続日本100名城

たきやまじょう

滝山城

東京都八王子市


旧国名 : 武蔵

投稿する
滝山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

HARU

滝山城跡 (2024/01/28 訪問)

令和6年1月28日「NPO法人滝山城跡群・自然と歴史を守る会」主催の「高月城・滝山城二城めぐり」に参加しました。
最初に滝山城城主の北条氏照が養子に入った大石氏が築城した「高月城」をみたあと、歩いて搦め手口から登りました。
普段見ることのない場所もガイド付きでよく理解できました。

+ 続きを読む

天守無しがアツい

北条氏照の居城 (2024/05/06 訪問)

(八王子市HPより)https://www.city.hachioji.tokyo.jp/kankobunka/002/005/p003412.html

JR八王子駅からバスで20分の所にある滝山城址🚌 バス停からファミマが見えるのですが、それとは反対方向に進み、案内板に従って竹の茂った坂道を進みます(というかもうそこからが城址の敷地内なんだけど)

三の丸→二の丸→と進みます🚶‍♂️ 途中、封鎖されてる道および場所が3箇所(そこは脇道なのでそのまま進む分には支障は無いけど)ありました。中丸に着くとトイレがあり、レジャーシート敷いたファミリーがおり、そして城址というか滝山公園という名前で案内板(1枚目)がありました

北条氏照(小田原北条氏3代目氏康の次男、4代目氏政の弟)がこの城を居城としており、永禄十二年(1569年)には小田原城に攻め込んだ武田信玄がここを包囲…周辺の村々を焼き払い(城こそ落ちなかったものの)甚大な被害を受けた模様🔥🏠

(本能寺の変が起きた)天正十年(1582年)ごろから、ここより更に堅固な天然の要塞である八王子城の築城工事が始められ、天正十五年(1587年)には拠点はそこへ移り、滝山城は廃城になってしまったそう

中丸にはかつて宿泊所となっていた建物(2枚目)もあり、そこに日本100名城スタンプ(画像右下)が設置されてました。今の私にとってスタンプは御城印と同じくらいの価値と達成感のある存在なため、スルーなどあり得ません…

郵送販売用の用紙が備え付けられており、念の為にそれを取って、その捺印欄に試し押し…文字が薄らとしてる箇所はありましたが、及第点には色が写っていたので、それに続きスタンプ帳にも押しました

3枚目は本丸の中心地。この側に霞神社…金刀比羅神社…と言った神社があり、まずそこにお参り。規模が小さく無人の施設だったので御朱印の類はおそらく無いと思われます。日露戦争および満州事変や太平洋戦争における戦没者を慰霊する文章が彫られた石碑(慰霊碑と思われる)もそこにありました🪨

それから階段を降りて空堀を歩き、中丸と本丸を繋ぐ橋の下を通る…そして本丸に戻り、滝山城址の石碑…その歴史が短めに紹介された石碑を眺めたわけです。北条氏照が当主で八王子城に移転する前までは、この辺りに何らかの屋敷がおそらくあったのでしょう🏠

本丸の端から眺めた光景(4枚目)川…そしてマンションがズラリと並んだ街並みが見渡せます。これを一目見て「撮影してSNSに挙げる価値あり」と直感した私は迷わずスマホの撮影機能を立ち上げてシャッターを押しました

ここの城が現役だった頃にはどんな風景が映っていた…のでしょうか

+ 続きを読む

まさお

絶好の低山ハイキングの地 (2024/04/18 訪問)

八王子城に続いて滝山城跡(現在は都立滝山公園になっているそうです)に行ってきました。駐車場から滝山城跡碑を通り、ガイドマップに従い一周ハイキングしてきました。かなりの規模がある城跡です。

+ 続きを読む

チェブ

夏も丸裸。 (2024/04/20 訪問)

毎日、1万歩を歩く父を誘って「滝山城」に向かいました。
桜の季節が終わり「滝山城」は新緑色でした。

観光駐車場から本丸への木橋を目指し歩きました。
堀やら虎口やら父に説明していると、ガイドさんに声をかけられ談笑。私は『滝山城と言えば、二ノ丸』と、言った所で それならばと、ガイドをしていただきました。
お城巡りは冬がシーズン(?)ですが「滝山城」は少々、木を切り倒し遺構を見やすくしたとの事です。草刈りも1ヶ月弱でするそうです。
今回ビックリしたのは『滝山城は北条家の城なのに、障子堀がないんですね?』との問に『ありますよ。二ノ丸の堀は広い所が障子。狭くなっている所が畝です。埋まってます。』
知らなかった、、、、。
やはり、どこのお城もガイドさん、すばらしい情報を教えてくれます。

最後に桝形虎口から堀と土橋を眺めて、北条家の日常は、ここで どのような会話をしたのだろうと、立ち話。とても楽しい時間を過ごす事ができました。
ガイドの皆さん、ありがとうございました。

これから夏にかけて、雑草やら藪やらが 遺構を隠してしまいます。
しかーし「滝山城」はオールシーズン、整備を整えて待ってくれてます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 連郭式山城
築城年代 大永元年(1521)
築城者 大石定重
主要城主 大石氏、北条氏照
文化財史跡区分 国史跡(滝山城跡)
近年の主な復元・整備 北条氏照
主な関連施設 橋、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)、井戸、馬出、虎口
住所 東京都八王子市丹木町
問い合わせ先 八王子市生涯学習スポーツ部文化財課
問い合わせ先電話番号 042-620-7265