続日本100名城

こづくえじょう

小机城

神奈川県横浜市

別名 : 飯田城、根古屋城
旧国名 : 武蔵

投稿する
小机城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

昌官忠

横浜線沿線日帰り④ (2018/07/15 訪問)

「横浜線沿線日帰り」の4城目は小机城です。津久井城からの転戦です。
続100名城スタンプは小机駅横の「城郷小机地区センター」で押しました。

津久井城から北根小屋バス停に出て、そこから神奈川中央交通バスで橋本駅に向かい、JR横浜線で小机駅下車、小机駅横の「城郷小机地区センター」でスタンプ押印とガイドマップを入手し小机城へ向かいました。

ガイドマップによりますと、小机城は15世紀半頃(室町時代)までには築城されていたと考えられているようです。
1478年には長尾景春の乱にともなう戦乱で、太田道灌によって攻め落とされています。
戦国時代には、小田原北条氏の関東進出のなかで重要な軍事拠点となり、城も改築されたようです。
北条氏の重臣・笠原越前守信為が城代となった後、北条三郎・氏信・氏堯・氏光が城主となりました。
豊臣秀吉による小田原攻めでは戦闘の記録はなく、徳川家康の関東入りの後に廃城となったようです。

現在城址は「小机城址市民の森」として整備されており、遺構として巨大な空堀や土塁、本丸、二の丸などがほぼ原形のまま遺されています。
本丸から二の丸までを大きく囲む空堀は素晴らしいです。城塁、櫓台、土塁など見ていて飽きない城跡です。攻城時間は45分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

しろちゃん

北条氏の小机衆の拠点 (2020/11/18 訪問)

小机城へは、最初に訪れたのが40年前に来てから、これまで、5回程来城しました。以前は、横浜市の城跡の看板がありましたが、今は無くなっていますが、看板などは、新しくなっています。
場所は、鶴見川の南岸の丘陵の先端部に築かれた城である。
東西に二つの郭を配して、その周りを深い堀を巡らしています。
残念なのが、西側の郭の本丸の西側には、有料道路の第三京浜道路により遺構は姿を消していますが、見方を変えれば、よく本丸、二の丸など周辺が残ってくれたと感じる。
遺構は、土塁と空堀をよく残しています。
駐車場は無く、近隣の有料駐車場は、日産スタジアムの脇にあるつ鶴見川遊水地があります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

じゅんじん

マリノスケとミズキー (2020/06/20 訪問)

いつのまにかゆるキャラができてる(;^ω^)

+ 続きを読む

うさぎ屋

小机城北面 (2019/10/10 訪問)

鶴見川を渡って小机駅を目指しているとき、
通りかかりました。
新横浜駅の隣ですが、あたりの雰囲気が違います。

+ 続きを読む

城郭情報

城地種類 連郭式平山城
築城年代 永享年間(1429〜1441)?
築城者 上杉氏?
主要城主 上杉氏、長尾氏、笠原氏、後北条氏
近年の主な復元・整備 長尾氏、後北条氏
主な関連施設 模擬冠木門、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、帯曲輪、櫓台、土塁、堀切、横堀(空堀)、土橋
住所 神奈川県横浜市港北区小机町
問い合わせ先 横浜市環境創造局みどりアップ推進部みどりアップ推進課
問い合わせ先電話番号 045-671-2624