続日本100名城

ふくいじょう

福井城

福井県福井市

別名 : (北ノ庄城)
旧国名 : 越前

投稿する
福井城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

カニカニ

所用にかこつけた城巡り 13城目+α (2020/11/23 訪問)

昨日、明るいうちに神戸大阪京都を越えようと明石海峡大橋を走っていたら、事故渋滞の案内が・・・。
若狭経由で北陸へと、ルート変更。

旗日の今日は、県庁はじめ官公庁が休みなので絶好の登城日和(?)。 

藩主が御座所の西三の丸から本丸へと入るのに使われた廊下橋が復元されている。
ある研究によると、いまは消滅した橋や城も含む数だが、かつて18か所もの廊下橋があったそうな。
復元ながら高松城・府内城・和歌山城などは、ちゃんと屋根もある廊下橋である。
その他は屋根なども無く普通の橋になっているが、絵図や記録には残っているそうだ。
「エッ! あの城の、あの橋も廊下橋だったのか!」。
そういえば今回の旅、5城目の佐伯城にも廊下橋があった。(ちょっとイメージとは違ったが・・・)

天守曲輪から眺めると、復元された廊下橋や外枡形の様子がよくわかる。
しかし過去に起きた福井地震のせいなのか、それとも別の原因なのかは分からないが、
この天守曲輪の足元の石垣が大きく孕んでいるのがとても気にかかる。

天守台はどうかといえば、液状化で陥没したのか中央はへこみ、石垣は大きくうねっている。
天守曲輪には控天守台というものがあり、これも大きく損壊している。
それにしてもこの控天守台とは、何?   小天守台なのか?
建物が建っていたのか?   いずれ建てるつもりで準備して造ったのか?

本丸内部四方すべてに長い雁木が取囲んでいて、これほど大規模に造られた雁木を初めて見た。 
復元図によれば四方すべての雁木の上部は、多門櫓や土塀で全面を固めている。
さすが越前宰相の城。   

大手門傍の雁木と石垣の接合面も、隙間を小さい石で埋めるのではなくちゃんと一体加工していた。
(写真のナメクジが這っている石はヒビが入っているが、その下は無傷)

さて、北の庄城址まで歩き発掘された石垣を見てきた。
この場所は勝家が自害した北の庄城の、どの部分にあたる場所なのだろうか?
北の庄城の石は福井城に再利用されたらしいが、見てきた福井城はほとんど切り込み接ぎ。
目の前の石たちは、自然石。
ほとんどは外堀などの石垣に姿を変えたのだろうが、いまはそれも埋め立てられ道路や住宅の下に。
もし本丸に使われたことがあっても、表に出ない土台に使われたのだろう。

「いまは地中深くに埋もれておるが、いつか姿を見せるぞ。待っておれ。」 と思っていてくれればいいが。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぶーたろー

お城と役所が共存しています! (2020/10/10 訪問)

https://youtu.be/R48O-6_6t98
↑この動画が参考になります。城跡は裁判所、県庁庁舎になってはいるものの、復元された構造物や石垣もあり城ファンも満足する史跡となっています。

+ 続きを読む

昌官忠

関西/東海/北陸/遠征3泊4日の旅・続100名城制覇 (2019/02/09 訪問)

宿泊先ホテル(大阪富士屋ホテル)から地下鉄とJRを乗り継ぎ福井駅に到着。福井駅から徒歩5~6分くらい(前日、足を痛めましたが何とか復活しました)で福井県庁に到着。
続100名城のスタンプは当日が土曜日で閉庁だった為、福井県庁通用口のインターホンを押し、守衛さんにスタンプを借用して押印。
遺構として内堀(水堀)、石垣、天守台が残っており、復元された屋根付きの御廊下橋も綺麗でした。
個人的には石垣と水堀の美しさに見惚れました。結城秀康像を見ましたが、昔の馬はこんな感じだった(ちょった小さい)のでしょうか。
帰りの電車までの時間に郷土料理の「越前おろしそば」を食すか「北の庄城」に立ち寄るか悩みましたが、「北の庄城」に行くことにしました。攻城時間は30分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

うっちー幸村

行くときの注意と見どころ (2020/09/24 訪問)

福井城は近世城郭。初心者でも楽しめます。刻印石、切込みハギ、打ち込みはぎなどがみれます。注意点ですが、
僕が、何か石階段(雁木)があったので、上がってみたら、なんと!!高石垣の真上!!柵無い!!すぐ下大堀!!!!!!絶対注意です。3枚目の写真の石垣の上!!見てください!柵ないですよ!
これホントの話なので、行ってみたらわかります
あと、VRというアプリをダウンロードすると、この城の昔の姿をスマホで見れます。(ほかにも、世界の遺産など、日本の世界遺産なども見れます。日本の城だけでも10個くらい見れます。詳しくは写真を見てください。)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 輪郭式平城
築城年代 天正3年(1575)
築城者 柴田勝家(北ノ庄城)
主要城主 柴田氏、結城氏、越前松平家
近年の主な復元・整備 結城秀康(福井城)
天守の現況・形態 層塔型?(北ノ庄城)[7重?9重?/1575年築/焼失(落城)]、望楼型[4重6階/1601年築/焼失]
主な関連施設 復元天守模型(北ノ庄城)、門、櫓門、廊下橋、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、土塁、横堀(水堀)、井戸
住所 福井県福井市大手3
問い合わせ先 福井市教育委員会事務局文化課
問い合わせ先電話番号 0776-20-5367