日本100名城

やまがたじょう

山形城

山形県山形市

別名 : 霞城、霞ヶ城、吉字城
旧国名 : 出羽

投稿する
山形城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

牛若丸

本丸跡に入れなくて (2022/12/05 訪問)

山形旅行のついでに登城。
本丸跡には11月末までとは知らずに。残念。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

宗春

鉄道開業150年パスを利用!東北シリーズその1 山形城 (2022/10/22 訪問)

鉄道開業150年パスを利用して東北シリーズその1。
宿泊は全国旅行支援で40%OFF♪
1日目は山形県。

山形駅から徒歩で登城。東大手門から入城し、まず最上義光公勇戦の像にご挨拶してから場内を回りました。
城内では何がしか工事中でした。本丸御殿跡に公園をつくるようです。御殿を復元せんかい。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

三浦の晃ちゃん

整備されています (2022/09/20 訪問)

本丸一文字門と、二ノ丸東大手門が、復元されています、二ノ丸東大手門は、内部が公開されていました、

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

スミヤキ

霞ヶ城かすかな記憶 (2022/09/09 訪問)

最初に訪れたのが高校生時の夏休み(1987年8月)ですから、35年ぶりの山形城になります。微かに覚えているのが、お堀に囲まれた城跡だったことと最上義光公の騎馬像です。

この像は1977年(昭和52年)11月、あの「でん六豆」で有名な(株)でん六の創業者鈴木傳六氏が寄贈建立、騎馬の後ろ二本脚で重さ3トンもの銅像を支える山形鋳物の逸品です。個人的な感想ですが、仙台城の政宗像、千葉城の常胤像とこの義光像は、とにかく見栄えが良く、カッコいいです。必見です!

山形市では、この山形城を江戸時代初期、最も繁栄した出羽最上家57万石を復元すべく整備がすすめられています。絵図などを基に二ノ丸東大手門、本丸一文字門髙麗門及び枡形土塀が復元され、見学出来ます。この先も楽しみですね。お堀に関しては、400年以上その歴史を紡いできており、見応えがあります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

斯波氏の居城を江戸時代初期に最上義光が拡張。本丸を二の丸・三の丸が同心円状に囲む、輪郭式の城へと整備された。土塁と水堀によって城の守りが固められ、藩政期から残る二の丸の堀と土塁、さらに4つの内桝形の虎口からその構造がよく分かる。近世城郭の桝形門の典型である二の丸東大手門は復元されたもの。

城郭情報

城地種類 輪郭式平城
築城年代 正平11年〔北朝〕/延文元年〔南朝〕(1356)
築城者 斯波兼頼
主要城主 最上氏、鳥居氏、堀田氏、秋元氏
文化財史跡区分 国史跡(山形城跡)
近年の主な復元・整備 最上義光、鳥居忠政
天守の現況・形態 御三階櫓[3重3層/1622年築?/破却]
主な関連施設 二の丸東大手門、大手橋、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、横堀(空堀)、移築門、移築御殿
住所 山形県山形市霞城町1(霞城公園)
問い合わせ先 山形市観光協会
問い合わせ先電話番号 023-647-2266