続日本100名城

すわはらじょう

諏訪原城

静岡県島田市

別名 : 牧野原城、牧野城、扇城

投稿する
諏訪原城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

エグ1394

諏訪原城 (2020/10/14 訪問)

諏訪原城へ行ってきました。
諏訪原城ビジターセンターで御城印を購入しました。
諏訪原城は武田勝頼が徳川領であった遠江侵略の拠点として築城した城です。城内に諏訪大明神を祀ったことからこの名がついたとされます。武田氏と徳川氏の間で激しい攻防が繰り広げられましたが、1575年(天正3年)には落城して、徳川氏の城となりました。徳川氏時代には「牧野城」と呼ばれましたが、武田氏が滅亡すると存在意義が薄れ、廃城となります。現在は建築物は残っていないものの、甲州流築城術の特徴である丸馬出や三日月堀が残っており、枡形虎口などの遺構も残ります。戦国時代の武田氏・徳川氏の築城様式を知る上でも貴重な城址で、国の史跡に指定されています。また付近には家康が諏訪原城を攻略するために築いた付城である火剣山砦跡もあります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ランちゃん

諏訪原城 (2020/07/12 訪問)

武田の城

+ 続きを読む

宗春

諏訪原城 (2018/08/17 訪問)

写真を整理していたら、まだ投稿していないお城があったので、少し前の登城ですが、写真を投稿します。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

織田晃司

馬出 (2020/07/24 訪問)

武田氏築城の特徴。馬出、馬出。
夏草に負けない堀の深さ。夏に行っても見ごたえあり。

+ 続きを読む

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 天正元年(1573)天正3年(1575)以降
築城者 武田勝頼、徳川家康
主要城主 室賀氏(城番)、牧野氏(城番)、松平氏(城番)、今川氏(城番)
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 堀、門
主な遺構 本曲輪、二の曲輪、堀、土塁、馬出
住所 静岡県島田市金谷
問い合わせ先 島田市教育委員会文化課文化財係
問い合わせ先電話番号 0547-36-7967