続日本100名城

いわびつじょう

岩櫃城

群馬県吾妻郡


旧国名 : 上野

投稿する
岩櫃城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ばばよ

11月末には雪降ります (2021/11/28 訪問)

平沢登山口案内所が開いているうちにとどうにか11月中に車で訪問。
上信道というバイパスが便利なようでした。
向かう途中で雪が降った跡に気づく。
幸いアイスバーンにはなっておらず、駐車場まで徐行運転。
駐車場には薄いながら雪が積もっていました。
本格的な山登りの方から見たら、自分はなんて軽装で危なっかしいと思われたでしょう。反省。
頂上までは危険と判断し本丸で折り返すことに。
雪解け水で滑りやすいところがある反面、捕まるロープもなく肝を冷やすところも。
樹々が多いところは逆に雪が地面まで降りてこず、安心して歩けました。
竪堀、土塁はなかなか。本丸からの眺めも良好。

クマの噂にびびりすぎて雪にヒヤヒヤさせられることになりました。
というわけで、晩秋に行かれる方、ご注意くださいませ。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

Nabeppu

勝頼を迎えるはずだった御殿

大河ドラマ真田丸のオープニングで、お馴染みの岩櫃山の麓にある潜龍院跡。短期間で建設されたと伝わっていますが、石垣は見事です。

+ 続きを読む

ふゆづき

雨に煙る山城 (2021/08/18 訪問)

吾妻線の群馬原町駅から徒歩で登城。
東吾妻町役場がお城風の建物なのは、この岩櫃城を記念してのものなのですかね?
群馬原町駅の観光案内所で地図と御城印の入手が可能。
岩櫃山の平沢登山口案内所まで約2.6キロで、徒歩約40分強ですが、道案内がでており、車道を歩けば迷うことは無いと思います。
平沢登山口案内所では、城のジオラマが飾られており、城の概要がわかります。
今回は尾根伝いの道で、中城跡を通って、二の丸、本丸と上ること15分程度で本丸跡に到着します(完全な山道なので、少なくともスニーカーでなければ登城は難しいと思います)。
あいにくの雨で、雲が低く視界が限られましたが、天気がよければ眼下に国道145号線と吾妻線を監視することができそうです。
遺構は、土塁、空堀、虎口といったところだと思いますが、安土桃山時代のような洗練された城では無く、無骨な戦国時代の木と土の城に思いをはせることが可能な城という印象です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

織田晃司

上州真田の城3 (2021/07/30 訪問)

岩櫃山という堅固な山に守られた城

+ 続きを読む

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 15世紀
築城者 斉藤氏
主要城主 斉藤氏、真田氏
文化財史跡区分 国史跡(岩櫃城跡)
天守の現況・形態 不明
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)、竪堀
住所 群馬県吾妻郡東吾妻町大字原町字伊達他
問い合わせ先 東吾妻町教育課
問い合わせ先電話番号 0279-59-3370