おおしまじょう

大島城

長野県下伊那郡

別名 : 台城、伊那大島城
旧国名 : 信濃

投稿する
三日月堀
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

さく守

縄張りと歴史的に印象が強い城 (2020/09/18 訪問)

大きな三日月堀の丸馬出を含めて大きな堀で曲輪を区切った縄張りが素敵な
武田の戦いの城といった印象を持ちました。
1582年の甲州征伐で織田軍が攻めてきた時に戦わず城を捨てたという話。
最後に武田が滅んだ結末と合わせとてもインパクトがあり行ってみたかった城です。 
いい雰囲気の城でした。

+ 続きを読む

Shanqí89

信玄、渾身の築城 (2020/06/23 訪問)

巨大な丸馬出と三日月堀が有名な城。
台城公園に駐車した。巨大な三日月堀は中に土塁が作られていて二重堀を形成している。丸馬出は現在、民家敷地になっていて入れない。つまりは宅地になるくらい、この馬出は広い。
元々は大島氏が作った川沿いの小さな砦を、武田信玄が近在の郷村、郷士全てに動員をかけて一大拠点に作り替えた。その二年後には信玄の西上作戦が開始される。
現在も武田流といわれる深くて広い堀と切り岸、折れを多用した複雑な縄張りが残っている。

+ 続きを読む

じゅんじん

武田VS織田 (2010/08/28 訪問)

武田色のお城でした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

南信濃城廻りⅢ 二重三日月堀に大空堀 (2016/05/02 訪問)

 平成28年5月連休に松岡城を終えて北に約6km程の大島城へ初登城する、国道153号線を北上し松川町の台城公園を目指し同駐車場に停める、当日はつつじ祭りで人出は多く、いろんな色のつつじは満開、鯉のぼりは数多く泳いで居り賑わいの中での探訪は久し振りです。
 天竜川東に迫り出した舌状台地に築かれて居り西虎口に二重三日月堀の丸馬出が有名で見所、各堀も深くて広い流石武田流築城術恐るべしすっかり堀に土塁に曲輪に惚れ惚れ酔いしれ、満開のつつじ、藤、鯉のぼりが更に趣を増して呉れました。
 じっくりと探訪、観たい城郭です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 連郭式平山城
築城主 大島氏
築城年 不明
主な改修者 秋山虎繁
主な城主 秋山虎繁(武田氏家臣)、武田信廉(武田氏家臣)、日向虎頭(武田氏家臣)
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀・三日月堀)、馬出
指定文化財 町史跡(大島城跡)
再建造物 碑、説明板
住所 長野県下伊那郡松川町元大島古町
問い合わせ先 松川町商工観光係
問い合わせ先電話番号 0265-36-7027