続日本100名城

しながわだいば

品川台場

東京都港区


旧国名 : 武蔵

投稿する
品川台場
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

うっちー幸村

【お城川柳】

想像で ビル街狙って 射撃する

ついつい妄想が進みます。

+ 続きを読む

朝田 辰兵衛

この惑星では… (2019/06/29 訪問)

「この惑星では,ダジャレで使った言葉が本来の言葉に代わって市民権を得るようだ…」
お台場エリアを歩くと,「台場シティ」という言葉をよく目にします。最初に使用した人は「ダイバーシティ」に引っ掛けて売り込んだのだと思いますが,すっかり定着している感があります。そもそも,元となった「ダイバーシティ」を知らない人も多いハズ。うまく,どちらも共存してもらいたいものだ。
それが,多様性(ダイバーシティ)というものだろう…。

ここは,レインボーブリッジを徒歩で渡り,第三台場を眺望するのが宜しいかと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

赤い城

水上バスから (2021/02/21 訪問)

浅草から水上バスに乗り隅田川を下りました。
満席だけど密にならないよう予約人数は制限されていました。
隅田川エリアから東京湾エリアに進むと船上に出ることができました。
天気もよく気持ちいい!
しばらく進むとレインボーブリッジが見えて来ます。
品川台場には何度か行きましたが船上からは初めて。
幕末の江戸湾防衛のための軍事施設は今では若者たちで賑わうスポットになっています。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

AJ

事件は現場で起きている (2015/10/13 訪問)

東京・台場の海浜公園をゆっくり散策。防波堤を渡ると、突如目の前に砲台や弾薬庫跡が表れます。

1853年、ひとまずペリーを浦賀から立ち去らせた幕府は再来航に備え、品川沖合に台場築造を決定。伊豆の韮山に大砲鋳造の反射炉を造った江川太郎左衛門英龍の指揮のもと、1年余りで5基を完成させますが、財政難の折、日米の和親条約も結ばれて計画は中止。今は2基が残っています。

ちなみに、この砲台建設をめぐる会議の様子が埼玉の川越城内に再現展示されています。中心にいるのは藩主・松平“知恵伊豆”信綱。それにしても、江戸前の現場から随分と離れたところで話し合ってますね。

+ 続きを読む

城郭情報

城地種類 台場
築城年代 嘉永6年(1853)
築城者 徳川幕府
主要城主 徳川幕府
文化財史跡区分 国史跡(品川台場)
天守の現況・形態 なし
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 石垣、土塁
住所 東京都港区台場1/品川区東品川5他
問い合わせ先 東京都教育庁地域教育支援部管理課
問い合わせ先電話番号 03-5320-6862