とものじょう

伴野城

長野県佐久市

別名 : 野沢城、伴野館
旧国名 : 信濃

投稿する
説明板
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

赤い城

土塁と堀で囲まれた公園 (2021/11/27 訪問)

ぴんころ地蔵の駐車場に車を駐めて登城。
公園になっていて土塁と堀が囲んでいます。
とりあえず土塁には登らないといけないので登ります。
主郭部は公園で地域の人が遊んだりウオーキングしたり。
ゆるく廻れるお城です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城山公園 (2021/11/25 訪問)

城山公園として整備されています。土塁が残っています。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

びーこ

ぴんころ地蔵とセットでどうぞ。 (2021/07/22 訪問)

城としては土塁が残っているだけであるが、公園としてキレイに整備してあり、地域で大切にされていることが伺えて、なんだか嬉しくなる。
一周をぐるりと見て周ったら、ぜひ近くのぴんころ地蔵にもお参りして頂きたい。マスク越しでも穏やかな表情が伺えるお地蔵さんを見ていると、こちらも自然と笑顔になる。ご利益がありますように・・
せっかく日本三大ケーキの街といわれる佐久に来たのだから、食べずに帰るわけにはいかないでしょう。中込駅近くのカフェで、この季節ならではの「桃まるごとタルト」を堪能。美味しすぎる♪

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

T-Shionoya

偶然立ち寄った居館跡に驚愕の土塁 (2021/04/24 訪問)

龍岡城五稜郭の移築門が野沢成田山薬師寺にあるとのことで行くと、隣にあったのが伴野城。
何もなければスルーする居館の遺構でしたが、あまりにも立派な土塁があったため、お城巡りの104城目として2周ほど回ってきました。

佐久盆地の中央からやや南、千曲川の西岸の平地に位置する伴野城。
鎌倉時代に伴野荘の地頭となった伴野時長が築いたとされる、戦国初期に山側の前山城へ本拠を移すまでの伴野氏の居館。
居館部を中心に曲輪を増築した野沢城時代を経て、廃城後も江戸期に年貢米の貯蔵所などとして利用されたようです。

現在は、約100m四方の嘗ての居館部が公園になっており、南東部以外は高さ3m以上あるような土塁で囲まれてました。
この大きな土塁が商店街の裏にあるからインパクトも強烈。
大伴神社が祀られている土塁の南西隅には櫓があったようで、四方を囲む水路も水堀の名残がありました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 平城
築城主 伴野時長
築城年 鎌倉時代
主な城主 伴野氏
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)
指定文化財 県史跡(伴野城跡)
再建造物 碑、説明板
住所 長野県佐久市野沢居屋敷110-1他
問い合わせ先 佐久市観光協会
問い合わせ先電話番号 0267-62-3285