たまなわじょう

玉縄城

神奈川県鎌倉市

別名 : 甘縄城
旧国名 : 相模

投稿する
太鼓櫓跡
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

しんしんちゃん

北条氏の重要拠点 (2024/05/03 訪問)

玉縄城は伊勢盛時(北条早雲)によって築かれたとされています。鎌倉や小田原の守りの重要な拠点であり、かつては城の外堀が柏尾川と直結し水軍を統括する拠点でもあったようです。周囲の支城や砦を合わせるとかなりの規模で、初代城主は氏綱の弟である北条氏時が務め、その後も北条氏にとって重要な人物が城主を務めています。
周囲に駐車場は無く、近場のコインパーキング等を利用する必要がありそうです。麓の七曲坂の入り口に案内板が有り、そこから本丸まで登って行きます。本丸は女子高校になっていて一目で進入不可とわかります。いわゆる「あかんやつ」ですね。南東の太鼓櫓跡は公園として整備されていて、裏手の堀を見ることが出来ます。かなり大きくて深い堀です。陽谷山龍寶寺には玉縄北条氏の供養塔があり、資料館が併設されています。玉縄歴史館というらしく開館日は龍寶寺の開門日に準じているようです。山門をくぐってすぐ右手にあるようですが、気づかずスルーしてしまいました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

三浦の晃ちゃん

鎌倉 (2023/06/10 訪問)

あまり知られてないとは、思うのですが、鎌倉市にあるお城です。北条早雲や本多正信の関係です。近くのお寺に詳しい説明がある歴史館が、あります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

AJ

どうする正信 (2017/03/21 訪問)

三河を去った本多“松山”正信。しばしお別れですね。「伊賀越え」あたりでまたひょっこり顔を出してくれるでしょう。さて、話題はちょっと未来へ。

場所は相模国・玉縄城址(神奈川県鎌倉市)。北条早雲による築城、あるいはそれ以前から砦があったとされる平山城は小田原防衛ラインの一角。残念ながら、遺構の多くはマンション建設で破壊され、史跡指定も難しい状態だとか。通りすがりの私は革靴だったこともあり、今回は山登りも途中まで。

ご覧の通り、行政はもっぱら北条推し。場所柄、決して珍しくありません。故にあまり知られていませんが、この地は家康の関東移封後、本多正信 が拝領します。わずか2万石(1万石説も)。側近中の側近とは思えない少なさ。

正信はその後、一切の加増も望まなかったというのが多くの方が指摘するところ。他の三河家臣団と一線を画した大参謀と家康の関係はやはり特殊なようで、石高では測れない何かがあったのでしょうね。2人の関係性、最後まで丁寧に描かれることを期待したいと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

清泉女学院 (2022/06/25 訪問)

 大船駅よりバスに乗り植木谷戸バス停下車して、七曲り、太鼓櫓跡、城址碑と散策しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 平山城
築城主 北条氏綱
築城年 永正10年(1513)
主な改修者 北条氏綱
主な城主 後北条氏、松平氏
遺構 曲輪
再建造物 石碑、説明板
住所 神奈川県鎌倉市城廻200