続日本100名城

たつおかじょう

龍岡城

長野県佐久市

別名 : 龍岡五稜郭、桔梗城、田口陣屋
旧国名 : 信濃

投稿する
龍岡城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

虎の子

城への交通手段実践レポート (2022/06/28 訪問)

※春日山城、高田城、鮫ヶ尾城と共に登城。前日函館から移動し上越妙高駅前ホテル泊
9:00~レンタカー:駅レンタカーにて3城登城
 上越妙高駅-春日山城:車20分(百名城スタンプ 春日山城ものがたり館、9:00-16:00月休)
 上越妙高駅-高田城:車12分(続百名城スタンプ 三重櫓管理棟or歴史博物館9:00-17:00月休)
 上越妙高駅-鮫ケ尾城:車10分(続百名城スタンプ 斐太歴史の里総合案内所9:00-17:00)
13:00上越妙高(新幹線)、13:19,13:24長野(新幹線)、13:46,13:53佐久平(JR)、14:11龍岡城駅
 (徒歩20分)五稜郭であい館(続百名城スタンプ 9:30-16:00開場)+龍岡城散策
16:40龍岡城(JR)、17:09,17:33佐久平(新幹線)、18:52東京

※春日山城、高田城、鮫ヶ尾城は便利な公共交通機関がなく、距離も近いのでレンタカー利用がおすすめ
※JR東日本フリーパス利用

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴーかる

龍岡城 (2023/11/24 訪問)

【続百名城63城目】
<駐車場他>五稜郭であいの館に6台程度、龍岡城駐車場10台程度
<交通手段>車

<見所>堀・石垣・御台所
<感想>2泊3日松本・佐久・吾妻の山城攻めの旅2日目6城目。まず、五稜郭であいの館にてスタンプ押印、御城印を購入、資料館内部を見学してから登城しました。正面入り口手前から星形の東側の堀に沿って進みました。星形外周は1周出来ないようで南面の雨川で折り返し、次に星形の西側壁面を観察、北側の正面入り口から中へ入ります。内部の小学校は廃校になっていて元校庭内は自由に散策できます。内部も星形に沿って土塁があり初めてみる曲輪の輪郭形状が面白い。現存建造物である御台所も堂々と立派でした。最後に田口城跡(城びと未登録)内にある展望台に登り山上からの撮影をしました。この田口城跡が石垣遺構の残る大規模城郭でかなりの見応えがありましたのでこの投稿の次に別途投稿致します。

<満足度>★☆☆

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

前ちゃん

内陸の五稜郭 (2023/09/03 訪問)

休みと臨時収入ができたので、計画。新大阪→東京→佐久平(東海道、北陸新幹線)→龍岡城駅へ(JR小梅線)

まず蕃松寺へ向かい、依田氏の墓まいりの後、田口城展望台へ。写真が撮れて満足

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

しんしんちゃん

五稜郭 展望台は また今度 (2023/04/29 訪問)

五稜郭‥もとい龍岡城は単郭の城です。つまり陣屋なわけです。
三河国奥殿藩の藩主・松平乗謨によって構想・設計がなされ
奥殿藩の分領、信濃国佐久郡に築かれました。
松平乗謨公は西洋の軍学に関心を寄せ、砲撃戦を前提とした築城法
を学んでおり、その知識を反映し稜堡式城郭(星側要塞)として
建造されています。
周囲を五稜に沿って石垣と堀で囲まれていますが、一部未完成の
部分もあるようです。ガイドの方の説明によると資金不足のようですね。
佐久地域には中山道の宿場が九つあり、ここで本気で新政府軍を迎え撃つ
つもりであったのかは不明です。
一坂太郎氏の評にもありますが、どうやら趣味の部分が多分にあるらしく
いろいろ理由をつけて自分の好きな西洋流の城郭を作ってみたというのが
本当の所なのかもしれません。正直、この城で砲撃戦は無理だと思いますよ。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 稜堡式
築城年代 元治元年(1864)
築城者 松平乗謨
主要城主 大給松平氏
文化財史跡区分 国史跡(龍岡城跡)
天守の現況・形態 なし
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、櫓、石垣、土塁、横堀(水堀)
住所 長野県佐久市田口
問い合わせ先 佐久市経済部観光課観光係
問い合わせ先電話番号 0267-62-3285