続日本100名城

すがややかた

菅谷館

埼玉県比企郡

別名 : 菅谷城

投稿する
菅谷館
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

あきおこ

館ではなく巨大城郭 (2016/07/08 訪問)

最初に造られた時は館だったかもしれないが
どうみても城郭そのものだと思うが…

高い土塁と深く折れを持つ堀、土塁で囲まれた広大な郭面の主郭。
大勢の兵を収容することも可能なくらい広大な城地。

館と城

定義が難しいが

城だと思いますが。

自分が訪れた際は夏場でやや草が茂っていましたが
公園としてよく整備され散策し易かったです。

当然ながら駐車場、トイレも完備で申し分ありませんでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

しげさん

菅谷館 (2019/01/26 訪問)

東武東上線・嵐山駅から徒歩15分くらいです。

+ 続きを読む

ブラタヌシ

畠山重忠が居住した所 (2019/02/02 訪問)

の埼玉
比企郡嵐山町の菅谷館跡❗️
私の苦手な鎌倉時代の畠山重忠が居住していた。
杉山城跡を見てのこの場所、あまりの広さに驚きでした❗️
ここも、土塁、空堀の好きな人にはたまらない場所です。
そして、嵐山史跡博物館には越山展が開催されていて、上杉謙信が関東の城を攻めにきた内容も見れて良かったです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

スミヤキ

越山・義道 (2019/01/27 訪問)

 お城EXPO 2018に参陣して1ヶ月余り、それが縁で「城びと」を知り、様々なお城に関する情報や新鮮なニューストピックスを皆様方からいただき、日々の楽しみが増えました!

 そんな中で小和田哲男氏の講演があることを知り、菅谷館を訪問して来ました。
 2月17日まで埼玉県立嵐山史跡の博物館にて企画展「越山 上杉謙信侵攻と関東の城」が催されています。その関連で小和田先生の特別講演会「戦国武将と城郭」がありました。企画展の内容を織り込みながら、城の役割、長享の大乱頃からの関東戦国史を楽しく拝聴させてもらいました。

 また博物館内にあった菅谷館を含めた比企城館群の紹介チラシも充実しており、それぞれ登城してみたくなります。博物館から一歩外に出るとすぐに堀や土塁が目に入る所も魅力的です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 平城(菅谷館)、平山城(菅谷城)
築城年代 不明(平安時代末期か)
築城者 不明
主要城主 畠山氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 擬木による木橋復元、三ノ郭における建物の柱の復元
主な関連施設 埼玉県立嵐山史跡の博物館
主な遺構 本郭、二ノ郭、三ノ郭、南郭、西ノ郭、堀、土塁、大手門などの門跡
住所 埼玉県比企郡嵐山町大字菅谷
問い合わせ先 嵐山町文化スポーツ課
問い合わせ先電話番号 0493-62-0824