続日本100名城

たきやまじょう

滝山城

東京都八王子市


旧国名 : 武蔵

投稿する
滝山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

yoshi

中世山城の遺構が良く残ってます。 (2021/04/06 訪問)

駐車場からすぐに登城できます。
遺構の保存状態もかなり良好で、枡形虎口や角馬出しなど随所に見受けられます。
さすが、関東の北西を抑える拠点だけあり、防御の固さがよく分かります。一見の価値があります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

^_^

滝山城 (2021/03/29 訪問)

縄張りが大変よくわかります。堀が巨大で、馬出しの遺構も見ればわかります。道のりも険しくはないので、楽に登城できると思います。

+ 続きを読む

pascal

北条氏照は巨城マニア? (2014/11/29 訪問)

 個人的に関東でイチオシの城、北条氏照の滝山城です。
南(甲州街道)向きの郭はどれも巨大で土塁も高く、広い馬出しを備えています。
そこから張り出す両翼の尾根には狙撃の曲輪が配されて、攻め込んだ敵は全滅しかねない、とても危険な“攻め”の城です。
また、外郭から本丸までの郭の重ね方は、捨て曲輪を作らず、後退~逆襲が最小被害で円滑に行える様に配置されています。
北条流築城術の粋を見る様な完成された見事な縄張りですね。

 小田原城で買った、北条氏の発給文書を記した本によると、永禄12年(1569)に武田信玄に攻められて落城寸前まで追い込まれた氏照は、その冬から滝山城の大改造に掛かった事が判ります。
相手が信玄だろうと謙信だろうと、“もう二度と負けない城”がコンセプトだったのか、完成したのはとんでもない巨大な城でした。

 これでひと安心…の氏照でしたが、仮想敵が信長、秀吉に替わると、予想される侵攻兵力は10万単位に膨れ上がります。
北条氏として決定した対抗策は、主力を小田原城に集めての籠城戦法で、大堀切(惣構え)の築造が始まります。
残念ながら万余の守備兵を集められない滝山城では、迎え撃つ機会は有りませんでした。
これに伴って氏照に課せられたのは、甲州街道の閉鎖・迎撃=少人数でも守れる山城:八王子城の築城であり、武田氏滅亡と同時に開始されていますね。

 北条氏の中では北部方面の軍団長として房総、常陸、下野で戦った氏照。
彼の歩いた跡には、その場の勢力地図に似つかわしくないミステリアスな巨城が遺っています。
茨城の牛久城や木原城、栃木の西方城などがそうですが、99%氏照の遺産と見て良いと思います(^^;

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

肉球

巨大です (2021/01/21 訪問)

寒さが緩みついつい外出してしまいました。
何度か訪れていますが城内全てを把握するのがなかなか困難です。
堀がきっちりと残っているので見学しやすくアップダウンもそれ程きつくありません
お城の南側の滝山街道沿いに専用駐車場があります。
隣はコンビニです。ピクニック気分で訪れている方も多くいます

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 連郭式山城
築城年代 大永元年(1521)
築城者 大石定重
主要城主 大石氏、北条氏照
文化財史跡区分 国史跡(滝山城跡)
近年の主な復元・整備 北条氏照
主な関連施設 橋、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)、井戸、馬出、虎口
住所 東京都八王子市丹木町
問い合わせ先 八王子市生涯学習スポーツ部文化財課
問い合わせ先電話番号 042-620-7265