新城栄町・新城駅口バス停)からバスを約40分乗り、作手高里へ。
到着が12:45頃となり、まずは作手歴史民俗資料館へ直行(資料館が15時閉館)。
続日本100名城のスタンプを押し、古宮城と亀山城(三河)の縄張図をいただいて職員さんの説明を聞き、古宮城へ向かいました。
何かの書籍で白鳥神社か大堀切(東大竪濠)から登ると書いてあったのを思い出し、大堀切登りをチャレンジしたものの、草が生い茂り、断念。白鳥神社から正攻法で登城を開始しました。
この城は東城(主郭)と西城(二の曲輪)が土橋で区切られた二つの大堀切(東大竪濠と北大竪堀)で別けられた一城別郭式の平山城。
全体を見るとそれぞれの曲輪が何段もの土塁で構成された土の要塞であることが判り、夢中で回りました。
多くの城郭が保存され、武田流築城術の特徴を良く伝える見どころ満載の城跡です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 元亀2年(1571)
築城者 武田信玄
主要城主 小幡与一、小林与兵衛尉、玉虫助大夫定茂ら(番衆)
主な関連施設 作手歴史民俗資料館
主な遺構 主郭、二の丸(二の曲輪)、堀、土塁、大堀切、枡形虎口
住所 愛知県新城市作手清岳字宮山