続日本100名城

えちぜんおおのじょう

越前大野城

福井県大野市

別名 : 亀山城

投稿する
越前大野城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

まーやん

天空の城 (2018/10/01 訪問)

続日本100名城に選ばれたのでスタンプのためにリベンジ行軍を敢行した。
福井市から永平寺大野道路を通り大野ICで降りて城址に向かった。昔は北陸道から田舎道を走って行ったけど近くなったもんだ。

大野城址下の駐車場から階段を登って登城したがなかなかきつかった(;´д`)
大野城は一向一揆を鎮圧し大野を領した金森長近が築城。その後色々と城主を変え、1682年~明治までの間、土井氏が治めた。
史実に基づいた再建ではなくコンクリート造だが、天守からの眺めは最高❗向かいの戊山城址からは雲海に浮かぶ大野城を見ることができる。
石垣は美しい野面積み、が見所か。
12~3月は閉館しているので、畦畔に芝桜が咲き誇る美しい春に一乗谷とセットで来られるのがベストかと。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

夏の雪だるま

天空の城 (2016/09/22 訪問)

福井県大野市の越前大野城です。この地は越前から美濃に通ずる交通の要衝にあり、1575年織田信長よりこの地を与えられた金森長近により大野盆地の西側に位置する標高250mの亀山に本丸、東側麓に二の丸、内堀、三の丸、外堀を配し平山城として築かれています。本丸には枯れたことがないと言われる金森長近夫人の名を冠したお福池などもあります。1585年金森氏が飛騨高山に転封、その後、青木氏や織田氏が城主となるも、1601年結城秀康が越前国を与えられ、家臣土屋氏が在城。1624年秀康の子松平直政が上総姉崎より5万石で移封となり大野藩が生まれています。1682年松平氏は明石に転封となり、替わって老中土井利房が城主となり明治維新まで続いています。城は本丸には二層三階大天守と二層二階小天守が築かれ、野面積石垣により築かれたとされますが、江戸時代の城下の大火により幾度も類焼し、明治維新により建物は取り壊され、石垣が残るのみでしたが、昭和43年天守閣が再建され、金森長近公像と幕末藩財政を立て直した名君井伊利忠公像が置かれ亀山公園として整備されています。城は東西・南北500mの規模とされ、亀山山頂に本丸、東山麓に二の丸、三の丸を配し二重の堀と川により守っていました。本丸にある自動販売機の写真にある天空の城としても有名で、10月から4月頃に10日程(11月が半分程)雲海に浮かぶ城が見えるそうです。

+ 続きを読む

BUGTI

ここも天空の城 (2018/11/19 訪問)

ここも天空の城として有名になりました。雲海に包まれている城を見るには、向かいにある戌山城址へ登る必要があります。野面積みの石垣がとても良いです。城下町も昔の雰囲気が残っていて、ゆっくり散策するのに適しています。

+ 続きを読む

Zackt

天空の城 (2018/11/11 訪問)

あと1時間早ければ雲海の城が撮れたかも

+ 続きを読む

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 天正4年(1576)以降
築城者 金森長近
主要城主 金森氏、松平氏、土井氏
文化財史跡区分 県指定文化財 
近年の主な復元・整備 昭和43年(1968)に天守のみ推定復元
主な関連施設 越前大野城
主な遺構 石垣、登城道(百間坂)、土塁、天守台、堀の一部
住所 福井県大野市城町3
問い合わせ先 大野市歴史博物館
問い合わせ先電話番号 0779-65-5520