続日本100名城

なぐるみじょう

名胡桃城

群馬県利根郡


旧国名 : 上野

投稿する
名胡桃城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

やなぎぶそん

整備がよくされている (2021/03/20 訪問)

整備が行き届いており、空堀は圧巻。

+ 続きを読む

昌官忠

クラブツーリズム群馬県に残る真田氏ゆかりの城日帰りツアー③ (2018/08/25 訪問)

「クラブツーリズム群馬県に残る真田氏ゆかりの城日帰りツアー」3城目(ラストです)は名胡桃城です。
続100名城スタンプは「名胡桃城址案内所」で押しました。

名胡桃城は沼田氏が沼田城の支城として築いた城です。真田昌幸が領主の時代、1590年の豊臣秀吉による小田原征伐の誘因となった城としても知られています。

ささ郭、本郭、二郭、三郭などの主要部が直線に並んだ連郭式の山城で、各郭は堀切で分断され、周囲は旧な崖や土塁・柵・櫓で守られていたようです。高田氏が良く用いる丸馬出も確認できます。
国道17号線沿いにあり行きやすい場所だと思います。城址には案内所があり、資料などが展示されています。岩櫃城/沼田城/名胡桃城のスタンプを押してクリアファイル貰えます。攻城時間は40分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

橋吉

河岸段丘を利用した城 (2020/10/24 訪問)

沼田城より、13km、クルマで約20分、名胡桃城へやってきました。

山城ではありますが、国道17号線沿いに20台くらいはとめられる広い駐車場があります。なんと、この駐車場、名胡桃城の郭の一つで般若郭とよばれていました。

名胡桃城は、1492(明応元)年に沼田城の支城として沼田氏によって名胡桃館が築かれたのが最初とされています。
その、名胡桃館の跡地が般若郭です。

飲食店跡に設置された名胡桃城祉案内所
ここで続日本100名城スタンプを押すことができます。
所在地: 群馬県利根郡みなかみ町下津3437番地
利用時間: 9:00~16:00
休館日: 年末年始

1579(天正7)年、真田昌幸は名胡桃館を攻略、隣接地に築城、ここを足がかりとして沼田城攻略を企図し、調略の結果、沼田城を手に入れることに成功しました。
豊臣の世になると沼田領については、昌幸が「祖先墳墓の地」であると主張した名胡桃城を含めた全体の三分の一は真田領に、それ以外の沼田城を中心とする三分の二は北条領と定められました。
しかし、北条の計略により、城を乗っ取られると、昌幸は直ちに家康を通して秀吉に訴え
小田原征伐が起こるきっかけとなりました。
北条氏が滅亡すると全沼田領は真田氏が安堵し名胡桃城は廃城となりました。

公園のように整備されており、見学しやすいですが、河岸段丘を利用した城だけあって三方が崖となっています。

見学時間30分

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

みぃ☆

マムシ注意!! の看板が多かった (2020/10/25 訪問)

近くの川で、熊が出た。と聞いたので、熊鈴持参で行きましたが、熊よりもマムシの看板が、あちこちに有って、キョロキョロしながらでした(^_^;)

朝8時頃についたので、ゆっくり散策できました。
他にも何組か来城していました。こんな早くから来てる人は、城好き♡以外の何者でもないので、ご挨拶*゚✲ฺ٩(ˊᗜˋ*)و✲*おはようございま~す。

100名城スタンプと御城印を頂くため、しばし待機。
どちらも無事get♬

他の方々。getしたら、すぐに帰っちゃいましたが、奥に ちょっとした展示物が有りました。他にも「真田六名城」のパンフレットや六文銭シール等々(๑•̀ㅁ•́๑)✧
大量getできました♬

+ 続きを読む

城郭情報

城地種類 連郭式山城
築城年代 明応元年(1492)
築城者 沼田氏
主要城主 鈴木氏(真田氏家臣)
文化財史跡区分 県史跡(名胡桃城址)
天守の現況・形態 不明
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)
住所 群馬県利根郡みなかみ町下津3437
問い合わせ先 みなかみ町役場
問い合わせ先電話番号 0278-62-2111