日本100名城

かんのんじじょう

観音寺城

滋賀県近江八幡市

別名 : 佐々木城

投稿する
観音寺城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

カズサン

本丸と平井丸探訪 (2016/05/05 訪問)

 平成28年5月連休滋賀の未踏の城廻り、三雲城を終えて観音寺城初登城、何時もの城郭放浪記さん、余湖図コレクションさんの情報ガイドで繖公園側から狭い観音正寺参道を登り有料ゲートで有料山林通行料600円を払い離合困難な道を走行、対向車が来ない事を願いながら走行するもタクシーと遭遇し何度か谷側ギリギリに幅寄せしてタクシーの素晴らしい運転技術に救われて切り抜けほっとして観音正寺駐車場に車を停める。
 駐車場から10分位の道のりでも各曲輪を上下に確認し観音寺城のスケールの大きさを実感する寺に入る前にも土塁石垣門、参拝料500円を払い、100名城スタンプゲット、観音正寺、観音寺城の資料併せて戴く。
 全城廻るのは無理なので観音正寺から観音寺城へ降りるゲートを開け閉めして観音正寺石垣下を通り案内に従い本丸へ、本丸石階段を降りて観音寺城の写真でよく露出してる平井丸石垣門の立派さにびっくり、池田丸方向は見下ろすだけの探訪。
 参拝者は多いのですが登城者は私一人。
 下城は対向車が無く無事下山しました、やれやれ安堵感満載。
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

やなぎぶそん

西国三十三所の一つ観音正寺 (2018/12/15 訪問)

巨大な山城です。これを攻め落とすのはかなり難しそう。
西国三十三所の一つ観音正寺もある。

+ 続きを読む

イシテル

南西に延びる尾根郭[伝本丸・平井丸・池田丸・木村丸] (2019/12/08 訪問)

安土駅前でレンタサイクルを借り、繖山の南側に回り日吉神社へ到着。
神社と道を挟んで向かいにある駐車場に自転車を置き、日吉神社の横から石段で造られた観音正寺の参道(登城道)を30分はど登り、境内に到着。
境内から伝本丸、伝平井丸、伝池田丸、女郎岩・大石垣、伝木村丸を廻り下城。それぞれの郭には石垣、虎口の石段が残っており、当時の様子を想像するには十分の遺構です。天気も良く青空に大石垣も映え、圧巻でした。
レンタサイクルを3時間で借りていたことから、そのまま下城し、自転車を置いてある日吉神社へ。
次回は、レンタサイクルの時間を5時間で借り、北東にある伝布施淡路丸~大土塁~伝沢田丸のルートで郭をゆっくり廻ってみます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

橋吉

観音寺城 (2010/10/11 訪問)

有料林道終点から観音正寺までの石段は皆さんがおっしゃるようにキツいですね。
それと比較すれば寺から本丸まではたいしたことありません。
100名城スタンプを押して引き返す方もいるようですが、寺まできたならば本丸まで行ってみましょう。
現地にはパンフレットがおいてないので、石寺楽座を始めに寄って予習するのが良いかと思います。

+ 続きを読む

概要

近江守護・佐々木六角氏の居館を置いた山城で、16世紀前半から本格的に普請を行ったとされる。主郭部の高石垣をはじめ曲輪群も石垣で固められ、城内最大規模の虎口である平井丸南虎口には長辺2m以上の巨石が用いられている。六角氏の居館には二階建の御殿も存在したという。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 建武2年(1335)?、文明3年(1471)?
築城者 佐々木氏頼?(佐々木六角氏)
主要城主 佐々木六角氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 -
天守の現況・形態 -
主な関連施設 滋賀県立安土城考古博物館、石寺楽市会館(小物産ペース)
主な遺構 本丸、平井丸、池田丸などの石垣
住所 滋賀県近江八幡市安土町
問い合わせ先 観音正寺
問い合わせ先電話番号 0748-46-2549