続日本100名城

すわはらじょう

諏訪原城

静岡県島田市

別名 : 牧野城、牧野原城、扇城
旧国名 : 遠江

投稿する
諏訪原城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

カズサン

二の曲輪北馬出薬医門続塀完成も? (2021/03/31 訪問)

 本年1月訪問し二の曲輪北馬出復元薬医門の続き板塀?復元工事中を見学探訪してましたので完成は如何にと出掛けました、諏訪原城ビジターセンターに寄り担当の方に状況をお聞きしました処、国指定史跡諏訪原城は文化庁の許認可が必要です! 文化庁の許可が下りなくて板塀も土塀も出来なくて、鉄骨むき出し灰色カラー鋼板葺屋根付きの状態で留まってる様子。
 取り敢えず現状の写真を撮って投稿いたします、赤いさび止め塗りの鉄骨むき出しでは寂しい限りです、板塀での完成を望みたい処です。
 30分の滞在探訪でしたがその間、6組の方々とすれ違いました流石に諏訪原城訪問登城者が多いです。
 島田市の頑張りを!粘り強く文化庁の許可を取って下さい、注目し応援をして居ります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

薬医門続板塀?復元工事中、壮大空横堀が絶品 (2021/01/14 訪問)

 冬枯れ時期の長大な空横堀、三日月堀を観察探訪したいと自宅から40km程約1時間超掛け山越え1号線BP経由東行し半年振り登城しました。
 先ずは諏訪原城ビジターセンターにより担当の方に挨拶若干会話し、資料確認入手、何回となく登城してるのですが初めて「案内します」と言われ二の曲輪大手馬出手前まで案内頂きました、よく来てますとも言えずそのままに感謝です。
 1時間半掛けてゆっくりと廻りました、大手南外堀、二の曲輪大手馬出三日月堀、外堀ここで一番長い横堀、二の丸土橋を眺める、外堀は草刈りと草枯れて堀底まではっきりと観察できる、冬成ればこそ感嘆です、大手北外堀、二の曲輪中馬出、同三日月掘り、板塀復元工事中で中馬出土橋より北は現在立入禁止。
 近くで見たいと二の曲輪土塁北側より西に向かって観察と望遠撮影、板塀復元は二の曲輪北馬出に復元されて薬医門の南側続きで約10メートル程か? 現在は中芯鉄骨基礎が立ち上部に屋根の基礎が架かっており鉄骨が赤く塗られてる、チョット興醒めますが復元完成時は板張り?で隠される事でしょう、(白土塀とは成らないでしょうから) 完成は3月末との事、楽しみが増えました。
 二の曲輪、二の曲輪仕切り土塁、内堀、本曲輪土橋、本曲輪土塁、本曲輪虎口、本曲輪発掘階段(埋め戻し)、本曲輪内部、本曲輪より東下の内堀、土塁(16号掘り)を眺める、草刈りされてたので意を決して搦手口より崖状の搦手道を降りる、内堀(16号堀)の底と同土塁を観察、笹竹、ブッシュが刈られてるが刈った残渣がツンツンして少し危険で歩きにくい、本曲輪の高切岸?崖?かを始めて堪能する、東側から見ると諏訪原城は山城です。
 本曲輪に登り東側下内堀を眺めるとそこにカモシカが歩いてるカメラを望遠操作をしてる間に下麓に降り見失い撮影出来ず、本曲輪から内堀底に降りカンカン井戸、水の手曲輪を眺め、二の曲輪に上がる、二の曲輪土塁、二の曲輪東内東馬出、二の曲輪南馬出、同三日月堀、二の曲輪大手馬出三日月堀外からビジターセンターへ戻る。
 担当の方にカモシカの遭遇を報告、また若干会話し、冬枯れのこの時期長大壮大な外堀底から眺めて堀の大きさを実感したいので仮設の堀底見学階段を設けて欲しい旨をお願いしたがどうかな? 下草刈りの斜め道が在るがチョット危険な感じがして挑戦して無い。

 薬医門続板塀?が復元されたら駆け付けたいと思って居ります。桜の頃がベストです❣

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

肉球

巨大でした (2020/12/24 訪問)

事前情報なしで初めて訪れましたが巨大なお城でした
案内所でパンフレットをもらい散策を始めるとすぐに雨が降り出したが
整備をしている方が案内をしてくれました。感謝 感謝
復元された北馬出門付近は塀の復元で立ち入り禁止になっていましたが
予算の都合で中途半端な復元になりそうです。
二の曲輪や本曲輪に残る石の遺構は茶畑時代の名残りでお城の遺構ではない模様。
案内してくれた方は東馬出の土橋が一番お気に入りのようで
「ここいいでしょ〜」
って興奮気味でした。確かに探検しているようで楽しいお城でした。
最後に
「夏場は草が覆い茂って危険生物がウヨウヨいますからこの時期がおすすめです」
のお言葉いただきました。


+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴーかる

諏訪原城 (2020/11/21 訪問)

【続百名城42城目】
<駐車場他>諏訪原城第一駐車場
<交通手段>新幹線→レンタカー

<見所>馬出・堀
<感想>1泊2日武田・徳川攻防の城旅1城目。諏訪原城ビジターセンターに最初に寄り、模型・説明板等を見て城跡に行った。順路通りに大手南外堀から大手曲輪は茶畑に、右手に大手馬出の堀、左手に大手北外堀を見つつ城跡最大の見所二の曲輪中馬出が正面に見えてくる。巨大な丸馬出と深い堀に圧巻、土の馬出し今までちょっとなめていました、反省です。二の曲輪北馬出は立入禁止→ニの曲輪→本曲輪→本曲輪より東に降りて切岸・内堀を観察→水の手曲輪→残り4つの馬出を見て終了した。城跡南側の丸馬出群と梯郭式後ろ堅固の特徴ある縄張りと所々にある石積み遺構が良かった。山城扱いだが縄張り内に高低差はあまりなく、平城のような土の城も馴染みがなかったので新鮮な感覚だった。

<満足度>★★★

<グルメ>広大な茶畑のど真中にあるお店「とろろ屋ととろ」この辺はお茶は勿論だが自然薯も有名なんですねえ。以前丸子城で食べ損ねた自然薯を食しました。地元の方はラーメンを注文している人が多かった。何故?

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 天正元年(1573)
築城者 馬場信春?
主要城主 今福氏、今川氏、松平氏
文化財史跡区分 国史跡(諏訪原城跡)
近年の主な復元・整備 松平家忠など
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀・三日月堀)、馬出し、井戸
住所 静岡県島田市金谷
問い合わせ先 島田市教育委員会文化課文化財係
問い合わせ先電話番号 0547-36-7967